ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBファヴレ!インテル戦での敗戦に「良いプレーをした!」と発言!ファンは怒り爆発!《ドイツの反応》


【西ドイツアルゲマイネ】

ファヴレの言葉にファンが怒り爆発!

favre003.jpg


ドルトムントのファンにとっては水曜日の試合は不満のたまるものだった。インテルを相手に0:2で敗れ、チャンピオンズリーグ突破の可能性が減ってしまったのだ。



スポンサーリンク


ミラノ戦がこの間のグラートバッハ戦のようになるとはだれも期待していなかった。しかしサンチョ、アザール、ブラントがいて5回しかゴールに近付けない事も誰も予想していなかった。


サンチョが最初のシュートを放つまでになんと45分もかかったが、ドルトムントはこの時点で相手に先制されていた。ドルトムントは開始75分以降ようやく少しばかり勢いを取り戻したかに見えた。


ファンはこの試合にがっかりしているが、それに対してファヴレはこのパフォーマンスに満足しているようだ。“今日のプレーは良かったと思うよ。”と発言している。そして“夢ばかり見てはならない。インテルを相手に10回もチャンスを得ることはないよ。このようなチームを相手には我慢しなければならないんだ。“と語っている。


そしてこの61歳はさらに、“我々はコンパクトにプレーしようとした。それはOKだったと思うよ。すごく安定していたしそれは重要だった。システムを変えて攻撃的に行ったけれどこのようなチームを相手にプレーするのがいかに難しいか見て取れたね。”と語っているのだ。


これに対して多くのファンは賛成していない。ソーシャル・ネットワーク上ではこの監督に反論する意見が多くみられている。


・ファヴレは別な試合をみていたのだろうか?


・ファヴレさんよ。あれは決して良い試合ではなかった。


・ファヴレはどのクラブの監督をしているのか理解していないようだな。彼はもうヘルタやニースの監督ではないんだ。ドルトムントにとっては十分ではない。


・今日は4月1日だっけ?それともファヴレは別な試合についてコメントしているの?


・いったいどうしたらこのような試合の後で良いプレーなんて言えるんだろう?もう言葉もない。


・もう頭を振るしかない。このような発言に耐えられるのはもはや変態だ。


・ファヴレの発言には言葉もないね。


・ファヴレはポイントを獲得できなかった試合で良いものを見たらしい。この監督ではもう無理だ。





以上です。

さすがにこのファヴレの発言には言葉もありませんね。ファンの一人も語っていますが、彼は弱小チームの監督をしているかのような発言をしていますね。監督がこのように対戦相手にビビっていては勝てないでしょう。

[ 2019/10/25 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(15)
アヤックスで成り上がってきたボスや落ち着いた大人なシュティーガーは良い監督だ
この二名は今ある戦力で最高の結果を目指したが、それに比べ大金を使った大型補強をしているファブレの奴は時間も金も与えてもこのザマだ
就任前からずっと言われてるよな、器じゃないって
それでもこいつがドルトムントにマッチした最高の監督だとか抜かしていたのはツォルクだっけ?ヴァツケだっけ?
[ 2019/10/25 19:41 ] [ 編集 ]
どういうシチュエーションでの発言なのかわからんけど、なんか投げやり、つかたった2ポイントだか3ポイントで白旗あげる人だから辞めるつもりになってるようにも聞こえる。
[ 2019/10/25 20:22 ] [ 編集 ]
ファブレは自分のやり方を変えない、選手起用で冒険しないなど評価されていた時から一貫してスケールの小さな監督でしたが、結果が出なくなってようやく…と言うのが率直な感想です。
[ 2019/10/25 20:24 ] [ 編集 ]
 ファヴレを擁護するならば、BVBがCFを補強しなかったことです。それはゲッツェの役割を残す為だったのだろうけど、ゲッツェの為にしてきた事のツケが大きすぎませんかね。
[ 2019/10/25 20:57 ] [ 編集 ]
ボシュとかファブレとか全然試合中も試合後も気持ち感じないし選手のせいにしたりもするし次はクロップやトゥヘルみたいな選手の気持ちを盛り立てる監督にしてくれないとね。従順なダメ監督よりフロントと揉めても良いサッカーする監督の方がいい。今よりも全然戦力いなかったのにシュテーガー の方が全然いいチームだった。
[ 2019/10/25 21:22 ] [ 編集 ]
ボシュ同様、対策返しのできない監督だね。
一旦弱点がばれたらシーズン最後まで選手の闘志に頼るしかない。
それで勝てないと今回のような諦観混じりの皮肉を言って嫌われる。
そして選手は無駄に疲弊し、野戦病院化していく。
シュテーガーはあの条件でよく立て直したと思うよ。
[ 2019/10/25 23:32 ] [ 編集 ]
でもドルサポは昨シーズンファブレ絶賛してたしいいんじゃないんですかね
それとcf補強しなかったのはファブレの意向ですし
[ 2019/10/26 00:32 ] [ 編集 ]
ファヴレは昨シーズンからずっと挑戦者の気分ですよね
首位争いをするような気概はまったく感じませんし
クラブがそういう監督を選んだ、と理解しています
残念なことです
[ 2019/10/26 03:24 ] [ 編集 ]
去年からずーっと言われていることですけど、ファヴレのやり方はトップクラブ(もしくはそれを目指すクラブ)に求められるものとは違いますよね
どちらかと言うと中位以下のクラブの (「カウンター一辺倒じゃないのに残留してすごい!」みたいな感じの) やり方ですよね

