ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》トゥヘル記者会見をみたドイツ人の反応

昨日ビルトの記事を更新しましたが、その続きになります。ビルトの記事のコメント欄と、ドルトムントファンサイトより、ドイツ人の反応を紹介します。
記事はこちらです。

201506040446238f7.jpg




【ファンサイトよりファンの反応】

・新しいシーズンをとても楽しみにしている。とてもよい感じだったと言わなければならないね。



・↑僕もだ。トゥヘルは野心に満ちているし、サッカーが何かも分かっている。彼は僕らを更に進化させるだろう。



・↑僕も同様だ。彼は親しみやすそうで、監督としてとても良い印象だ。だけど彼にも時間を与えなければならないね。彼をクロップと比べたら幸せにはなれないよ。



・↑まったく同感。僕は嬉しいし、本当に感動しているよ。再び専門的で良いトレーナーを獲得できてね。成功できる補償はないけれど、そのための必要な物は揃っているんだ。


・↑僕も全く同感。


・土曜日の敗戦はとても痛いものだった。今でもね。だけどこの記者会見を見て、少し前向きになれたよ。彼はとても客観的で、親しみやすく、そして現在の状況を的確に捉えているように見える。特に準備とシーズンのスタートに関してはね。最終的に僕らが上位4チームの挑戦者になりえるかどうかは、まあ見てみよう。もしそうなったら凄いけど、一年目からはあまり期待したくないね。

それに彼が、選手の事を“ライヴ”で知りたいと言ったことはすごく重要だと思う。今では彼もチームの一員だ。ようこそ!!


・新しいシーズンが今から楽しみだ。とても良い予感がするよ。トーマス・トリプル(注:トゥヘルとトリプルをかけている)!!


・↑もし彼が本当にそれを達成したら本当にそう呼んでも良いよ!



・僕は数週間前はこの決断に反対だったんだ。だけどクロップの7年間にも、どういうわけか不満でもあった。この記者会見を見てポジティブに感じている自分に正直驚いている。

彼は本当に親しみやすそうで、まるで子どもが喜んでいるようでもあった。そして彼は記者会見でも正直で、殻に閉じこもっているようには見えなかったよ。

今では新シーズンが楽しみだ。


・トーマスはちょっと不健康に見えるな。彼にとってそれが良いのならいいんだけどね。カリーヴルスト(注:ベルリンの名物ソーセージにカレーソースをかけて食べる)を何本か食べるべきだ。



・↑まあ7年後の彼がどう見えるかみてみようじゃないか。


・ここのコメントはファッション雑誌か何かのコメント欄かな?

やせすぎ、太り過ぎ、シャツは・・・。頬骨が・・・。素晴らしい!!


・↑ズボンに穴は開いていないし、髭もきちんと剃っている。


・でも本当に不健康そうだな。


・僕は彼を気に入ったよ。


・彼は確かイタリアで特別なダイエットをしていたんじゃなかったかな。詳しいことは忘れたよ。


・↑イタリアで穀物類をまったく取らなかったんだ。


・最初の印象はとても好印象だね。すごいポジティブだよ。誰だよ、トーマスが笑えないって言ったのは。インタビューの彼はとても喜んでいるようだった。


・さっき記者会見をみた所だ。僕はこれが正しい判断だったと確信したよ。


・彼が気に入ったよ。何よりも今いる選手のベストを引き出そうとしているところがね・・。インタビューを全部見た人は、メディアがいかに部分的なセリフだけを切りとっていたかに気が付いたと思う。特にビルトの記事とかはね。エゴイズムのないチーム作り。素晴らしい監督じゃないか。すごく楽しみだよ。ようこそトーマス。


