ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲッツェとの契約が終了!よりによってあのクラブに移籍か?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ドルトムント!ゲッツェとの契約が終了!よりによってあのクラブに移籍か?

götze


今シーズン、ボルシア・ドルトムントにおける大きな疑問の一つが、マリオ・ゲッツェの将来だ。この27歳の契約は来年の夏で終了となるが、この27歳は契約延長を受け入れていない。少なくとも減給という条件下においては。

スポンサーリンク


仮にゲッツェがドルトムントのオファーを受けなかった場合、彼は来年の夏にクラブを去る事になるが、彼の将来がどうなるかは、今シーズンどのぐらいの時間プレーするかに左右されるとみられている。彼がルシアン・ファヴレの下で信頼され、それに見合うパフォーマンスを見せたとしたら、引き続きベンチスタートが続く状況よりも延長の可能性は高まるだろう。



仮にゲッツェが移籍するとしたら、すでに噂となっているクラブがある。イタリアのメディアが報じたところによると、インテル・ミラノがゲッツェを熱望しているとのことだ。ボルシア・ドルトムントは今後3週間で2度もインテルと対戦する。



イタリアの報道によると、アントニオ・コンテ監督は来年の夏に中盤の補強をするつもりのようだ。コンテは中盤が改善されなければならないとみている。


インテルはすでに守備、6本、センターフォワードのポジションでは高いクオリティーを備えているが、攻撃的中盤はそれほどではない。ゲッツェは助けとなるだろうか?




以上です。

ゲッツェが今シーズンこれから起用されるかどうかは全く未定ですね。ファヴレは昨シーズン後半戦で彼をあれだけ起用したのに、新シーズンではさっぱり起用しないというのもいまいち良く分かりませんね・・。


[ 2019/10/16 09:38 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(13)
 ゲッツェの為に他の選手を冷遇したりCF補強をためらうほど過保護にしていたのに、病気から回復したら退院とばかりにフリー移籍しようとしてるんですから、そりゃ干しますよね。
[ 2019/10/16 10:58 ] [ 編集 ]
結局ファブレはゲッツェをアルカセルの代わりとしか見てない
そして今は他の代わりがいてゲッツェは3番手に見られてるっぽい
[ 2019/10/16 12:00 ] [ 編集 ]
ゲッツェらしい移籍先でいいと思うよ
[ 2019/10/16 12:46 ] [ 編集 ]
ドルトムント迷走してるなぁ・・・。
[ 2019/10/16 13:21 ] [ 編集 ]
まあ契約延長しないなら使われないよねって話
[ 2019/10/16 14:50 ] [ 編集 ]
というか残さない方がいいでしょ。中盤としては全くクオリティ戻ってないし1トップでは得点力が足りない。インテルで活躍するとは思わないな。今後は生え抜きでも特定の選手を過保護にするのはやめた方がいい。
[ 2019/10/16 18:08 ] [ 編集 ]
ここ10年でドルから出て、ドル時代より活躍した選手ってレヴァンドフスキ以外思い出せない。いる?
[ 2019/10/16 18:13 ] [ 編集 ]
コンテはチェルシー解任されてたのか
[ 2019/10/16 18:32 ] [ 編集 ]
ゲッツェがセリエでやれる気が全くしないんだけど
[ 2019/10/16 19:19 ] [ 編集 ]
ドルトムントではファブレとゲッツェ
バイエルンではコバチとミュラー
状況は似ていますがチームに与える影響は大違いですね
[ 2019/10/16 20:02 ] [ 編集 ]
相変わらずゲッツェは人気者なんだなあと。

コメント数を見て毎回思います。
[ 2019/10/17 03:28 ] [ 編集 ]
ギュンドアンは、ドルでてからも活躍してると思うけど
あとはペリシッチかな
[ 2019/10/17 12:54 ] [ 編集 ]
狼がきたぞーーー
[ 2019/11/13 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。