若い選手を育てて売ることに注力するならともかく、何らかのタイトルを目指すのであればそのスタンスは称賛できない……と思います
[ 2019/10/26 06:34 ] [ 編集 ]
ファヴレに白羽の矢が立ったのはロイス引き止めのためでもあったんだろう?
MGBで恩師だったからね
ロイスはドルトムントに留まるべきレベルの選手ではないと昔から言われてるけど
キャプテンシー等プレー以外でドルトムントの限界点を決めてしまっている選手に思える

まあゲッツェを含めドイツ人選手に阿り過ぎるフロントではこの先もドルトムントは変わらないかなぁ
[ 2019/10/26 09:28 ] [ 編集 ]
王者のメンタリティを持つ監督って今までドルトムントにいた事がない気がします。ファブレは頑固な臆病者、小物という印象です。トゥヘルはロジカルタイプでまた特殊な監督ですが彼にとってバイエルンだけは例外で信仰の対象でした。クロップは戦いますが映画ロッキーに例えたミーティングから判断すると挑戦者のメンタリティですね。グアルディオラやモウリーニョのような、このチームが1番であると信念をもって、自己評価のベースラインを高めてくれる監督が欲しいですね。
ツォルクSDがドルトムント株式会社でバイエルン教にお布施をばら撒き平服するのを辞めなければ、もしくはツォルクが辞めなければ、ドルトムントは変わらないでしょう。
[ 2019/10/26 12:18 ] [ 編集 ]
ツォルクとヴァツケを間違えてました。
問題の根源はヴァツケですね。
大差ないかもしれませんが。
[ 2019/10/26 12:20 ] [ 編集 ]
バイエルン相手に王者のメンタルねぇ…
バイエルンとはタイトル獲得数、クラブの規模(選手にかけられる費用等)段違い。バイエルン相手に王者って?裸の王座だよ(笑)。挑戦者のメンタルで良くない?実際ドルトムントもそれでタイトル取ってるんだし。
[ 2019/10/26 18:55 ] [ 編集 ]
ボスはまだ若い監督だったからなー
他リーグからやって来てトゥヘル後でフロントが操れる若い監督って事で圧力も強いし、失点重ねるハイラインはW杯前のドイツ監督が賞賛するし、CBからSBに置かれたバルトラさんは前に駆け上がっていくしでテンパってたんだろう
なんか勝ってたのはファブレの最初の頃と被るけどw
そのボスと比べてファブレのキャリアは何年よ?
[ 2019/10/27 07:32 ] [ 編集 ]
>次はクロップやトゥヘルみたいな選手の気持ちを盛り立てる監督にしてくれないとね

ドルでのトゥヘルは選手へのリスペクトが全く無かったような
それで揉めて2位という好成績でも追い出されたんじゃなかったっけ?
[ 2019/10/27 17:02 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。