・↑僕も同感だ。でも今いる選手のエゴをなくす事が本当にできるかはちょっと疑っている・・。そのためには一シーズンまるごと使いそうだね。


スポンサーリンク


20150604044622868.jpg


【ビルトの記事を読んだドイツ人の反応】  非ドルトムントファンを多数含む



・典型的なビルトの記事だ。トゥヘルは実際にはバイエルンを狩る、とは言っていないが、ここではそうなっている。


・トゥヘルのインタビューはよく準備されているね。とても良い印象だよ。でもクロップのような軽やかさがないね。もしかしたら時間が経てばそうなるかもしれない。


・バイエルンを追いかけるだって?笑うしか無いね。


・↑“笑い死に”の方がいいと思うんだけど。


・↑そして僕らは君らのやり取りを笑うさ。トゥヘルがバイエルンを相手にどういう戦い方をしたかを見ていた人だったら、彼がどれだけできるか分かるだろうね。彼がミュンヘンで収めた1:0は本当に素晴らしかった。



・バイエルンが№1だ!!BVBはヴォルフスブルクとどこかのチームと2番手をかけて争うだろう。


・↑まあ現実的にはそうだろうね。


・トゥヘルは本当に良い印象を残したといえるね。とてもリラックスしているけど地に足がついている。彼は難しい状況で始めることになるわけだけどね。


・この記者会見を見て来シーズンがとても楽しみになったよ!


・↑またタイトルが取れない事がかい?


・トゥヘルは過剰評価だ。彼は何も達成していない。


・↑それは君も同じだ。


・クロップなしのBVBは黄色がないただの真っ黒だ。


・BVBは来シーズンヨーロッパリーグに出場できたらそれで満足すべきだな。


・↑僕にロトの番号を予想してくれないかな?



・すごく気に入ったよ。良い選択だったね。



・バイエルンを狩りたいだって?


・↑そんな事は一度も言っていない。まあ落ち着けよ!


・トゥヘルがいったい何を達成したと言うんだ。



・なんだか彼は急に10才も老けて見えるよ。

20150604044620281.jpg

・トゥヘルは良いトレーナーだよ。


・僕は彼が一年もたない事にかける!!


・↑ヴァツケだったらそうなった時の保険にも入っているに違いない!!


・トゥヘルが降格争いのプレッシャーに耐えられる精神力を持ち合わせている事を願っているよ。



・↑ハハハハハハ、君は最高だな。



・トゥヘルがいればBVBは優勝争いをするだろう!!





以上になります。



二つのコメント欄にわけて紹介しました。管理人も記者会見を見ましたが、非常に良い印象をうけました。ポジティブで爽やか、ドルトムントの良い所も悪い所も客観的に捉えられているように感じました。ファンの掲示板もほとんどが好印象という物ばかりでしたし、まずはファンの心をつかむのに成功したのではないかと思います。


一方のビルトの記事の方ですが、トゥヘルは記者会見では“トップ4チームの挑戦者になりたい”と言っていたのですが、ビルトは、“挑戦者”を“バイエルンハンター”というような言葉で表現したことで、バイエルンファンが過剰に反応するというような事態になって、皮肉合戦になっていましたね。やっぱりビルトなだけにちょっと色を加えてありますし、ドルトムントファンにもそれを指摘するコメントがありました。


コメントはまだまだ有りましたが、このぐらい取り上げればだいたいの雰囲気はお伝えできるのではないかと思います。


もうクロップの時代は過去のもので、昨日からトゥヘルの時代が始まりました。新たなスター選手の獲得は考えておらず、今いる選手で十分戦えると考えているようですし、とにかく楽しみにしています!


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0148.jpg


IMG_0149.jpg

南ドイツのウルム
ウルムで見つけた木組みの家です。
この手の建物は傾いているものが多いです。しかしこう言う家はとても高いです。
ウルムはケルンより高い大聖堂、美しい川に鱒料理が食べられる空気の綺麗な街です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/04 17:55 ] トゥヘル | TB(-) | CM(10)
No title
確かに不健康そうに見えてしまいますね。
クロップさんと比べるとなおさら。
管理人さんが良い印象をもたれた、ということでちょっとほっとしました。
上位目指して頑張ってほしいです。
それにしても・・・ビルトって日本でいうところの東スポやフトチャンみたいなものなんですかね(-_-;)
実際には言ってないこと書いたり、大げさに書いたり・・・
[ 2015/06/04 18:32 ] [ 編集 ]
No title
ビルトは移籍関連以外は全く信用できませんからね。
はいはいドイツの東○ポ、東○ポのビルトに戻ったようで

