ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL】フランクフルト!鎌田が2アシスト!リエージュに2:1で勝利《ドイツの反応》

【ビルト】
フランクフルトのディフェンダーがストライカーの代わりにゴール!

ff1.jpg

フランクフルトがリエージュに2:1で勝利し、ベルギーの呪いから解き放たれた。フランクフルトはこれまでベルギーのクラブと4度対戦していたが、一度もゴールをあげることができず、勝利する事も出来なかったのだ。


スポンサーリンク


しかしフランクフルトはシルヴァとドストが欠場するという不運に見舞われる。パシエンシアがワントップとしてプレーしたが、ゴールをあげたのはディフェンダーだった。


▶28分:アブラハムが鎌田のフリーキックからゴール右に決めて先制だ。このキャプテンが前にゴールしたのは2016年のインゴルシュタット戦の事だ。ローデ:“アブラハムがこんなに長い間ゴールしていなかったのは知らなかったよ。だからそれだけに今日のゴールはより嬉しいね。”と語っている。アブラハムはフランクフルト156試合で3ゴールをあげている。そしてヨーロッパリーグでは初ゴールだ。


▶73分:今度はファンのお気に入りのヒンターエッガーが2:0となるゴールを挙げる。アシストを決めたのはまたしても鎌田だ。そして82分にはリエージュのアマラーが一点を返している。



フランクフルトはこれから18日で6試合を戦う事になるが、これがその最初の試合だった。SDのボビッチはDAZNのインタビューにおいて、“一点を返されてから、また接戦になってしまった。簡単な試合ではなかったね。しかし勝利は何事にも代えがたいよ。これからレベルの高い試合が待っているね。”と語っている。



フランクフルト日曜日にグラートバッハと、そして水曜日にポカールでザンクト・パウリと対戦する。その後バイエルン、リエージュ、フライブルクと続く。




以上です。


フランクフルトが鎌田選手の2アシストで勝利しましたね。代表空けのレヴァークーゼン戦では鎌田選手にはまったく出番がなく、しかも他の選手の活躍で3:0と快勝していましたが、スタメン復帰の試合ですぐに結果を出したのは大きいですね。



[ 2019/10/25 16:08 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
スタンダールはなかなかスペースを空けてくれなくて苦しい試合だったけど、鎌田が要所でこじ開けた。
アシストしたところは2つともピンポイント。点取るならあそこしかないところに蹴ったな。50分のサイドに流れてヒールパスしたところとかPKでもおかしくなかったところとかゴール前で危険な場面になるものを作っていた。隣にいたガチノビッチがほぼ消えていたよ笑
チーム的にはまだ少しズレあるね。失点したとこはソウのスタートがワンテンポ遅れた。一瞬ボール追いかけちゃったね。ただし、こういうのは気をつけてればなくなることなんでそう心配はいらない。
これから順位が上のクラブと立て続けにあたりますけどガンガン食いまくってもらいたいよね。
[ 2019/10/25 16:52 ] [ 編集 ]
結果を出すって大事ですよね。
南野もですが、日本代表に選出されてスタメンでプレーするって物凄く大きいなと改めて思います。
確実に意識や自覚が変わりますからね。
[ 2019/10/25 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。