ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!マテウス!BVB監督のファヴレを批判!後任候補を挙げる!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マテウスが批判!

これがドルトムントの監督候補だ!


mattaus.jpg

ドイツ代表最多出場記録保持者のローター・マテウスがドルトムントのルシアン・ファヴレ監督を猛烈に批判している。ドルトムントのプレーにはファヴレの足跡がまったく見られないとし、“私はファヴレがもはや選手に達することができず、終わってしまったと感じている。”とスカイのコラムでコメントしている。

スポンサーリンク


現在5位にいるドルトムントだが、ここ数週間プレー態度も結果もそぐわない状態が続いている。“残念ながら彼らをかつて強くしていたものが今では見られないね。いったい彼らはどの哲学に基づいてプレーしているのだろうか?ポゼッション?カウンター?アグレッシブさ?”と彼は語る。


それに加えて彼はドルトムントでは自分たちを批判することが少なすぎると考えているようだ。“ドルトムントでは、現実にはそうでないにも関わらず、良い事ばかり言いすぎだね。そろそろ解決策をみつけださないと・・。”と彼は語っている。


マテウスはファヴレがドルトムントにとって正しい監督であるとは思っていないようだ。彼によればラルフ・ラングニクとジョゼ・モウリーニョがオプションとなるようだ。“二人とも素晴らしい監督だね。監督交代の可能性があるクラブはどこでもこの二人は考えなければならないだろう。実際の所、手が空いているトップレベルの監督は少ないからね。”と語っている。




以上です。

確かに今のドルトムントのプレーにはチームの個性みたいのが全く感じられないですよね。ポゼッションもカウンターも中途半端です・・。

ラングニクのプレースタイルはかつてのドルトムントには合っていたと思いますが、今からだといずれにせよ一からやり直しですよね。

もはや優勝メンバーなんてほとんど残っていないので当然と言えば当然なんですが、プレスにもいかずにちんたらプレーしている若い選手たちを見ると、いったい何が起こっているのか時々疑問に思います・・・。

[ 2019/10/29 09:16 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
ファブレは酷いのは当たり前だけど、それよりコヴァチが酷いし、RBのナーゲルスマンなんてそれより下だ

まー徐々に入れ替えずに既存のメンバーを消していったファブレがドルトムントをこうするのは判ってたじゃん
少なくてもチームを知ってる香川は残しておくべきだったし、ヴァイグルも起用していくべきだった
ホント黄と黒のボルシアMGの出来上がりだな、ファブレを追い出した本家は今は首位だけど
[ 2019/10/29 11:47 ] [ 編集 ]
情けねーな。
敵のOBに内政干渉されたよ。
もはやバイエルンの敵ですらないといわんばかりだな。
[ 2019/10/29 11:54 ] [ 編集 ]
 クロップが定着させたトランジションからのハイプレスは出来る人が今ではロイスしかいません。あの頃のフットボールは過去のものと考えるべきでしょう。
 モウリーニョは今の戦力に合ってるし面白そうだけど、BVBサポ達が望む攻撃的なフットボールではないので、どうですかね。
[ 2019/10/29 15:02 ] [ 編集 ]
獲れるはずない監督の名前出されても何の説得力もないんだけどね。
専門家なら一般にはあまり知られていない将来有望な若手監督の名前をあげてほしかったわ。
[ 2019/10/29 16:36 ] [ 編集 ]
ブンデスはライプツィヒ以外どこも終わってる。まともな監督がいない
[ 2019/10/29 19:04 ] [ 編集 ]
そうやって監督が変わるたびに外野から色々言うなら、マテウスさんがやってみれば?と思います。
[ 2019/10/29 21:45 ] [ 編集 ]
マテウスはドイツの松木だから今更無理だろ
本体セルジオ見たいな感じだけど
[ 2019/10/30 19:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。