ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

インテル監督「ドルトムントは怖がっていた!」ドルトムントを恐れるチームはどこにもない!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

なんてこった!

もうドルトムントを恐れるクラブはどこにもない!


hittu.jpg


チャンピオンズリーグで対戦しドルトムントに2:0で勝利したインテルのアントニオ・コンテ監督は、試合後、“ドルトムントは我々を恐れていた。”と語った。

スポンサーリンク


コンテの発言は、ルシアン・ファヴレの下、非常に受け身だったドルトムントのプレーが原因だ。ドルトムントはこの試合で5本しかシュートを放たなかったのだ。


多くのファンはこの試合に対する返事をシャルケ戦で期待していた。しかしひどく落胆させられることとなった。0:0に終わったこの試合でドルトムントはなんとかポイントを獲得できたが、90分に渡ってシャルケが良いチームだったのだ。


順位表ではまだそれほど劇的ではない。ドルトムントは首位とはまだ2ポイント差しか話されていないのだ。しかし多くのファンはそれよりもドルトムントがシャルケ戦で見せたプレー内容を心配しているのだ。攻撃においては突破力が欠けており、守備においてフンメルス達はラッキーだった。ザネーのヘディングはバーに当たり、セルダーのシュートもポストに阻まれたのだ。




すでにブンデスリーガ4分の1が終わったが、本当にドルトムントが優勝候補に値するのかという疑問が出てきた。このダービーでは誰一人としてそれに見合う選手はいなかったのだ。ジェイドン・サンチョだけがなんとか攻撃においてアクセントをもたらすことができた。しかしマリオ・ゲッツェもマルコ・ロイスもまったくもって宙に浮いていた。


またドルトムントがアウェーで弱い点も危ないポイントだ。アウェーで勝利したのは今から2か月前のケルン戦(3:1)だ。


ドルトムントは4日間で2度も受け身なプレーを見せたが、これには対戦相手も喜ぶことができるだろう。この状態のドルトムントであればどこも恐れる必要はないだろう。





以上です。

まさにおっしゃる通りですね。やっぱり監督の性格って少なからずプレーにも反映されますよ・・・・。冬にはフォワードの補強をお願いします。

[ 2019/10/27 17:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
気持ちが見えないし相手から舐められてるなってのが今はブンデスのリーグ戦ですら垣間見えるからね
[ 2019/10/27 17:54 ] [ 編集 ]
昨シーズンはその5本のシュートの内3本が決まる幸運に恵まれ、問題がどんどん先送りになり今が在るんだわな

FWは健康で稼働率が高く点を決め捲くるオバを売らなきゃ良かっただけだし、それに変わる選手なんぞ居ない
ドルトムントはシーズンオフの補強に金を掛けすぎたから、掘り出し物以外取れないだろう
その掘り出し物を取る場合でもゲレイロは更新したし、サンチョやヴァイグルを売って金を作らないとならない
[ 2019/10/27 18:21 ] [ 編集 ]
コンテは何かというとメンタル一点張りのところがあるから、いったことを額面通り受け取れんけど、いわんとしていることはわかる。
昨日なんか前スレで書いた通り、帰ってきたロイスすらやる気がなさそうだったもんな。ドルトムントの中では多分1番勝ちたがってるのはこの人なんでしょうけど、なんか冷めてやってたよ。
これからメングラ、狼、インテル、バイエルンと続く。その後は、1つ飛ばしてバルサ。
今のままでは、どこまでもつかなー?という感じがしてるよ。
[ 2019/10/27 19:05 ] [ 編集 ]
1. バイエルン 18
2. フライブルク 17
3. ドルトムント 16

まだ3位。
首位バイエルンとは、勝ち点差たった2なんですね。

騒ぎすぎでは。
[ 2019/10/27 19:06 ] [ 編集 ]
今の内容のままならすぐ中位なのが目に見えてるから騒がれてんじゃん
[ 2019/10/28 18:27 ] [ 編集 ]
監督を変える以外に解決方法なんてないだろ
あの監督はメングラを率いてた時と同じだよ
ビッククラブになろうとしてるクラブを率いるメンタリティじゃない
ファンが求めてるのはどんな相手でも常に勝利を目指すこと
[ 2019/10/29 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。