ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブレ―メン大迫!レヴァークーゼン戦でスタメン復帰か?トプラクも復帰間近!《ドイツの反応》

【ビルト】

彼らがクラブをヨーロッパに導く?

トプラクと大迫復帰間近!


osako23.jpg


まだ一度も無失点はなく、攻撃においては嗅覚が欠けている。最近のヴェルダーは前も後ろもうまく行っていない。

スポンサーリンク


しかしレヴァークーゼン戦では良くなる見込みだ。ディフェンダーのスター、エマー・トプラク、そしてヴェルダー最高の点取り屋である大迫(3ゴール)が復帰間近なのだ。


彼ら二人がクラブをヨーロッパ圏に導くだろうか?


コーフェルト監督:“彼らが戻って来て満足しているよ。二人ともトレーニングに参加し、今週はうまくこなすことが出来ている。週末の候補だね。”


しかし彼らがどのぐらいプレーできるのかについては彼は明かさなかった。コーフェルトは、“エマーは勇也よりもより回復しているね。より多くのトレーニングをこなしているからね。でも離脱期間は思ったよりも短かったし、すべてが可能だよ。”と語っている。


トプラクはその経験を活かしてブレーメンの守備を助けるべきとされている。ブレーメンはこれまでに17失点しているのだ。まずは無失点に抑えるのが大事だ。


コーフェルトはトプラクを絶賛する。“エマーはリーダー的存在で、私にとってはレギュラーだ。彼は経験豊富で、スピードもある。そして存在感もあるからね。彼の存在は我々にとって良いものだ。”


そうなるとU23からやってきているクリスティアン・グロースがヴェリコヴィッチがベンチに座る事になるだろう。しかしトプラクがイングリッシュウィーク中の3試合をすべてこなす可能性は低い。


攻撃に関しては大迫がブレーメンの得点力のなさを補うことになるだろう。奇妙なことは、大迫が他の練習は問題なくこなしたにもかかわらず、シュート練習だけを行わなかったことだ。


コーフェルト:“スタメン、ベンチ、ちょっとリスクが多すぎる、などすべてが可能だね。”


この日本人はレヴァークーゼン戦ではジョーカーとしてプレーするだろう。しかしそれでもコーフェルトはようやく選択肢を手に入れた。




以上です。

ブレーメンの負傷者は一時11人まで増えましたが、大迫選手とトプラクが復帰間近なのは明るい材料ですね。ブレーメンは現在9ポイントで12ですが、上位とはまだそれほどポイント差が離れていませんから、この辺で勝ち点が欲しい所ですね。



[ 2019/10/25 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。