ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙!香川が逆転ゴールをあげたヴォルフスブルク戦を特集!《ドイツの反応》

【ルーアナッハリヒテン】


ヴォルフスブルクはホームで29試合無敗。そしてドルトムントと対戦!

kagawa9990.jpg

シーズン15/16のヴォルフスブルクはホームで絶対的な強さを誇っていた。無敗記録は29試合にも及んだのだ。これはクラブの記録だった。しかしその試合でトゥヘルは正しいジョーカーを起用している。

スポンサーリンク


2014/2015年でドルトムントの一つの時代が終わる事となった。ユルゲン・クロップが7年の時を経て辞めたのだ。そして再び上を目指すべくしてして、トーマス・トゥヘルがやってきた。ボルシア・ドルトムントは15節を前にして32ポイントを獲得し2位に着けていたのだ。


ドルトムントは自信を持ってヴォルフスブルク戦に臨んだ。ヴォルフスブルクの29試合連続無敗記録を終わりにするために。しかしドルトムントはポゼッションでは上回り、開始20分までに7本のシュートを放つ。


その後ヴォルフスブルクは最初のチャンスを作るのに成功するも、ドルトムントは相変わらず試合をコントロールする。そしてその結果に相応しく、32分にドルトムントが先制したのだ。


ヘンリク・ミキタリアンがギラヴギからボールを奪い、マルコ・ロイスの前にパスを出したのだ。ロイスはキーパーのディエゴ・ベナリオをかわし1:0としている。ヴォルフスブルクはその後、同点にしようとプレッシャーをかけるも、それは成功しない。


しかし後半に入ってからヴォルフスブルクは多くのチャンスを作る。それでもなかなか1:1とすることができない。時間はドルトムントにとって有利に進む。そしてヴォルフスブルクへのプレッシャーが高まる。


アディショナル・タイムになってまだ当時ヴォルフスブルクでプレーしていたアンドレ・シュルレが、ペナルティー・エリア内でドリブルで仕掛ける。ルーカス・ピスチェクが彼を引っ張ってしまいPKだ。リッカルド・ロドリゲスがこのPKを決めて同点としている。


香川真司によるラスト・ミニット劇


これはドルトムントにとって痛恨の一撃だったが、ドルトムントはこれに参ることなく、全力で攻める。


ゴンザロ・カストロがピスチェクにパスを出すと、彼はミキタリアンのサイドにパスを出す。このアルメニア人は躊躇することなくそのボールをボレーキックで中央の香川にパスする。途中交代で出場したこの日本人はそこからシュートを放ち2:1としたのだ。


この喜びは大きなものだったが試合はまだ終わりではない。最後に攻撃をしかけたのはヴォルフスブルクだった。最後のクロスがペナルティー・エリアに到達する。ビュルキがジャンプしそのボールを手堅くキャッチする。ボルシアは3ポイントを獲得し、ようやくほっとすることができたのだ。




以上です。

この逆転劇は香川選手の名場面の一つですね。ドルトムントは今週ヴォルフスブルクと対戦しますが、好調(とは言ってもヴォルフスブルクはポカールでライプツィヒに1:6で敗れたばかりですが・・。)のヴォルフスブルクを相手に良い試合を期待します。


[ 2019/11/01 18:23 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(15)
途中出場からの逆転劇でしたね。
今でもスカパーに録画してあった試合を見ます。
改めて香川にとってトゥヘルの解任は大打撃だったと思いますね。
もちろんあの時は今よりずっと控えの層が薄かったのと、翌年も怪我人だらけだったというのはありますが。
香川にとってはボシュの就任がすべての歯車を狂わせた感がありますね。
[ 2019/11/01 18:57 ] [ 編集 ]
懐かしいなぁ
シャルケ戦のチップループと並んで第二次ドルトムントでのハイライトだね
[ 2019/11/01 19:08 ] [ 編集 ]
ピスチェクにパス出したのも香川だったような記憶がありますw
このときのドルトムントは脂ののった素晴らしい選手が揃ってましたね。今の若手主体のドルトムントも、成長してこのときのチームみたいになってほしいです。
[ 2019/11/01 19:37 ] [ 編集 ]
こういう過去の栄光を特集されると終わった選手みたいだ。
[ 2019/11/01 20:16 ] [ 編集 ]
懐かしい…今でも語り継がれるのは嬉しいですね。
[ 2019/11/01 21:28 ] [ 編集 ]
1年以上に渡るヴォルフスブルクのホーム無敗記録が終わった瞬間でしたね
シュールレのあれはダイブだった記憶がピシュチェクがむちゃくちゃ怒ってたし
オーバメヤンとかもすでに下げた後だったんで本当劇的ゴールで叫びました!


[ 2019/11/01 21:55 ] [ 編集 ]
もう4年も前なんだ…
やっぱりサッカーはグローバル化してブンデス全体のレベルが上がってるよね。
写真に写ってるパク・チュホとか、今のドルトムントならまずベンチ入りできないからね。
[ 2019/11/02 00:06 ] [ 編集 ]
懐かしいです。90分でのゴール
決まった時のズポやシュメのドヤ顔ビシュチェクのガッツポーズ、トゥヘルは看板だったか蹴っ飛ばして退場になったような(^^)
ギュンが負傷して香川との交替でした
ゴールの時ギュンも喜んでましたね
あの頃のメンバー今よりはドルらしい熱い試合してましたね
[ 2019/11/02 02:17 ] [ 編集 ]
あれは興奮して寝れんかった
[ 2019/11/02 08:33 ] [ 編集 ]
ドルトムントのお膝元のメディアが取り上げてくれるのは嬉しいですね
シャルケダービーの前とかも必ずと言っていい程香川の活躍ぶりが紹介される
今はブンデスもプレミアやリーガに比べ実力や人気でかなり下降気味になってますが
この頃はブンデスも熱かったな!
[ 2019/11/02 09:47 ] [ 編集 ]
>やっぱりサッカーはグローバル化してブンデス全体のレベルが上がってるよね。

そうでしょうか?当時はブンデスリーグはランキング2位でしたが、今は4位。ドイツ代表も当時1位、今は16位…
完全に落ちてますよ。有名選手は殆どプレミアかラリーガか、パリかユーベ。バイエルンでさえバルサのベンチを有り難く受け入れる(コウチーニョ)ざまですけど。

この試合のスコアブック見たら、フンメルス、ソクラテス、ヴァイグルはウィルス性胃腸炎でベンチ外と有りました。だからパクもベンチ入り(途中出場、カストロと交代)できたんだけどね。
[ 2019/11/02 10:50 ] [ 編集 ]
>こういう過去の栄光を特集されると終わった選手みたいだ。

日本ではこういう過去の栄光すら皆無な「香川以下」の選手達が香川「以上」に持ち上げられてきましたよね
昔も今も


[ 2019/11/02 15:44 ] [ 編集 ]
何にでもネガキャンしたい人がいるのは悲しいことですね
[ 2019/11/02 16:44 ] [ 編集 ]
過去の栄光、、メッシやクリロナ、ネイマール等の選手達も終わった選手になりますね
色んな特集されてますもんね
文句つけるためなら矛盾も辞さないとは、さすがですね
[ 2019/11/02 23:24 ] [ 編集 ]
>そうでしょうか?当時はブンデスリーグはランキング2位でしたが、今は4位。

ブンデス今3位なんだが?
やたらブンデスをネガキャンしたい人が多いね
[ 2019/11/03 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。