ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ポカール】ドルトムント!グラートバッハに勝利!ファヴレは喜びのあまり負傷!《ドイツの反応》

【ビルト】

ブラントが監督を守る!
ファヴレ!喜びのあまり負傷!


favre44.jpg


この勝利はルシアン・ファヴレを解き放つものとなった。しかしそれでも痛みを伴うものであった。


ドルトムントはグラートバッハを相手に2:1で逆転勝利をおさめ。ベスト16への進出を決めている。最近批判されているファヴレにとっては非常に重要な勝利となった。


スポンサーリンク


ユリアン・ブラントが80分にヘディングで逆転ゴールを決めると、ファヴレはサイドライン際で飛び上がって喜びを露わにした。すると突然彼は左太ももを抑え、非常に痛そうな顔を見せている。喜びのあまりに負傷だ!


それも不思議ではない。その9分前まではドルトムントが負けるとみられていたからだ。トゥラムがそれまで弱々しかったドルトムントを相手に71分に先制ゴールをあげたのだ。


しかしその後ブラントが素晴らしいプレーを見せる。彼は77分に同点ゴールを決めると、そのたった3分後にヘディングで逆転ゴールをあげている。


その後話題となったのは監督だった。ファヴレは喜びのあまり負傷し、グラートバッハのマルコ・ローゼ監督はレッドカードで退場だ。


ドルトムントはブラントのおかげで次のラウンドに進んだ。また今日の試合を風邪で欠場したフンメルスに良いニュースが届いている。ドイツサッカー協会のディレクター、オリバー・ビアホフがフンメルスの代表復帰を期待していると語ったのだ。


ビアホフ:“私はどの選手ともお別れはしていないと言ってきた。もしそうなら花束と引退試合を用意したと思うよ。”


ビルトの情報によると、フンメルス自身も代表復帰を望んでいるとのことだが、レーヴ監督にとっては直前の準備になるまで話題にならないだろう。




以上です。

グラートバッハは最初から良いプレーをしていましたね。さすがに71分に点を取られた時は負けを覚悟しましたが、その後ブラントが非常に良いプレーをしましたね。ちょっとサンチョが決めきれないのが心配ですが、まあとにかく勝ってよかったです。


[ 2019/10/31 06:58 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
とりあえずグラートバッハ相手にいい結果になって良かった
これで良い流れになると良いんだけど
[ 2019/10/31 09:03 ] [ 編集 ]
今日の勝因は、前から言ってきたようにブラントを433左インサイドで使ったこと。
メングラが前3枚で最終ラインにガンガンハイプレスしてくるのにかなり手こずったけど、その分マイボール時にブラントが動けるスペースができた。ダブル股抜きは思い切って狙ったのが良かったな。
[ 2019/10/31 12:32 ] [ 編集 ]
何だかんだ今季もおなじみのチームが上位に来そうな感じでしょうかね。
[ 2019/10/31 18:18 ] [ 編集 ]
途中出場のゲッツェも今日はよくやったと思いますが、やっとパコが帰ってくるかと思うと安堵の思いです。
ファブレの自業自得とはいえCF不在の中、ここまでよくCLもリーグもカップも望みを繋いで来たと思います。
ここからシーズンのひとつの山場を迎えますが、これを機にまた上り調子になっていってほしいですね。
[ 2019/10/31 20:52 ] [ 編集 ]
ポカールの試合、前はDAZNでドルトムント等も見られたんだけど今節はバイエルンと
シュットガルトだけしか見られない…
シュットガルトは遠藤所属だかららしいけど(ベンチ入も出番無し)何故フランクフルトやブレーメンも放送無くしたんだろう?
決勝位迄進まないとDAZNで見る事は難しそうで残念。
[ 2019/10/31 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。