ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBビュルキ!ファヴレ監督を擁護‼「選手の責任だ!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ビュルキ!ファヴレを擁護!
選手の責任だ!




ルシアン・ファヴレにスイスからの援護射撃だ!

burki.jpg

ドルトムントはここ3試合連続引き分け、そして7試合で11失点もしている。リーガでの順位は8位だ。ファヴレ監督は首位グラートバッハとの試合を控え、プレッシャーにさらされている。




スポンサーリンク


仮にドルトムントがまたしてもポイントを落としてしまったら、優勝争いから脱落するだけでなく、監督解任も議論となるだろう。


しかしキーパーのロマン・ビュルキはちょっとパフォーマンスともとれる勢いで同郷のファヴレを擁護している。彼はビルトに対して、“監督は本当に素晴らしい戦術家で、常に健康的でポジティブな雰囲気を控室にもたらそうとしている。彼は熱弁をふるう事は得意ではないが、非常に野心的で細部にわたるまで取り組んでいる。彼はどの選手も毎日成長させようとしている。僕たちはチームだし、一緒に達成できるかどうか、あとは選手の責任だ。”と語っている。




ドルトムントはフンメルスやブラントなど、すでに今シーズン1億3000万ユーロを補強に投資しており、ここ数年で最高のチームとされている。そのため現在の危機的状況の責任はファヴレにあるとみられている。


ビュルキは“彼は昨シーズン僕たちのプレーに対して素晴らしいサッカーを与えてくれた。僕たちはこれからも攻撃的なプレーをし多くの得点を望んでいる。そしてどの試合にも勝ちたいと思っている。バイエルンやバルセロナ相手にものね。”と熱心に語った。





以上です。

このタイミングで選手が監督を擁護するという事は、やっぱり内部でも疑問視する声が上がってきているのではないかという気がしますね。まあグラートバッハとシャルケ戦での結果次第という事になりそうですね。

[ 2019/10/17 16:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
とりあえずメングラ戦とダービー。
ここでの結果次第。
スッキリ勝ってもらいたいけど、ダメならまだ試合はたくさんあるんだし早めに手を打たんとな。
[ 2019/10/17 16:47 ] [ 編集 ]
去年はロイスとパコに救われただけで、一昨年は香川に救われただけのドルトムントですよ。

今年は、香川はいない(移籍)、ロイスは試合にいなかったりいてもコンディション最悪(怪我でガラスのロイス復活)。
そりゃあ、ドルトムント勝てないですよ。

ドルトムントは真実の愛を失ってるので、まずはそれを取り戻すことから始めることをお勧めします。
[ 2019/10/17 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。