ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト鎌田!ヒュッター監督とチームメートが絶賛!契約延長も?《ドイツの反応》

【フスバールニュース】

多くのポテンシャルを持った“すばらしい若者だね!”

ダ・コスタとヒュッターが鎌田を称える!


kamada11.jpg


鎌田大地は、二人のセンターバックと並んで、ヨーロッパリーグのリュッティヒ戦でのマッチウィナーだった。この日本人は2アシストしたのだ。ダニー・ダ・コスタと監督のアディ・ヒュッターはまだ成長の途中であるこの攻撃選手を褒めている。

スポンサーリンク



アイントラハトとリュッティヒとの試合は派手なものではなかった。得点を挙げたダヴィッド・アブラハムとマルティン・ヒンターエッダ―が特別な瞬間を作ったが、そこには鎌田大地も関わっている。“最初のセットプレーは素晴らしかったね。”とヒュッター監督は当紙の質問に対して答えている。鎌田はロングボールをゴールファーサイド際にいたアブラハムに送ったのだ。そしてアブラハムはそのクロスを押し込んでいる。



そして2:0へと導いたコーナーキックも理想的だった。ヒュッターは、“ボールはまさに良いスピードで最初のゴールポストの所にやって来たね。”と語るが、鎌田はまだ成長しきっておらず、これからも伸びると見ているようだ。“大地は今成長の真っただ中だ。彼はこれまで不運もあったが、まだまだポテンシャルがあるよ。”ともう少し我慢するように語っている。“彼は我々の下ではちゃんと時間を貰うよ。”と彼は語ったが、3つの大会の負担にも慣れなければならないとのことだ。“それは彼にとっては新しい事だからね。だけど彼が2アシストできたことに満足しているし嬉しく思うよ。”と語っている。


また控室で隣に座っているダニー・ダ・コスタもこの日本人の活躍を喜んでいる。この日本人は1年間のローンの後で、フランクフルトに戻って来てからプレシーズン中に説得力のあるプレーを見せていた。“大地は素晴らしい若者だよ。彼はチームのために良く働くし、多くのチャンスを作っている。そして時には自分にもチャンスも作っているね。”とコスタは彼を褒めたたえる。彼によると鎌田は、“最初の数週間、ゴールにならなかったのは少し不運だったね。”とのことだ。しかし今回は“素晴らしいコーナー”と“スーパー・フリーキック”がチームを成功に導いている。“大地が2つともアシストしたのは素晴らしい事だよ。”と彼は語る。


鎌田のトロイデンへのローン移籍が良かったのは明らかだ。この日本人はそれ以来明らかに自信に満ちている。おそらく彼の将来に関する話し合いも間もなく持たれる事だろう。鎌田はノーゴール・ノーアシストでもブンデスリーガでプレーできることを証明している。彼の契約は2021年までとなっている。





以上です。

グラートバッハ戦でも2アシストをした鎌田選手ですが、これからが楽しみですね。フランクフルトは今日ポカールで宮市選手のザンクト・パウリと、そして次はリーガでバイエルンと対戦します。このまま活躍が続けば今シーズン中に契約延長はありそうですね。







[ 2019/10/30 18:37 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
放出候補だったりしたのに、ほんと一瞬先は光か闇かって世界だな
[ 2019/10/30 19:21 ] [ 編集 ]
スタンダール戦のFKは鳥肌モンだったな。
多分、鎌田が蹴った位置からは、相手の選手がブラインドになってボールの落下地点が見えていなかったはず。それをピンポイントで味方が走りこんでくるところに合わせやがった。
スゲーの一言だよ。
後は点取るだけ。
これやり始めたら本人もクラブもエライことになるな。
楽しみで仕方ないですよ。
[ 2019/10/30 19:28 ] [ 編集 ]
彼は今、壁にぶち当たっている。ブンデスのGKとDFの壁にね。アシストは出来るがゴールは決められない。何かを掴まなければならない状況だと思う。
幸運なのは、監督が彼の素質をまだ高く買っていること。
[ 2019/10/30 21:17 ] [ 編集 ]
>“彼は我々の下ではちゃんと時間を貰うよ。”
とても有り難い事です。文字通りで、有る事が難しい。
[ 2019/10/30 23:56 ] [ 編集 ]
ポテンシャルの高さは冨安と同等レベルだと思う。
セカンドストライカー的な立場でアシストだけで終わるのかゴールゲッターにもなれるのか、今がまさに正念場。
ここを乗り越え覚醒したらやばい選手になる。

[ 2019/10/31 03:40 ] [ 編集 ]
今の日本代表は本当に強いですし、CF大迫とトップ下南野の中央が生命線で、2人の得点力が素晴らしいですね。
南野はすっかりエースで頼もしいですし。
サイドと比べて中央の控えはなかなか見つからなかったですが、ようやくトップ下鎌田(CF南野)も加わりましたね。
前線は個のある選手ばかりで、皆どこでもプレーできるから、試合中のポジションチェンジがかなり効果的なんですよね。
[ 2019/10/31 06:26 ] [ 編集 ]
元々ゴールゲッターじゃないだろ
無知が多すぎ
[ 2019/10/31 07:20 ] [ 編集 ]
>元々ゴールゲッターじゃないだろ
無知が多すぎ

このコメント欄のどこに元からゴールゲッターみたいな書き方をしてる人がいるのやら。
無知などという言葉を使って煽る前に、少しは読解力を身につけましょうね。
[ 2019/11/01 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。