ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》日韓W杯、韓国戦で審判買収?ドイツ人の反応 【FIFAスキャンダル】

FIFAのスキャンダルがメディアを賑わせているドイツですが、当ブログでも前回の記事でドイツ紙が過去のワールド・カップの不正に言及する記事を紹介しました。


日韓ワールド・カップの抽選に関する不正は今の所あまり多くは語られていませんが、抽選だけでなく、審判の買収に関しても、やはりドイツのサッカーファンの間でも広く語られています。


今回は日韓ワールド・カップの、韓国対イタリア、韓国対スペイン戦での審判買収疑惑に関するスレッドからドイツ人の反応を紹介したいと思います。


ちなみにこのスレッドはトランスファーマルクトというサイトにたてられたもので、最初に経てられたのが2010年、最後のコメントが2015年5月と、細く長く続いているスレッドです。FIFAのスキャンダルを受けて今後また賑わう可能性もありますが、そのコメントをいくつかに分けて紹介したいと思います。




20150608070217852.jpg

ワールドカップ2002 韓国対スペイン、そして韓国対イタリア。



・(スレッド主)みんなまだ2002年のワールド・カップのセンセーションの事は覚えているかな?韓国が4位になって、準決勝に進出したアジアで最初の国となったんだ。

でも・・・・。何人かの人は審判の買収があったのではないかと見ているね。君らの意見はどうだい?



・その当時は、そんなにそのジャッジミスについて気が付かなかったんだけど、この試合は本当に奇妙な判定が多かったね。

イタリア戦でジャッジしたエクアドルの審判は疑わしいよ。



・↑彼のイタリア戦でのジャッジは本当にありえないよ。2人の韓国人はすぐに退場にならなければいけなかった。多くのファールが見逃されたし、トッティへのレッドカードとPKだ。何か臭うと言わなければいけないね。



・それとスペイン戦も八百長だね。僕の記憶によればスペインの2ゴールがとりけされていたはずだ。



・僕は基本的にこう言う話題は好きではないんだ。だけど当時アジアで起こったのは卑劣な行為だ。それはミスジャッジで済まされるものではない。すべては韓国の金の力で、意図的に行われたことだ。



・この試合で買収があったことは、もう皆知っていることだよ。オープンな秘密といった所だ。皆知っているのに何も対処されない。そしてすでに8年も過ぎている。



・2002年のワールド・カップは史上最悪のワールド・カップだ。この判定がなかったら僕らは少なくとも決勝に進んでいただろうね。僕らのチームは3試合で5ゴールも取り消されたんだ。そして準々決勝でのモレノの判定だ。みんな彼のウィキペディアのページを読むべきだよ。そうすれば彼が何者か分かるだろう。だけどFIFAも同じぐらい卑劣だ。それをほっとくなんてね。モレノは最近ヘロインを所持して逮捕されたっけ。酷いやつだ。(おそらくドイツに住んでいるイタリア人)


201506071903440ab.jpg

スポンサーリンク


20150608070020df2.jpg

・韓国がFIFAの助けを借りて準決勝に来たことは十分に考えられるね。イタリアとスペイン戦での判定は本当に疑わしいよ。2002年のワールド・カップはアジアで最初のワールド・カップだったし、アジア勢はそれまでそんなに成長していなかった。日本も韓国も経済が発展しており、FIFAはその金に目が眩んだんだろうね。

そして韓国の4位だ。非常に興味深いね。八百長の匂いがプンプンするね。


いずれにせよ、どうして韓国が決勝に来なかったのか、もしくは3位にならなかったのかは非常に興味深いね。そうなったらもっとお金が入っただろう。でもそうなったらさすがに怪しすぎるだろうね。

2010年の南アフリカ大会でもガーナに対して同様の笛が吹かれなかったのはこれまた興味深いね。アフリカは貧しいからかな・・。


いずれにせよ、これは明らかにされなければならない事だね。すでに8年以上も経っているけど、まあブラジルが優勝と言うのは、相応しい結果だったよ。でもさらに興味深いのは、韓国に敗れたイタリアとフランスが、後のワールド・カップで優勝したことだ。



・確かにこのいんちきについては皆が知っていることだけど、それを明らかにするのは難しいだろうな・・・・。


イタリアもスペインも犠牲者だけど、そのミスジャッジが不正だったことを証明するのは難しいよ。FIFAがアジア市場のお金を欲しがっていることは明らかだった。

僕はもう一度試合を見返してみたけど、この試合で買収があったのは間違いないね。ミスジャッジの度が過ぎているよ。それもたった一つのチームのためにね。

だけど今となってはだれも声を上げることはないだろう・・。



・↑同様に証明するのは難しいだろうね。審判もFIFAも口を開くことはないだろうからね。もし本当に八百長があったとしても、口止めの為に沢山のお金を支払っているに違いないよ。



・ほんとうに嫌なことだけど、アジアの金がほしかったに違いないね。



・あれは明らかに詐欺だ!!!スペインとイタリアが不正で涙を飲んだのは、今更強調するまでもないね。韓国のプレーは本当にフェアでなかったし、イタリア戦でのファールは本当にすごかった。でもカードをもらったのはイタリアだ。ヨーロッパの審判だったら誰一人としてそんな判断は下さなかっただろう。信じられないよ。

でもどうして今頃イライラする必要がある?これが明らかになることはないだろうね!モレノはもう罰せられているし。彼は13分アディショナルタイムをあげたこともなかったっけ?