トゥヘルのエゴの部分はとても印象的でしたね。あとは練習にロンドやってくれたら大満足かも。ロングボールでおさまらない前線にあてて5分5分のボールを競る戦術だけは本当にイライラするからやめてほしい。
[ 2015/06/04 18:41 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントファンのトゥヘルに対する印象がだいぶポジティブなものに変わったようで安心しました。
エゴイズムのないチーム作りというのは、確かに期待する部分でもあり、不安な部分でもありますね。7年の実績があるクロップですら、今季はそれがちゃんとできていたとは思えませんから。
何にせよ、クロップの築いたドルトムントのスタイルをそのまま引き継ぐようなので、香川にも持てる力を十二分に発揮して、新チームの攻守の要となって欲しいです。
[ 2015/06/04 19:08 ] [ 編集 ]
No title
あとはガイスとFWの獲得だけだな
オーバメヤンのFW起用を継続するにしてもバックアップは必要だし
[ 2015/06/04 20:49 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントサポが即結果を求めてないことに驚きましたが、トゥヘルもそのことに寄って気が楽になったんじゃないでしょうか?
他サポのヴァツケの保険の件は笑いました
[ 2015/06/04 21:21 ] [ 編集 ]
No title
クロップが諦めた物をどの方向から開拓していくのか楽しみ
前の記事でクロップの作り上げてきた土台は崩さないと言っているし、そんなに変わらないのかもしれないけど多くの戦術を使う監督らしいいからのそ手腕を早く観たい
これを気にクロップみたいに有名監督の仲間入りが出来たらいいね
[ 2015/06/04 22:15 ] [ 編集 ]
エゴのないチームを目指しているなら残留するよう願ったムヒタリアンにはチームプレーを期待しているということになるね
トゥヘルの指揮で化けると考えているんだな
楽しみではある
[ 2015/06/04 22:56 ] [ 編集 ]
エゴのないチーム作りには監督の強烈な指導力が必要になるから最初から期待するのは難しいかな~
ただ会見でこの言葉を言ったことで「だれも皆今は横一線でスタートですよ」をアピール出来たから平等に競争できそうなので、香川君は練習で実力さえ見せれば大丈夫そうですね
あとは監督の戦術を早く理解してクロップの時のように体現できれば良いですね
[ 2015/06/04 23:02 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルの言葉、

>熱心さと謙虚さ、勇気と誠実さ、そして粘り強さだ。
>情熱と、援助、そして全くエゴイズムのない状況が行き届くような雰囲気を作らなければならないね。

↑これを聞いて、少し安心しました。
クロップは以前、「ドルトムントには、自分勝手な選手の居場所はない」と言っていましたけど、そのクロップの意向がチームに行き届いていたかというと、そうは見えなかった…。

トゥヘルが多彩な戦術で攻撃的サッカーを実践してくれるなら、また週末が楽しみになりそう。
当然、香川さんには中心選手として、絶対的な存在として活躍してほしい。

今日わかったこと;ギュンドガンのほかに、インモービレも去る?
ドルは、新しいストライカーを獲得するんですか?

ムヒの自己中暴走(←ドイツ人ファンによればボールに対する果敢なチャレンジ?)は、トゥヘル監督のもとではどうなるでしょうか。
もう彼をゴール前の点取り屋に仕立てちゃったらどうでしょう。
[ 2015/06/05 01:13 ] [ 編集 ]
No title
クロップの最後の言葉にあった「比較するな」が効いているんでしょうね。比較してもなにもならない。その通りです。新しいドルが楽しみですね!
[ 2015/06/05 11:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。