ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙!香川、プリシチら移籍した選手の活躍に言及!《ドイツの反応》

【ルーアナッハリヒテン】

プリシチ!結び目がほどける!!イサークはマッチウィナーに!

pulipulio.jpg


元ドルトムントのクリスティアン・プリシチでのチェルシーでの結び目がほどけた!またアレクサンダー・イサクもその得点力を示している。

スポンサーリンク


クリスティアン・プリシチはチェルシーでの出だしで苦労していたが、バーンリー戦では、これまでの結び目がほどけるような活躍を見せている。彼はその試合でハットトリックを達成し、チームを4:2の勝利に導いたのだ。チェルシーは20ポイントを獲得しリーガ4位に位置している。


さらにレアル・ソシエダに移籍したアレクサンダー・イサクもその得点力を示している。彼はセルタ戦で途中交代から7分後に1:0となるゴールを挙げているのだ。ソシエダはこれで19ポイントを獲得し3位に浮上している。首位とはたった1ポイント差だ。


フォルトゥーナ・シッダールトに移籍したフェリックス・パスラクは最下位脱出を目指して戦っている。フェンロ戦では4:1で勝利し、今シーズン2勝目を挙げたところだ。彼はこれまで全試合でフル出場を果たしているが、チームは16位に位置している。


スパルタク・モスクワのアンドレ・シュルレはリーガ2位のロコモティフ・モスクワを相手に重要な勝利を収めている。新監督のドメニコ・テデスコが初勝利を飾る事となった。シュルレは55分でフィールドを後にしている。スパルタクは現在6位だ。


日曜日にはZSKAモスクワとディナモ・モスクワも対戦したが、マキシミリアン・フィリップには出番がなかった。彼は2か月ぶりとなるチームの勝利をベンチで見る事となった。


非常に苦い日曜日を経験したのがレアル・サラゴサの香川真司だ。チームは早い時間帯にイエローカード2枚で退場者を出したが、ヒホンを相手に4:0で敗れている。香川は前半終了で交代となったが、サラゴサは8位に後退している。








以上です。

ルーアナッハリテンは移籍した選手の活躍状況を定期的に取り上げています。みんなもうドルトムントにはいませんが移籍先でも頑張ってほしいですね。






[ 2019/10/29 20:07 ] 香川 | TB(-) | CM(6)
プリシッチはやっぱり凄いね。
他の選手たちは皆、1部リーグでプレーしてるだけに香川も1部で見たかった。
でも2部リーグを選んだのは香川自身なので、ここから奮起しないといけないと思う。
2部で駄目だと先が相当厳しくなってしまう。
[ 2019/10/29 21:47 ] [ 編集 ]
香川はこのチームで活躍して優勝して1部に引き上げて、というプランを描いてる。
でも現状厳しいよね。
[ 2019/10/30 08:23 ] [ 編集 ]
サラゴサの今の現状は厳しいけど、香川入団してからのサラゴサ見ていたら、如何に彼が素晴らしい選手かという事は世界に示せている。そして勿論スペイン一部にも相応しいかも。
サラゴサ昇格出来ずとも香川の個人昇格は充分有るよ。まぁ早く怪我治して再びチームに貢献してくれ!
[ 2019/10/31 13:06 ] [ 編集 ]
サラゴサは香川が入団する前のプレシーズンからリーグ一番の好調だったみたいですよ。
プレシーズンからずっと自信持ってたってアティエンサが言ってました。
攻撃力がとにかく凄くてドワメナが一番ゴール決めてましたね。
[ 2019/10/31 18:37 ] [ 編集 ]
10/31 18:37
凄いですね プレシーズンまで調べて
香川は参加出来てなかったから
様子は分かりませんでした
ドワメナが一番ゴールを決めていたんですか
とても残念ですね
今はスアレスがサラゴサでは一番ゴール決めてるから
これからも頑張って欲しいですね
香川も早く体調を戻して
活躍を楽しみにしています
[ 2019/11/01 12:38 ] [ 編集 ]
プリシッチまたゴール決めたね!
[ 2019/11/03 06:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。