ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユナイテッドのスター、マタ!エジルのような選手が必要とされない理由について語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ユナイテッド・スター、マタ

エジルのような選手が必要とされない理由を語る!


mata.jpg


メスート・エジルはスポーツ面において過去に素晴らしい時期を過ごしている。しかしかつて絶対的だった存在も、アーセナルでは控えとなっている。彼は今シーズン、2:2で引き分けたワトフォード戦と、5:0で勝利したノッティンガム戦でしかプレーしていないのだ。


スポンサーリンク


どうしてアーセナルのウナイ・エメリ監督は彼を起用しないのだろうか?マンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタがその理由ついて語る。“エジルのような典型的なタイプ、典型的な10番のポジションは、どういったらよいだろうか・・絶滅してしまったんだ。絶滅とは違うかもしれないけれど、とにかく以前とは違うんだ。”と彼は“The Athletic”において語っている。


さらに彼は、“過去にはチームによってワントップであろうが、2トップであろうが、常にその後ろには典型的な10番がいた。でも多くのシステムによってこのポジションも変わって来たんだ。”とマタは語る。しかし彼はエジルのような典型的な10番タイプの選手は素晴らしいと思っているようだ。“彼らは試合をたった一本のパスで帰る事が出来るからね。彼らはほかの人には見えないような所が見えるんだ。”



マタはエジルの状況については語りたがらなかった。彼はそこから離れすぎているようだ。“エメリとはバレンシアで3年間仕事をしているからよく知っている。だけど、アーセナルがどうなのかは知らないからね。もちろんエジルは素晴らしい能力を備えた僕が好んで見たい選手だよ。”と語っている。


エジル自身も“The Athletic”において自身の状況について語っていた。そして移籍については否定している。“僕の契約は2021年までだし、それまではここに残るよ。難しい時期かもしれないけれど、だからと言ってそれが逃げる理由にはならない。道で人々が話しかけてくる事があるけれど、その都度、ここが僕のホームだ。どこにも行かないよ、って言うんだ。”と彼は語った。





以上です。

典型的な10番のポジションはもはやなくなった、と言うのはここ数年前から言われている事ですね。やはり強いチームに対処する形で戦術もどんどん変わっていきますから、これは仕方がないのかもしれないですね。また一回りして10番タイプが必要とされる時が来るかもしれませんが・・。個人的には10番タイプに限らず、最近のサッカー(ブンデスリーガが主ですが・・)は見ていてそれほど面白くなくなりました・・。



[ 2019/10/18 16:16 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
結局マタは香川見たいなバッファーになれずにマンUは衰退しちまったな
[ 2019/10/18 16:43 ] [ 編集 ]
楽しみ方が変わってきた感じはある。それだけシステ厶とフィジカルに寄り過ぎたなー
[ 2019/10/18 17:41 ] [ 編集 ]
戦えない選手は試合から消えてしまうんですよね。
「戦えない選手は使えない」という事を誰よりも明確に示したのはリバプールの監督に就任してからのクロップですね。
[ 2019/10/18 18:37 ] [ 編集 ]
バッジョのころからもうそのポジションないといわれ続けていたけど、
細々と生き続きていたのを見る今後もなくならないと思いたい
[ 2019/10/18 19:41 ] [ 編集 ]
 ファンタジスタ型の10番に限らずサイドも同様で、攻撃に専念するタイプのMFは戦術的に使い辛くなりました。今は攻守が一つのパッケージになった戦術体系が主流で、MFには8番タイプを複数並べて攻守に柔軟に対応していく。MFに限らずFWやDFもオールラウンドな能力を求められる傾向がありますね。
[ 2019/10/18 22:25 ] [ 編集 ]
10番のポジション好きだけど、時代に合った感じはしないのも分かる
10番のポジションからじゃゴールは遠いし、ゴール量産は難しい
監督は9番と11番の併用、レスターの岡崎みたいなポジションを好むんじゃないかな
[ 2019/10/19 02:43 ] [ 編集 ]
香川も8番気味じゃなく11番気味になってくれてたらね、今の日本だと南野がそうなってるけど
当の南野は真司くんが一番上手いって言うくらいだし、そもそもボランチが嫌でマンユ出たらしいのに何で香川は前みたいなFWらしい気構えにならないのか
最低でも17年のモナコ戦くらいの意識でプレーして欲しいわ
[ 2019/10/21 06:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。