ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!インテルに敗れファンも怒り爆発!ファヴレはプレーに満足!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ファン!インテル戦の後で怒り爆発!この理由から!

bvb8832.jpg


ドルトムントはファンは、インテルに0:2で敗れた後で怒りを爆発させている。ファンが頭にくるのは、イタリアのトップクラブを相手に敗れた事ではない。彼らが腹を立てているのは水曜の夜にジュゼッペ・マエッザ・スダディオンでいかにして敗れたかという事だ。

スポンサーリンク


ボルシア・ドルトムントは相手がボールを持った時はそれなりのプレーを見せていたが、自分たちがボールを保持したときは凄く弱々しかった。スピードはなくアイデアもない。そしてゴールチャンスもほとんどないのだ。ドルトムントのファンは、ツイッターで“僕たちのゴール前の危険性といったらまるで乾いてしまったトーストのようだ。”とコメントしている。


そしてこれは数多くある不満のうちたった一つに過ぎない。多くのファンはチームとファヴレを批判しているのだ。しかしショックなことに、ファヴレはファンとは違ってチームに満足しているようだ。ファヴレ、“プレーは良かったね。すごく安定していたよ。0:1となってしまったのは残念だけれど、それ以外はOKだね。”と試合後に語っている。


しかしファンの見方は全然違う。ファン達は試合後ものすごく落胆しており、ツイッターで不満を爆発させているのだ。


“なんてこった。いったい僕たちのスピードあるサッカーはどこに行った?やる気はないし、ただ立ってボールを回しているだけが僕らのプレーの象徴になってしまった。”


“本当に痛くて苦しいよ。こんなにクオリティーのあふれるチームがまったくアイデアがないんてね・・”


“攻撃は本当にひどすぎる・・・”


“良いニュースは、僕たちが次のシャルケ戦の前半で4ゴールをすることがないという事だ・・・。”


“まったくまとまっていない。ペナルティーエリアでは美しくすることを求めている。前線で体を張れる選手は一人もいない。それにロングシュートのこぼれ球を拾えるような選手もいない。”


“子供を寝かせようと思ったら本を読んだりするが、僕なら今シーズンのプレーを見せるね。”


“ホームでのバルセロナ戦は凄く良かった。軽やかさ、そしてテクニック性に満ちたサッカー。でもどうやらそれは例外だったようだ・・・”


“すでに開始5分から今日はゴールしない事が分っていた・・・。”


“これでもう0:0ではだめだという事がファヴレにはわかっているのだろうか?”






以上です。

ファヴレの問題は選手とチームを成長させることが出来ていない点でしょうね。ラーセンやダフードはこのままではまったく成長しないでしょうし、このままだとブラントやアザールをフィットさせることができるかもわかりません・・・しかし昨日のプレーで満足だとは驚きました・・。




[ 2019/10/24 16:07 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(11)
やはりロイスとアルカセルは別格ですよ。
バルセロナ戦も、日本のバルササポはトップ下ロイスのプレーやポジショニングを絶賛していました。
彼らの復帰が必須ですね。
[ 2019/10/24 16:11 ] [ 編集 ]
いい攻撃をするのは中盤で奪ってカウンターをした時だけ。だったらもっと運動量増やしてプレス掛けるなりやり方あるのにダラダラやってただけだからね。若い選手増えてるのに全然活発さがない。
[ 2019/10/24 16:50 ] [ 編集 ]
ボール持たされてミエミエのカウンターしか狙っこなかった相手に2-0。ヘタすれば3-0、4-0でもおかしくなかったし、ロクにシュートも打たせてもらえなかった。つかラストパスすら出させてもらえなかった。まぁ中盤でちょこっと突っかけられたらコケたりしてたからな。
個人でも組織力でも完全に劣っていた。
これではロイスやパコがいても2ndレグも勝ち目がほとんど見えなくなったな。
それにバルサは復調しそうだし、この調子ではグループステージ敗退にもなりそうだしな。
これではサポからすればキレたくもなるわな。
[ 2019/10/24 16:59 ] [ 編集 ]
今季のインテルはセリエA優勝候補の一角なので負けても仕方がないかと。
逆にドルトムントは弱体化するべくして弱体化してますね。
[ 2019/10/24 17:02 ] [ 編集 ]
 ファヴレ監督の狙い通りの内容でしょう。守備的なリアクティブな戦術でローリスクな攻撃ですからね。

 BVBの攻撃が相手の脅威にならないのは、中盤から前に展開できる選手が中盤にいないのと、使うべきスペースを使う人がいないからです。
 サイドチェンジすべき時にしない、相手のSBCBの間が開いてもそこを使う気が最初からない。そういうチームなのだから仕方ないのだろうけど、あの選手がいたらな……って場面が結構ありました。
[ 2019/10/24 17:29 ] [ 編集 ]
ロイスがいるいないでかなり変わらざるをえないチームになってしまってますね
戦術が複雑化しすぎてサポの感想と監督の感想の解離が大きくなってきているのも難しいジレンマであるあるになってきてますね
選手の成長という意味ではまさにその通りといった感じです
[ 2019/10/24 20:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントはCLしか見ないから今季3試合目だけど、どんどん悪くなっているね。前節のスベルタ戦だって結局ハキミやサンチョのスピード以外に怖さ無かったし、それが封じられたら何も残らなかった。
リバプールやシティ見た後だと特にガッカリする内容。香川いた頃のドルトムントはリバプールやシティに近かったよね…アイディアが有ったし、ワクワク感も有った。結局フンメルスとビュルキそしてサンチョとハキミが頑張っただけの試合。新加入のアザール、ブラント、シュルツってどこが良いのか解らなかったよ。
それにしてもバイエルン、ハイライトだけ見たけど、攻撃陣は素晴らしいけどノイアーやCBは劣化してない?ビュルキやフンメルスの方が勝っていると感じた。まぁレバンドフスキは神がかってるけど(笑)
[ 2019/10/24 20:57 ] [ 編集 ]
やっぱりロイスがいないと!
[ 2019/10/24 21:59 ] [ 編集 ]
「子供を寝かせつけるなら~今シーズンのプレイを見せる」って、すごく詩的でシャレた表現だね。
フットボールが文化になってる社会故に出てくる言葉なんだろう。
[ 2019/10/25 00:55 ] [ 編集 ]
リーグでも他所と比べたらいい選手は確実に多いのに華がないですね
アンブロジーニが去った年辺りからダラダラした試合見せてたミランと似てきた気がします
[ 2019/10/25 07:50 ] [ 編集 ]
このチームは1トップの選手がどうしても必要だと思います。ヴィツ゚エルやディレイニーなどで守備はそこそこ満足いくものになったと思いますが、とにかく攻撃がどうしても物足りない気がします。

アルカセルは素晴らしいフォワードですが、ブンデスリーガの1トップではないですよね。小さすぎるし。ロイスの方がそれに近いですが、彼はサンチョにパスを送る方がもっと良い印象です。

サンチョが希望ですが、いくら彼でも出ずっぱりなのでね。。ブラントやアザールはまだどうもフィットしていないし。

それこそインテルのラウタロ欲しいなと思ってしまいました。
[ 2019/10/25 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。