ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部、鎌田のフランクフルト!バイエルンに5:1で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

バイエルン!フランクフルトに1:5で敗れる!

boabia.jpg

ニコ・コヴァチは元クラブであるフランクフルトに1:5で敗れることになった。これによってバイエルンは4位に後退している。そして首位のグラートバッハに4ポイント差を付けられている。


キャプテンのマニュエル・ノイアーはZDFのインタビューにおいて、“5失点はしてはならないね。ここで起こった事は決して奇跡ではないよ。そうなる兆候はあったね。”と語る。


スポンサーリンク


この試合を決定づけたのは開始8分のある場面だ。

ロングボールがパシエンシアに入る。彼がボアテンを相手に1対1を仕掛けるが、このポルトガル人は倒れてしまう。ビデオ審判が確認した結果、ファールはペナルティーエリアの前だった。この結果フリーキックとなったが、パシエンシアが最後の一人であることは明らかだったために、ボアテンにはレッドカードが出されることになる。バイエルンは80分に渡って一人少ない人数でのプレーを強いられたえのだ。


キミッヒは4バックの右サイドバックに入り、パヴァールがアラバと中央でプレーする事になった。左サイドは今日誕生日のデイヴィスだ。しかし彼らは今シーズン2度目の敗戦を避けることができなかった。


コスティチが25分に、そしてソウが33分に得点しフランクフルトがリードする。しかしレヴァンドフスキーが37分に一点を返すことに成功している。その前の36分にキミッヒがゴールしたがそれはオフサイドのため取り消されている。


そして後半開始早々フランクフルトが攻める。グナーブリーがアブラハム相手にボールを失ってしまう。そしてドストからダ・コスタへのパスだ。そして彼からアブラハムへクロスが入る。キャプテンはこれを決めて3:1だ。


フランクフルトのファンは、この後も、“あと1点だ。あと1点入るよ!”と応援する。


ではバイエルンは?コヴァチは前線でミュラー(公式戦500試合目)とコウチーニョを起用するも、二人ともがっかりするパフォーマンスを披露している。このブラジル人は57分に交代させられたが、シュートに一度も絡んでいなかったのだ。彼に代わってコマンが入ったが、何ももたらさなかった。


さらにフランクフルトではヒンターエッガーが61分に追加点をし、その3分後にミュラーが交代させられることとなったが、彼はこの試合シュート数0、対人勝率21%となっている。ミュラーはリーガで1146分間ノーゴールとなっている。


コヴァチに対してはこの試合前、拍手もなければブーイングもなかった。しかし彼の立場は相当怪しくなっている。彼はリーガ44試合ですでに6敗しているのだ。そして85分にパシエンシアが5:1となるゴールを決めて、コヴァチになってから最多失点での敗戦となっている。


コヴァチは、この敗戦が将来にとって何を意味するかについて質問されると、“わからない。あなたたちの方がきっとよくわかるだろうね。試合後にどうやって私がそれを知る事ができるというんだい?”と語っている。


アイントラハトのヒュッター監督はバイエルンに初めて勝利している。彼はそれまでの3試合全てで負けているのだ(1:13)。この3ポイントでフランクフルトは6位に上昇し、バイエルンに1ポイント差まで詰まっている。





以上です。



今日は予想に反して長谷部選手には出番がありませんでしたね。鎌田選手は途中からの出場でした。しかし多少メンバーを入れ替えてもこの活躍ですから、フランクフルトはまた面白くなってきましたね。最近はヒンターエッガーなどディフェンダーが良く得点しているのが強みですね。



[ 2019/11/03 05:47 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
今節はどのリーグもビッグクラブが大苦戦だったね。
やっぱり中堅クラブのレベルは確実に上がってるね。
10人とはいえフランクフルトは凄いよ。
[ 2019/11/03 06:21 ] [ 編集 ]
スゲー試合だった。
フランクフルトはパシエンシアが10分にファールもらった辺りから半ばやりたい放題。
ボアティンは本当に愚かなことしたな。パシエンシアがワザとスピード落として勝負するふりしてファールもらいにきてたのがわからなかったのかな?ノイアーと2人でかかればたぶんクリアーできたのにワザワザ足かけて最悪のレッド。この選手はたまにこういう大やらかしするんだよね。
ファールもらって後はもうゴールショーだった。バイエルンは人数少ないんだから謙虚に後ろでブロック組んでればいいのになぜか前に出て行ってスペースが大開きで玉砕。レッドのあとすぐにハピマル入れてれば3点目みたいに右のセンターバックにワンツーで左ゴール前行って点取られるようなことはなかっただろうに。大笑いした。
前スレで引っ掻き回せば面白いことになるんじゃないか?と書いたけど、それどころかバイエルンのディフェンス陣ぶっ壊しちゃった。これは当分トラウマになるね。
次に当たるドルトムントは超ラッキーだよ。
[ 2019/11/03 06:58 ] [ 編集 ]
フランクはラッキーだったね。でも良く生かした。長谷部は恐らく休養でしょ。鎌田が絡めなかったのが残念だね。鎌田で鎌は良くドイツ人調べたなと思うw。
[ 2019/11/03 07:46 ] [ 編集 ]
弱すぎて笑った
たった1年ちょいでバイエルンがここまでボロ負け出来る様にするとは凄い
他も大味な試合が多いけど、これは酷くて笑う
[ 2019/11/03 10:52 ] [ 編集 ]
 バイエルンいいぞ、その調子だ。そのまま大人しくしていてくれ。今期のブンデスリーガは面白い。
[ 2019/11/03 13:34 ] [ 編集 ]
バイエルンはトッテナム相手に7-2でボコボコにしてたのに。
分からないものですね…
フランクフルトはメンツを見ても強いですよね。
[ 2019/11/03 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。