ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ズィーレに続きリュカ・エルナンデスも負傷!!SDはフランス代表に怒り! 《ドイツの反応》

【ビルト】

バイエルンは、この期間エルナンデスの起用を諦めなければならない!

hernandes.jpg


ニクラス・ズィーレは膝十字靭帯と半月板を損傷し、今シーズン末までの離脱が決まって里宇が、3:2で勝利したピレウス戦ではリュカ・エルナンデスが負傷している。彼は現地時間の0時33分に松葉づえをついてスタジアムを後にしている。さらにマルティネスも筋肉に問題を抱えて途中交代していた。

スポンサーリンク


ビルトの情報によると、エルナンデスは右足首の靭帯を痛め、7から8週間の離脱となるようだ。


ニコ・コヴァチ監督は試合後に、“エルナンデスは足首に問題を抱えている。靭帯に問題ないか調べないとね。三角靭帯じゃないかと思う。”と語っている。


このフランスのワールドカップ優勝者は3月に右膝を手術しており、シーズン開始まで離脱していた。彼はブンデスリーガのパダーボーン戦で筋肉に問題を抱えていたが、それでもフランス代表のデシャン監督は彼を招集している。バイエルンのチームドクター、ミュラー・ヴォールファールトが出場をさせないように助言したにも関わらず、彼はトルコ戦でスタメンとなっている。


SDのサリハミジッチは、ピレウス戦での負傷の後で、“彼らが我々を信用しなかったのは不思議だね。我々はリュカが長い負傷から戻ったばかりだと知っていたから、それには腹を立てているよ。ドクターのヴォールファールトはプロだし、何をすべきかしっかり分かっているからね。彼らがドクターの意見を尊重しない事、受け入れない事を心配していたよ。もちろん我々はで選手ができるだけ多くの試合をすることを望んではいる。この試合だけが原因ではなく、これまで負傷の後に沢山プレーした事が問題なんだ。少し怒っているよ。”と語った。


それに対してマルティネスの念のためとのことだ。

これでジェロム・ボアテンが再び重要になった。ヘーネスはこの夏ボアテンに移籍を勧めていたが今は彼がいて嬉しいだろう。

現在バイエルンのセンターバックは、ベンジャミン・パヴァールがいるが、彼はまだミスが多い。その他最近2022年まで契約を延長した19歳のルーカス・マイがいる。




以上です。

サリハミジッチは、代表ウィークに無理してプレーしたために負傷したと言っているようですね。実際バイエルンのチームドクターがプレーできないと診断したにも関わらず、フランス代表では先発でプレーしていますからね・・・。



[ 2019/10/23 19:48 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
リュカはスぺってるなあ
[ 2019/10/23 23:52 ] [ 編集 ]
ジューレとリュカが怪我だとバイエルンは厳しいな……考えすぎかも知れないけどハビの大事を取ったのはCB起用も想定してるのかな
[ 2019/10/24 19:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。