ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブレーメン大迫!スタメン復帰目前!《ドイツの反応》

【Deuchstube】

ブレーメン!フライブルク戦で大迫スタメン復帰か?



ブレーメンはブンデスリーガ第10節、ホームでフライブルクと対戦する。ブレーメンは今週ポカールでハイデンハイムと対戦し、4:1で勝利したが、コーフェルト監督はおそらくスタメンを入れ替えてくるとみられている。


スポンサーリンク


最も重要なのは、大迫勇也が、ポカールでの20分のプレーの後で再びスタメンとしてプレーする事だ。そのためジョシュ・サージェントが彼の代わりにベンチとなる可能性がある。彼はここ6試合スタメンで出場していため、休養にもなるだろう。大迫は負傷から完全に回復しており、プレーは問題ない。彼は金曜日の最終トレーニングでそれを示している。


さらにフライブルク戦ではヌリ・シャヒンが6番として再びスタメンに戻る可能性が高い。フィリップ・バルグフレーデが代わりにスタメンから外れるだろう。バルグフレーデはハイデンハイム戦では良いプレーをしたが、6番としてはシャヒンの方が現時点では上だ。


さらに守備においても変化がありそうだ。右サイドではミヒャエル・ランに代わってテオドール・ゲブレ・ゼラッシーがプレーするとみられている。またセンターバックアではヴぇりこびっちの隣でエマー・トプラクがプレーする予定だ。



予想スタメン
パヴレンカ
フリーデル、トプラク、ヴェリコヴィッチ、ゼラシー
シャヒン、
クラーセン、エッゲシュタイン
ビッテンコート
ラシカ、大迫



以上です。


いよいよ大迫選手がスタメンで復帰しそうですね。ブレーメンはここ5試合で一度も勝利していないので、そろそろ勝ちたいところですね。
[ 2019/11/02 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(8)
大迫を見ていると、やはりサッカーにおける「対人の強さ」の重要さを思い知らされますね。
体を張れるから試合から消えないですし、トップ下、サイド…どのポジションに移動してもプレーレベルが落ちず、どっしりとしていて常に高いテクニックで貢献してくれます。
優雅にさえ思います。

さすが頼りになる日本のエースですね。
存在感が抜群です。
[ 2019/11/02 19:19 ] [ 編集 ]
懐の深さがジダンを思い出すね。
強くてボールが収まってキープ力が高い。
日本代表で周りから頼りにされて大黒柱になれる選手(中田や本田)はみんなそうだった。
[ 2019/11/02 19:30 ] [ 編集 ]
スタメン復帰ですぐ先制アシスト!
大迫はやっぱり凄いわ。
[ 2019/11/03 06:36 ] [ 編集 ]
強くてボールが収まってキープ力が高いのが日本のエースだと思う人がいるんですね。笑っちゃいますね。誰かを落としたいんですね。

大迫、やっと代表での地位を確立してますけど、もうお年ですよね。この先何ゴールできるのかな。
[ 2019/11/03 20:14 ] [ 編集 ]
代表でエースの大迫実力は認めますがF Wですからね是非とも試合から消えないだけじゃなくゴールやアシストも代表やクラブで少なくともM Fの選手の数字をダントツで超えないと
エースなんですから(^。^)
[ 2019/11/04 08:18 ] [ 編集 ]
>日本代表で周りから頼りにされて大黒柱になれる選手(中田や本田)はみんなそうだった。

チームの向上を願うあまり時には異分子にもなった中田と常に王様であろうとしただけの本田を一緒にしないでほしい
本田は自分がオイシイ思いをするために周囲を利用していただけだ
[ 2019/11/04 17:31 ] [ 編集 ]
逆に言えば得点を期待されずにすむエース()というのもある意味哀れですね
[ 2019/11/04 17:33 ] [ 編集 ]
やはり試合を見て改めて大迫は素晴らしい選手だと思いましたね。
来季のプレミアリーグ移籍希望という記事がありましたが、すごく見たいですね。
今季もシーズン前にかなりオファーが舞い込んでいたと書いてありました。
[ 2019/11/07 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。