ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

イサク!ヤヌザイ!メリーノ!ドルトムントで失敗した3人がスペインで活躍!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】
レアル・ソシエダ!強豪チームを苛立たせる!
イサク達!ドルトムントで失敗した3人がスペインで活躍!


isak98.jpg


彼らはドルトムントでは大きな落胆となっていたが、スペインでは開花している。


アレクサンダー・イサク(20)、ミケル・メリーノ(23)、アドナン・ヤヌザイ(24)の3人は大きな期待と共にブンデスリーガに移籍してきた。しかしそこで失敗している。この3人は誰一人としてドルトムントで力を発揮できなかったのだ。彼らはその後別な道を探すこととなっている。


スポンサーリンク


そしてこの3人は現在レアル・ソシエダで共にプレーしている。そして今シーズン最大の驚きとなっているのだ。それどころか、イサク、メリーノ、ヤヌザイの3人はチャンピオンズリーグ出場を夢見ているのだ。


今シーズン、優勝候補のバルサとレアルは力を発揮できていない。そのため優勝争いはこれまでにないぐらい面白いものとなっている。そしてレアル・ソシエダがそこに加わっている。日曜日に彼らはセルタ・ビーゴと対戦し1:0で勝利を収めている。


その試合ではイサクたちがまるでトップチームのように、数少ないチャンスをものにし、今シーズン6勝目を物にしている。9年前に一部に昇格して以来最高のスタートだ。


イサクは昨シーズンすでにその得点力をヴィッレムⅡで証明している。彼は14ゴールをあげ、この夏650万ユーロでドルトムントからレアル・ソシエダに移籍したのだ。しかしドルトムントは買戻し権を有している。当時SDのミヒャエル・ツォルクは“彼の活躍はしっかりとチェックしていくつもりだよ。”と語っていた。それに対してヤヌザイとメリーノのドルトムントでのチャプターは終了している。


しかし最も有名な選手はこのドルトムントの3人ではなく、マルティン・エーデガールだ。彼は100年に一度の才能とされており、16歳でレアル・マドリッドに移籍している。しかしそこで力を発揮できなかったためにオランダにローン移籍していた。そしてこの夏スペインへ戻って来たが、彼は2021年までソシエダでローン移籍する予定だ。彼は現在絶好調である。



後略



以上です。


ドルトムントから移籍した3人が今一緒にプレーしているようですね。記事の中で触れられていなかったので、補足しますとイサクは現在リーガ10試合(スタメン1)に出場し2ゴールをあげています。ヤヌザイは6試合に出場(スタメン4)し、1アシストを、そしてメリーノは10試合に出場(スタメン9)し1ゴール1アシストを記録しています。

この中ではメリーノが一番活躍しているみたいですね。イサクはジョーカーとして起用されているようですが、毎試合出場しているのは良い兆候でしょう。ファヴレにはイサクを起用するつもりは全くなかったのが残念ですね。今の状況だったら結構役に立ったと思いますが・・。買戻しオプションがあるとのことなので、今後の成長に期待しましょう。


[ 2019/10/29 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
あの時代は若手が大量にいて使い切れませんでしたね…
監督の立場からするとやりくりが大変だったろうと思います。
メリーノはかなり貫禄付きましたね。
ドルトムントに来たばかりの頃はまだ弱々しい感じでしたが、すっかりたくましく成長しましたね。
[ 2019/10/29 06:36 ] [ 編集 ]
ソシエダの試合は面白い
ウーデゴーアとメリーノはいい関係を築いてるのでこれからも良い試合が多いと思う
イサクはもっとスタメンで観たい
[ 2019/10/29 08:44 ] [ 編集 ]
失敗したも何もメリーノとイサクはチャンスすらもらえていなかった。
ヤヌザイにしてもユナイテッドからレンタルだったから一応使っとかないとだったな。
[ 2019/10/29 15:04 ] [ 編集 ]
 イサクが優れた才能があるのはわかってたのに、二番手としてすら使われずにシュールレがCFとしてプレーしていたのは見ていてゲンナリしました。チャンスを得られるチームにいけて本当に良かったです。
[ 2019/10/29 15:12 ] [ 編集 ]
メリーノはドルトムントの出場チャンスでミスが多かったような…
ドルトムントに来る前は若いのに視野が広いプレーヤーと聞いて凄く期待したんだけどね
才能が開花したようでなによりだよ
[ 2019/10/29 18:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。