ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 キッカー シーズン14/15平均点、日本人トップは内田!!採点まとめ①


シーズンも終了しましたのでキッカーより様々なデータをまとめた物を紹介したいと思います。今回は日本人選手の出場試合数とゴール/アシスト数、試合の平均点、それからブンデスリーガトップの選手のデータを紹介します。
※コピー転載禁止でお願いします。





【日本人選手 キッカー平均採点】 一部リーグのみ


名前 出場試合数/その内スタメン  ゴール/アシスト  平均点の順

【ドルトムント】

香川真司  28/23  5/6  3,60

丸岡満   1/-   0/0  採点なし

12bild.jpg

IMG_4318.jpg



【フランクフルト】

長谷部誠  33/33  -/2  3,45

乾貴士   27/21  1/8  3,86

20150606050253d44.jpg



【ケルン】


長澤和輝  10/5  -/1  3,30

大迫勇也  28/16  3/4  3.65

201504150425023f9.jpg



【マインツ】



岡﨑慎司  32/31   12/6  3,41

345bild.jpg



【ヘルタ】


原口元気  21/14   1/1  4,09

細貝萌   20/16   -/1   4,03

20141125001831c10.jpg



【シャルケ】


内田篤人   19/18   -/3   3,29

IMG_4421_convert_20140928043209.jpg



【ハノーファー】


清武弘嗣  32/29   5/5   3,82

酒井宏樹  27/27   -/-   3,94


201506060506243f4.jpg



【シュトゥットガルト】


酒井高徳  18/17   1/1   4,15

2015060317005206c.jpg

スポンサーリンク


【ブンデスリーガ・トップ選手】平均点

2015060604552803b.jpg


1.ロッベン (ミュンヘン) 2,16

2. シュトランツル (グラートバッハ) 2,69

3. ベララビ (レバークーゼン) 2,72


4. デ・ブルイネ(ヴォルフスブルク) 2,74

5. ボアテン(ミュンヘン) 2,83

6. カストロ(レバークーゼン) 2,90

7. カリジュリ(ヴォルフスブルク) 2,95

8. ドスト(ヴォルフスブルク) 2,97

9. ナルド(ヴォルフスブルク) 2,98 

10. クルーゼ(グラードバッハ) 3,00

10. アラバ(ミュンヘン) 3,00
 


【ブンデスリーガ得点ランキング】

201506060457128ef.jpg


1. マイアー (フランクフルト) 19

2. レヴァンドフスキー (ミュンヘン)17

2. ロッベン (ミュンヘン)17
 

4. オバメヤン(ドルトムント)16

4. ドスト(ヴォルフスブルク)16

6. ディ・サント(ブレーメン)13

6. ミュラー(ミュンヘン)13

8. ベララビ(レバークーゼン)12

8. 岡﨑(マインツ)12

8. ラファエル(グラードバッハ)12

11. ソン(レバークーゼン)11

11. ヘルマン(グラードバッハ)11

11. クルーゼ(グラードバッハ)11



【ブンデスリーガ・トップスコアラー】スコアポイント(ゴール+アシスト)


201506060457123d5.jpg


1. デ・ブルイネ (ヴォルフスブルク)  31(10+21)

2. ミュラー (ミュンヘン) 28 (13+15)

3. ロッベン (ミュンヘン) 25 (17+8)


4. レヴァンドフスキー (ミュンヘン) 24 (17+7)

5. オバメヤン (ドルトムント) 23 (16+7)

6. マイヤー (フランクフルト) 22 (19+3)

7. ユノツォヴィッチ (ブレーメン) 21 (6+15)

7. ベララビ (レバークーゼン) 21 (12+9)

9. クルーゼ (グラードバッハ) 20 (11+9)

9. ドスト (ヴォルフスブルク) 20 (16+4)

11. セフェロヴィッチ (フランクフルト) 18 (10+8)

11. 岡崎 (マインツ) 18 (12+6)


20150316064247090.jpg





以上です。


日本人の平均点で最も高かったのが内田選手になりました。出場数では長谷部選手の34試合中に33試合で先発出場という成績が目立っていますね。

また岡崎選手もスコアポイントで上位にランクインしていますね。それ以外には平均点に注目してみると、今シーズンの日本人選手は活躍しなかった試合が結構多かったのかと思います。


全体で見ればロッベンの平均点の高さが非常に目立っていると思いますし、デ・ブライネのアシスト数21本はブンデスリーガ記録だそうです。


まだまだおもしろいデータがありますので少しずつまとめて更新していきたいと思います!


【おまけ今日のドイツ】

20150606053324af4.jpg

ハンブルクで食べたイタリアンです。ハンブルクには美味しいものが沢山あります。素敵な街で何度行っても楽しいです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

No title
ザキオカの過小評価ぶりは異常
日本のメディアも全然取り上げないからなぁ
ザキオカ差し置いてなぜか武藤を持ち上げまくってるし
[ 2015/06/06 14:20 ] [ 編集 ]
No title
平均点のトップ選手みていると当たり前のことですがやはり上位クラブの選手が入ってますね
来期は管理人さんの大好きなBVBの選手が全員30位くらいに入っていればいいですね
すなわちBVBが上位になるってことだからw
[ 2015/06/06 16:51 ] [ 編集 ]
No title
こうしてみると香川選手なんだかんだで巻き返しましたね ただ香川選手の本来の能力からしたら低すぎます 来シーズンはスタートダッシュ成功してほしい なるべく安定した成果を出して確固たる中心選手としての活躍がみたい
[ 2015/06/06 18:22 ] [ 編集 ]
No title
>ザキオカの過小評価ぶりは異常
>日本のメディアも全然取り上げないからなぁ

岡崎はその分調子が悪くても代表で結果出せなくても叩かれない
異常な叩かれ方してる香川や本田見てるとどっちがいいのかわからないよ…
メディアは極端だからなあ
[ 2015/06/06 19:05 ] [ 編集 ]
No title
>異常な叩かれ方してる香川や本田見てるとどっちがいいのかわからないよ…

岡崎はまるで万能FWかのような扱いだし、本田もそこまで叩かれてるとは思わない。
日本の報道は常に「意識が高い本田」が前提になってるから。
フトチャンとかゴーイングとか、個人のライターだと木崎伸也やチェーザレ・ポレンギ、ショーン・キャロル、元川悦子など本田に心酔してる面々には半年以上クラブでノーゴールな今現在でもカリスマのように扱われてる。

ホントに異常なのは香川じゃないの?
アジア杯直後の報道とか酷かったよ。
特にフトチャンとやべっちFCは完全に香川をスケープゴートにして叩きまくった。
不調と言われながらも最もゴールに絡んだ選手は香川だったのに。
思い出すだけでムカつくわ。
今度の代表でもゴールがなければ他で貢献しても認められず批判にさらされるかもね。
[ 2015/06/07 14:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。