ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレがドルトムント最大の問題点を挙げる!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ファヴレがドルトムントの問題点を挙げる!

favre13.jpg


ボルシア・ドルトムントはうまく行っていないが、それは何もシャルケとのダービーで引き分けて初めて明らかになったわけではない。

スポンサーリンク


この危機的状況の問題は様々だ。ドルトムントの守備は安定しておらず、相変わらずセットプレーからの弱点を克服できていない。そして最近では攻撃陣の無計画さが明らかになっている。


ファヴレ、ドルトムント最大の問題点を挙げる。


さらに細部に注目すると問題点はより多岐にわたる。いったいファヴレはどこから着手するべきだろうか?


ドルトムントは水曜日にポカールでグラートバッハと対戦するが、ルシアン・ファヴレ監督はその一日前にドルトムントの問題点について言及している。


“シャルケ戦ではプレッシングにやられてしまった。それが多くを表しているね。多くのチームは前線から非常にアグレッシブにプレッシングしている。我々はこのプレスを避けるためにより素早くプレーしなければならない。そしてもっと多くワンタッチプレーをしなければならない。いつもうまく行くわけではないが、その部分で成長しなければならない。”と語ったのだ。


ファヴレによるとグラートバッハも力強いプレスで輝いているとのことだ。ドルトムントはこの問題がすぐにでも改善されることを望んでいる。


しかしファヴレはシュートについても言及している。“我々はシャルケ戦では2,3回決めなければならないチャンスがあったね。”


グラートバッハ戦はKOラウンドとなるため、より賢くなければならないとのことだ。SDのツォルクは“もう後になってから対処することはできないからね。”と補っている。




以上です。

プレスを避けるためにボールを早く回すという事ですかね。しかしファヴレはこれまであまり中央を経由したボール回しはしていませんが、サイドに起点を作ってボールを回せという事でしょうか・・。シャルケ戦では相手陣内でボールを受け取ったアザールが、スペースがなくて自陣に向かってドリブルで逆走し、最終的に相手3人に寄せられてボールを奪われていましたが・・。


ドルトムントもプレスで勝負してボール奪ったらそこから速攻でカウンター仕掛けてほしいですけどね。


[ 2019/10/30 20:13 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
チーム一、少ないタッチ数でボール回せる人をよりによってトルコだスペイン2部あたりにリリースしといてそれはないだろ。
攻撃サッカーやるなら、中盤の支配力が守備の決め手なのは中学生でもわかってることなんだが、、、
[ 2019/10/30 20:58 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレスは今の面子には向かない気がする。クロップ居ないし。
[ 2019/10/30 21:23 ] [ 編集 ]
>チーム一、少ないタッチ数でボール回せる人をよりによってトルコだスペイン2部あたりにリリースしといてそれはないだろ。

その彼の「今の状態」を知っていたら、そんな失礼な話は出てこないはず。
ファンならせめて移籍先で活躍してから言いましょうよ。
[ 2019/10/31 18:21 ] [ 編集 ]
格下同等とやるときにゲームメイクできる選手がそもそもいない。あくまでロイスはアタッカー、サンチョはどちらも担ってるけど中央のゲームメイカーがいない。香川が長年その穴を埋めてたけど抜けてからは代わりが結局いない。
なのに補強はアタッカータイプばかり、ブンデスの傾向としてまともなゲームメイカーがいないチームは安定して格下に勝つのは難しい。
[ 2019/10/31 21:23 ] [ 編集 ]
ドルトムント

2017-18 4位 CLグループリーグ敗退
2018-19 2位 CLベスト16

これらをお忘れなのか…
ダメージの大きさは明らかにデンベレ、ムヒタリアン、ギュンドアンらでしょう。
[ 2019/11/01 23:48 ] [ 編集 ]
ロイスは昨シーズン21ゴール13アシストしてチームも2位だったんですけど。
年間MVPのトップ下ですから。
[ 2019/11/02 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。