ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン、コヴァチ監督!ダブル獲得でも監督の地位は安泰ではない!《ドイツの反応》

【ビルト】

ファン・ハールとマガトはコヴァチにとって良い警告だ!

kovaccc.jpg


オットー・レーハーゲルとユルゲン・クリンスマンに共通するのは何だろうか?彼らはバイエルンで1シーズンも続かなかった。


それに対してニコ・コヴァチは最初のシーズンでダブルを獲得している。彼は戦士であり、印象も良い。


スポンサーリンク


しかしこの監督に、バイエルンここ10年で最大となる世代交代を実現させ、安定感をもたらすことができるだろうか?


条件は決して楽ではない。コウチーニョはシーズンが始まってから加入したし、8000万ユーロのエルナンデスは膝の手術後、まだ補強と放っていない。ズィーレは長期離脱するし、ヘーネスの引退、そしてカーンの就任と落ち着かない。


それに対して、ミュラーをめぐる騒動はコヴァチ自身のせいだ。まだ彼はチームを自分のものとすることができていない。


コヴァチは7:2で勝利したトッテナム戦ではなく、ホッフェンハイム戦(1:2)とアウグスブルク戦(2:2)の失態が一度限りだったと証明しなければならない。


マガトとファン・ハールはコヴァチにとって良い警告となるだろう。ファン・ハールは最初の年にダブルを獲得したにも関わらず次の年には移籍しなければならなかった。マガトは2回とも最初のシーズンでダブルを獲得しているが、その後すぐに去る事となっている。




以上です。

まあバイエルンにとってはダブルを獲得しただけでは保障にはならない事は確かでしょうね。しかもファン・ハールは一年目でチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち上がっていますからね。それにしてもあの時は2010年、2012年とCLで決勝に進出し、2013年には優勝しましたが、強かったですね。その強かったバイエルンにリーガで勝って優勝したドルトムントも強かったですが、さすがに週2回戦う体力はありませんでしたね。

[ 2019/10/21 09:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
リュカエルナンデスはあまり活躍出来てないんですね
[ 2019/10/21 12:49 ] [ 編集 ]
バイエルンは昔の栄光に浸りすぎ。できるだろうか?などと他人事のように評するだけならファン以下、黙っていたら良い。スパーズの監督は少し前はレアルの監督に!などと随分持ち上げていたが、今季はご覧の通り。
ファンハールだってマンユナイテッドでの最後は随分叩かれていたが、監督だけの責任か? 何人も監督変えても変わらない。
要は幹部がどれだけ監督を信頼して任せるか、監督の希望する選手を獲れるかでしょ。監督の構想する戦術にどれだけ選手が応えられるか。口が過ぎる選手は切るしかない。ミュラーは自制心とクラブへの熱い心があるから大丈夫だろうけど。
[ 2019/10/22 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。