ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!「もう楽にしてあげるべきだ。」バイエルン会長にコヴァチ解任を勧める!《ドイツの反応》

【ビルト】
ビルトコラム!

ヘーネスさん、もう彼を楽にしてあげるべきだ!


kovaccc.jpg


ヘーネスがバイエルンの会長になってから、彼は40年で21回監督を雇ってきた。そのうち4回はウリ・ヘーネスだ。


フランクフルトに1:5で敗れた後で、ヘーネスが引退する前にナンバー22となる監督を雇う可能性が高まってきた。

スポンサーリンク


しかし彼は自分の引退前にそうなる事だけは避けたかった。彼は長い間ニコ・コヴァチをサポーとしてきたが、コヴァチはルンメニゲの望む監督ではなかった。


しかし現時点でコヴァチを引きとどめる理由はどれほどあるというのだろうか?


監督の言った通りにプレーできないからと言って、選手を責めることはできない。だけど彼らはコヴァチのためには本当にプレーしていない。選手たちはそれどころか公の場で彼を批判しているが、それが自分たちの問題から目をそらせている。後はコヴァチ自身が失言でさらに問題を複雑にしている。


ヘーネスさん。もう監督を楽にしてあげなさい。親しみやすく、敬意に値するコヴァチがボロボロになってから解任というのは相応しくない。


今の状況は2009年の4月に似ている。当時はユルゲン・クリンスマンがヴォルフスブルクに1:5で敗れ、その後バルセロナにも0:4で敗れている。その後彼は解任となり、ユップ・ハインケスに電話している。


ではいったいユップは今どうしているだろうか?おそらくこの74歳のが就任することはないだろう。バイエルンではすでにワールドカップで助監督をつとめたハンス・フリックが働いている。緊急事態にしてはそれほど悪くはない。





以上です。


まあ、もう楽にしてあげなさい、という感じではありますが、解任を促すようなコラムが出ましたね。次のドルトムント戦で負けたら解任となりそうな感じですね。


バイエルンはズィーレとエルナンデスと二人のセンターバックが負傷してますし、ボアテンもレッドカードで次の試合は出場できませんから、ドルトムントにとっては大きなチャンスですね。

[ 2019/11/03 19:24 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)
よくいるメガクラブを率いる素質はない中堅向きの監督であって悪い監督ではない。
けどバイエルンには絶望的に合っていない
[ 2019/11/03 19:32 ] [ 編集 ]
CLではトッテナム相手に7-2で圧勝するなど、強さを見せつけてますが。
ブンデスリーガでは大苦戦していますね。

[ 2019/11/03 20:25 ] [ 編集 ]
コバチかわいそう。
後任はマガトにしてやれ。
[ 2019/11/03 23:02 ] [ 編集 ]
監督のせいじゃないよね、監督に原因あったらスパーズもマンUもレアルだってバルサだってこうはならないでしょうよ。
バイエルン自体、何人の監督代えたら自分達が納得する成績だせるわけ? リバプール見てると最終的には選手替えて結果が出てる。マンCもそうだよ。
今季はPSGが面白い、リーグでは強すぎてわからないかも知れないけど、選手の意識は変わったよ。トゥヘルは頑張ってるわ、試合見るのも楽しいし。
コヴァチの試合も面白い、いつまでも反抗的で非協力的な選手は切っていけば良い、優れた若手は芽を出してきてる。コンテを追いかけてると、選手の質ってやっぱり勝利に影響するのがわかるしね。チェルシー就任して締まった試合してた時をみるとインテルの選手はやっぱり数段質が落ちるんだと感じる。
昨季2つのタイトルとった監督をもう少し、敬意をもって接した方がいいよ。
MGBの監督やフランクフルトの監督はどのリーグからきた? ドイツを強くするにはブンデスに浸りすぎた旧世代の人材は最早ガンだね。
[ 2019/11/04 00:25 ] [ 編集 ]
トッテナム戦も前半の出来は良くなかった、ただ後半ニャブリが当たって結果圧勝になっただけです
コヴァチは度重なる失言に選手もサポーターも心が離れてしまいましたね
[ 2019/11/04 00:32 ] [ 編集 ]
フランクフルト戦が終わった時点でコバチ解任が決まっていたようなので、試合終了後チームから何もコメントが出でおらず、ずっと沈黙していた理由がわかりました。今週はチャンピオンズリーグもあるし、Der Klassikerもあるのに、どうするんだろう
[ 2019/11/04 05:49 ] [ 編集 ]
トッテナムって今トップと勝ち点差18差も有る11位。トッテナム自体が今季ボロボロなんだよね。
[ 2019/11/04 08:06 ] [ 編集 ]
今季のブンデスは大接戦だね。
フランクフルトは強いし物凄くタフだ。
レスターも今上位にいるし。
やっぱり4大リーグの中堅クラブはレベル上がってるね。
[ 2019/11/04 18:58 ] [ 編集 ]
中堅クラスが上がっていると言うよりも、戦術解析が進んでいるからトップチームの対策が進んで苦戦するという方が正しいと思うけど。
フランクフルトでエースだったヴォルフなんてドルトムントでは使い物にならなかったし、アザールやシュルツだって元クラブ程(期待値程)は使えてない。
対策に対する対処が出来るから否か。トゥヘルなんて対策される前から戦術変更してたけど(笑)トップクラブ向きの監督だったんだと思う。
ペップなんて何時も対策練られているけど、それを上回る対処が偉大な監督と言われる所以。クロップは戦術解析チーム変えたら良くなった。やはり監督だけの問題では無く監督チームの対処能力と監督のモチベーションの差だね。コヴァチは選手のモチベーション保てなかったし…
[ 2019/11/05 09:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。