ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

モウリーニョ!ファヴレの後釜としてドルトムント監督に就任の噂!《ドイツの反応》

【ビルト】

モウリーニョ!ドルトムント監督に就任か?

“スペシャル・ワン”がファヴレの後任になるだろうか?



moumou11.jpg

スポーツビルトの情報によると、ジョゼ・モウリーニョがルシアン・ファヴレの後継となっている。

スポンサーリンク


仮にドルトムントの幹部が本気で今季のタイトルが危ないと見れば、ファヴレの解任の可能性もある。ヴァツケとツォルクが本来であれば監督交代は避けたいと思っていてもだ。


そうなった時の解決策がモウリーニョだ。ヴァツケは彼と定期的に連絡を取り合っている。ヴァツケは当然ながら、マンチェスター・ユナイテッドを解任されて10か月たった今、モウリーニョが新たな仕事を探していることが分っているのだ。


モウリーニョは彼のキャリアにおいて30以上のタイトルを獲得している。その中には二つのチャンピオンズリーグ優勝のタイトルも含まれている。彼は現在テレビ解説者としてイングランドで働いているが、スポーツビルトのインタビューにおいて、“ドルトムントの仕事ぶり、そして巨人であるバイエルンと戦おうとしている姿には感心するよ。”と語っていた。


このポルトガル人は5か国語を流ちょうに扱う事が出来る。そしてここ数か月間ドイツ語を学んでいる。彼がときどき見せる、自分好きは少し問題になるかもしれない。


彼はマンチェスター・ユナイテッドで年間1700万ユーロを受け取っていた。BVBならば彼は言及を受け入れなければならない。ドルトムントにとっても問題は、仮にレアル・マドリッドのジダンが解任となった場合、彼はその後釜候補にもなっていることだ。


ファヴレにとっての好材料は、ドルトムントがグラートバッハに勝った後で4位になった事だ。ポイントはバイエルンと同じだ。それでおもファヴレは執行猶予中だ。






以上です。

とりあえず、バイエルンとの直接対決までは様子見でしょうね。それまでにずるずるポイントを落とすとすれば解任はあるでしょう。

まあモウリーニョになって改善するかどうかは分かりませんが、彼を獲得できるチャンスがあるのならば一度やってみて欲しいですね。しばらく盛り上がる事は間違いないでしょう。まあだめならだめで別にいいじゃないですか・・・。


[ 2019/10/23 17:23 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
今のモウリーニョはファブレと大差ないけど良いネタにはなる
[ 2019/10/23 18:31 ] [ 編集 ]
モウリーニョ来てくれ。
緩んだ気をピシっとしめてほしい。
[ 2019/10/23 18:31 ] [ 編集 ]
年俸がファブレの3倍以上必要そうで果たしてドルに合うかわからんけどクラブの本気度は見せれるね
[ 2019/10/23 19:03 ] [ 編集 ]
スペシャルワンかー
ドイツ製のバスはどこがシェア高いのかな?
面白みに欠けるけど守備陣が一応揃ってるから、混戦になってるブンデスリーガなら今年に限り優勝出来るんじゃないの?
[ 2019/10/23 19:08 ] [ 編集 ]
まぁモウはフリーなんだから普通にオファーしてるでしょうね。問題は引き受けてくれるかどうかでしょう
[ 2019/10/23 19:28 ] [ 編集 ]
ドルトムントの監督は知る限り攻撃サッカーの信奉者ばかりだよ。
だからモウはないんでないの?
どうしようもなくなったら暫定的にザマー復帰かな?
[ 2019/10/23 19:48 ] [ 編集 ]
 今のブンデスの状況とBVBのスカッド的にモウは面白いかも。ただ、メンデス案件を買わされるかもしれないので、出費も覚悟しないといけない。CFが補強ポイントなんでアンドレ・シウヴァあたりでしょうか。
[ 2019/10/23 21:48 ] [ 編集 ]
モウリーニョ的には本命バイエルンでドルトムントはすべり止め程度でしょ
[ 2019/10/23 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。