ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴォルフスブルクに3:0で勝利し2位に浮上!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!ヴォルフスブルクに勝利!

最初のプレーは悪かったが、その後快勝している。



hazar434.jpg


ボルシア・ドルトムントはこの試合の前半戦で今シーズン最低のパフォーマンスを披露したが、それでも最終的に3:0で快勝している。これで優勝争いに戻って来た。


スポンサーリンク



ドルトムントは5つのポジションで入れ替えてきた。ヴィッツェル、ディレイニー、サンチョなどがベンチスタートとなったのだ。ファヴレは試合前に、“ローテーションしなければならないからね。”と語っていたが、その原因は、火曜日にチャンピオンズリーグでインテルと対戦するからだ。そしてその次にはバイエルンとも対戦する。


この試合はシュートチャンスこそ少ないもののインテンシティの高いものだった。最初に大きなチャンスを得たのはヴォルフスブルクだ。


▶22分:スタメンデビューを果たしたルーカス・ヌメチャがペナルティー・エリアでノーマークでシュートを放ったのだ。しかしそれはバーに阻まれている。ドルトムントにとっては最初のショックだ。


その後またしてもショックが訪れた。マルコ・ロイスが一対一の場面で足を負傷したのだ。その代わりにマリオ・ゲッツェがプレーしている。しかしフィールドを後にしたのはロイスだけではなかった。審判のトビアス・ヴェルツも負傷したために交代となったのだ。線審のマルティン・トムセンが彼の代わりに主審になり、第4審判のマルセル・ぺルグリムが線審になっている。


この前審判が途中で交代したのは2017年8月の事だ。フェリックス・ブリーヒがケルン対ハンブルク選で交代している。


ドルトムントの攻撃は非常に少なく、ヴォルフスブルクの守備にすべて刈り取られてしまった。さらにアザールのシュートはマリオ・ゲッツェにブロックされている(44分)。


後半開始直後の45分にヴォルフスブルクのブルマはコーナーキックからの先制点を逃している。


そしてその後にやってきたのがアザールだ。ヒッツからのロングボールがハキミへ。そしてペナルティーエリアでフリーだったアザールにパスが渡る。彼はそれを決めて先制だ(52分)!ドルトムントで最初のゴールだ。そしてその後の58分にアザールのパスからゲレイロが決めて2:0だ。それからはドルトムントが試合を圧倒し、67分にダフートが、そして87分にはアザールがチャンスを得るも外してしまう。

しかし88分にハンドによるPKだ。ブラントのクロスがブルマの手にあたったのだ。明らかなPKだ。これをマリオ・ゲッツェが決めて3:0とした。






以上です。

今日は土曜日ということもあり、試合を見ないで外出してしまったんですが、ドルトムントは勝ったようですね。良かったです。ここでグラートバッハとヴォルフスブルクを相手に勝てたのは大きいですね。ロイスの怪我が心配ですが、次のインテル戦はなんとしても勝利してほしいです。




[ 2019/11/03 07:06 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
3-0で勝利!2位浮上だね。
あれだけ温存して勝てたのは大きいし強い。
ロイスの交代は大事を取ってだそうでホッ。
[ 2019/11/03 07:18 ] [ 編集 ]
狼は守り過ぎていたな。開始直後から全員で守り固めていた。サイドにボールがまともいかないくらいガチガチにやっていたけど、ロイスが代わった直後くらいから少しずつスペースが開きだした。ハキミあたりが散々つっかけてたからだんだん耐えきれなくなっていった。そうなれば前のシーズンからお得意の後半勝負で楽勝だった。
次はバイエルン。
フランクフルトが守備をメッタメタに切り裂いたので続いてほしいよね。
勝てば面白いことになるぞー笑
[ 2019/11/03 08:51 ] [ 編集 ]
おー勝ったんだ
前半でロイス逝ったのはアレだけど、ボトルネックを外してヴァイグル入れればこんなもんだわな
それよかパコ使わずロイス使って怪我離脱ってのはなんなんだろうね
FW補強しても適正ポジション外の使いたい選手優先だから無理なんじゃないの
[ 2019/11/03 10:49 ] [ 編集 ]
前半は苦しめられましたがそれ以外は久々に文句なしの戦いでした
ダフードも今日の出来なら充分スタメンはれるレベルだと思います。それぞれ違うタイプで主戦級が4人いるのは心強いですね
ハキミは後半からの投入でも良いのではないでしょうか
[ 2019/11/03 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。