ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!コヴァチ監督辞任の舞台裏!選手はまったく知らなかった!《ドイツの反応》

【ビルト】

バイエルンの選手たちは何も知らされていなかった!

bbbb.jpg

ニコ・コヴァチはバイエルンの監督ではなくなった。水曜日に行われるチャンピオンズリーグのピレウス戦とドルトムント戦では助監督のハンスィ・フリックがベンチに座る。


すでにビルトが昨日20時39分に報じ、さらにバイエルンが20時52分に公式に報道しているが、この報道は選手たちを驚かせたようだ。ビルトの情報によると選手たちはこれについて何も知らなかったようである。


スポンサーリンク


バイエルンが発表したところによると、コヴァチ側が辞任を打診したようである。ウリ・ヘーネス、カール・ハインツ・ルンメニゲ、ハサン・サリハミジッチの3人と監督が話し合った末に辞任という事で合意したようだ。


ルンメニゲ:“ここ数週間のチームのパフォーマンスと結果が、何かしなければならない事を示していた。ウリ・ヘーネス。ハサン・サリハミジッチ、そして私とニココヴァチで今日日曜日に話し合いをし、彼がもうFCバイエルンの監督ではないという事になった。”


またコヴァチは、“現時点、この決断がクラブにとって正しいものだと思う。ここ最近の結果やプレー内容が私にこのような決断をさせた。”と語っている。


コヴァチはフランクフルトに1:5で敗れた次の日にバイエルンの敷地に姿を現している。コヴァチは目立たないよう地下駐車場へと入り、さらに控室へと向かっている。


おそらく彼はその時点でこれがバイエルンでの最後の一日になると思っていたのだろう。彼は試合後、“本当にがっかりしているし、バスの中では悲しかった。これがビジネスにおいて何を意味するのかは分かっている。”と語っていた。


コヴァチはその後バイエルンで最後となるトレーニングをしている。助監督のフリックが9時半に控え組とウォーミングアップを行い、コヴァチは10時14分にトレーニング場に姿を現している。これが彼の最後のトレーニングとなった。


11時01分にはヨシュア・キミッヒが最初にトレーニングを後にする。すべての選手がトレーニング場を去った後、幹部たちはさらに一時間以上も敷地内に滞在している。


14時をすぎてからキーパーコーチのトーニ・タパロヴィッチ、それからコヴァチと同様に解任された兄弟のロベルト・コヴァチ、分析アシスタントのダニー・レール、そして助監督のハンスィ・フリックが敷地内から出てきている。


コヴァチはそれよりもさらに39分間一人で敷地内に残っている。ビルトは14時58分に彼が出てくる場面を目撃している。


コヴァチは2018年にフランクフルトでポカール優勝した後、バイエルンの監督に就任しリーガとポカールの2冠を達成していた。




以上です。

解任なのか辞任なのかちょっと情報が混乱していましたが、コヴァチの方から辞任を申し出たようですね。仮に監督が変わったとしてもディフェンダーが怪我しているバイエルンは厳しくなりそうですね。



[ 2019/11/04 18:12 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ブンデスでラクに勝てる時代は終わったということ。
[ 2019/11/04 18:59 ] [ 編集 ]
幹部にサポートがなかったんだろうね、補強も高い金出して望んでない怪我人を買ったりさ、事ある毎にマスコミは監督を叩くし、5失点の原因も選手の判断で前のめりに動いた結果だったり? でなけりゃ辞めないよね。
次は何処にいくのかなぁ? 放送で見られるクラブに行ってほしい。
[ 2019/11/04 20:58 ] [ 編集 ]
1-5で負けたのがトドメだけど、その前から言動が悪すぎたからな
自分から辞めたならプレッシャーに負けたんだろうけど、自分で腹を切れるのは立派だね
少なくてもバイエルンは手遅れになる前、優勝争い出来る位置で問題の解決に向かったと見るべきなんじゃないの

対するドルトムントは、ファブレの言動が最悪だとしても何か勝ててしまい問題先送りになってるだけだから繰り返しそう
[ 2019/11/04 22:05 ] [ 編集 ]
そこまでやめるような状況でも無いんだけど
個人的になんかあったのかな?
[ 2019/11/05 16:10 ] [ 編集 ]
コバチのおしゃれなマフラー姿が見れなくなるのは残念だ。
[ 2019/11/06 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。