ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSG監督トゥヘル!「完璧な試合はまだ経験したことがない!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

トゥヘル!“完璧な試合”について語る。

tuchel.jpg

トーマス・トゥヘルは非常に細部までこだわり、決して満足しない監督として知られている。彼は常に選手の最高を要求し、さらに自分自身にもこれから成長するポテンシャルがあると見ている。

スポンサーリンク


トゥヘルは“ガーディアン”のインタビューにおいて、これまでに完璧と言える試合はあったか、と質問されると、“まだ一度もない。それに近かった試合もない。今でもそれを目指しているよ。”と語っている。


彼はさらに、“今が完璧だ、と思える時間帯はあるんだけれど、緊張感が高すぎてまったく楽しめないんだ。サッカーではミスが多く起こるものだから、それにどう対処するのかも重要な能力となる。完璧な試合はないという事を受け入れなければならないね。シーシュポス(※ギリシア神話)のようだよ。決してそこに達することはないんだ。”と語っている。


トゥヘルはパリでの生活には家族ともどもすっかり慣れたようだ。しかしそこでの生活を常に楽しむことはできないようである。“美術館に行って絵をみても、他の人々の目がこっちを見ていることに気づくんだよ。”と彼は語っている。そのため彼はパリで気づかれないように変装する事も考えたようだ。“時々暗くなってから外出するんだ。この町の雰囲気を楽しんで、自由時間を謳歌するためにね。”


彼はそれ以外はサッカーばかりだ。彼は笑いながら、娘二人が最近になってようやくテレビではサッカー以外もやっていることに気が付いたと語る。


また彼を幸せにするのは、勝利やタイトルだけではなくて、選手を成長させることができたときのようだ。


トゥヘルは長い間育成チームで働いてきたのでその経験は十分だ。“14歳や15歳と仕事をしていれば、メディアに対処する必要などはないけれど、子供のベストを願う親に対処しなければならない。そして同じ意見にならない事はしばしばだ。正直言ってこれより悪いことはないね。”と彼は語る。






以上です。

サッカーというのはミスが起こるものなので、完璧はあり得ない、そしてそれを受け入れなければならないという事でしょうか。いつか彼にとってこれまでで最高の試合がどれだったのかは聞いてみたいですね。



[ 2019/10/17 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
なんか前に香川がサッカーについて答えていたインタビューと内容がにていて笑ってしまったよ。二人ともサッカーに対する考え方が同じなんだなぁって…
サッカーを楽しむことは出来ない。でもサッカー以外の事はあまり興味が無くて、オフシーズンも結局仲間とサッカーばかりしてしまった…常に上手くなりたいと思ってるしもっと上手く成れると思う。
二人ともサッカーに対して貪欲で、常に上を目指している様な緊張感。

香川は監督には成りたくないって言っていたけど「言葉選びとか難しくて自分には成れない」監督に成ったらトゥヘルみたいに成るのかなあ?性格は違いそうだけど(笑)
[ 2019/10/17 13:09 ] [ 編集 ]
完璧主義者も一人でやってる分にはいいんだけどそれを人にも押し付ける人間はきついわ
[ 2019/10/17 16:50 ] [ 編集 ]
ストイック過ぎる監督はストイックな選手としか合わないだろうね。ドルトムントでは半分の選手はストイックだったけど後の半分とは決定的に合わなかった。
でもPSGの選手は殆どがストイックなんじゃないかな?メガクラブの選手は殆どストイックだから…
[ 2019/10/18 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。