・ヨーロッパにとってアジアは単なる金稼ぎの場でしかなかった、というのが現実だね。残念だけど。レアルマドリッドがアジアツアーに行ったとしてもそれは市場目的だ。人々に興味があってのことではないよ。



・ミスジャッジはいつの時代でもあった。だけどこれは非常に興味深いね。



・↑正直に言ってくれよ。これは不正だよ。



・みんなは、誰も証明することはできないけど、このワールド・カップで買収があったのは明らかだと思っているようだね。僕もせっかくだから意見を述べたいと思う。

僕はこのワールド・カップで不正があったとは思えないね。準々決勝や、準決勝で不正をしていったい誰が得するっていうんだい?FIFAはそれには関与していないと思うよ。確かに審判の判定はひどかった。だけどそれはFIFAの責任じゃないよ。



・↑何も直接FIFAが絡んでいると考える必要はないね。僕は韓国のサッカー協会が大金を払ったと推測するよ。



・サッカーの不正やスキャンダルについて読むのは本当に嫌だ。だけど残念だけどこれが現実だよ。



続く



一つ一つのコメントが長いので、何回かに分けたいと思います。今後八百長が無かったと主張する人が出てきたりと、議論が続いていきますが、もうこの不正を明らかにすることはできないと考えている人が多いのが、今となっては興味深いですね。


今回のFIFAスキャンダルをきっかけに、少しでも多くの過去の不正が正されることを望みます。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_6561.jpg


IMG_6565.jpg

ロマンチック ホテル
ドイツには古城ホテルとかロマンチック ホテルなどメルヒェンなホテルが沢山ありますが、管理人の住んでいる街にもありました。
今日散歩で近所を歩いていたら発見しました。ここのレストランは巷で結構有名なレストランのようです。
記念日にでも食べに行ってみたいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/08 07:13 ] FIFA | TB(-) | CM(18)
No title
世界の共通認識
韓国のベスト4は買収
[ 2015/06/08 08:03 ] [ 編集 ]
No title
「買収」と「八百長」ってまったく異なりますが、
原文だとどうなってるのかな…。
日本語には「片八百長」という言葉があるくらいですし。
「スペイン戦で八百長があった」=「韓国・スペイン両方がインチキを行った」となりませんか? 意味的にね。
[ 2015/06/08 08:17 ] [ 編集 ]
日韓共催だしアジアとして一括りに見られる。欧州からやっぱりアジアはお金で買っていると思われるのが嫌だね。
[ 2015/06/08 08:43 ] [ 編集 ]
審判はひとがったから不正がありそうな気もするけど、なんで4位どまりなんだろうとは思うな。
今の時点で十分怪しいから、怪しまれないためってのはよくわからないが。
[ 2015/06/08 09:13 ] [ 編集 ]
いつも不思議に思うんだけど、韓国サッカー協会会長であり、後にFIFAの名誉副会長とかいうポストを得たチョン・モンジュンが、スポンサー企業であるヒュンダイの創業者の息子である事実を彼らは知らないんだろうか?
それとも、こういう癒着が欧米では当たり前だから、誰も問題視しないのかな?
だって、韓国に有利な判定をさせようと思えば、違法な裏金を支払うことなく影響力を行使できちゃうんだよ?
どう考えても、彼の存在は異常だと思うんだけど。
FIFAには、他にもスポンサー企業の人間がいるんだろうか?
[ 2015/06/08 10:15 ] [ 編集 ]
No title
これはベスト4という実績刻むよりリスクが高かったと思う
韓国は総合的にベスト4に入ったことでかなり損した
これからもずっと言われ続けるんだろうな
まぁ自業自得だが
[ 2015/06/08 10:25 ] [ 編集 ]
No title
>2002年のワールド・カップはアジアで最初のワールド・カップだったし、
>アジア勢はそれまでそんなに成長していなかった。
>日本も韓国も経済が発展しており、FIFAはその金に目が眩んだんだろうね。

このように日本も悪事の片棒担いだように解釈している外国の方も、中にはいます。
本当に日本は迷惑をこうむりました。非常に不愉快です。
[ 2015/06/08 12:21 ] [ 編集 ]
No title
自分は不正行為を当事者のだれかが自分に危害が及ぶのを恐れてFBIに司法取引と保護を条件に自白する日が近いと読んでいます。
[ 2015/06/08 13:00 ] [ 編集 ]
No title
韓国人でさえあのW杯を語りたがらないように見える。
つまりそういうこと。
[ 2015/06/08 13:03 ] [ 編集 ]
No title
日本代表戦を終えた後のヴィルモッツと
韓国代表戦を終えたエルゲラなんかのコメントを
見比べるだけでも何が起こったのかよくわかりますね
[ 2015/06/08 13:42 ] [ 編集 ]
明らか審判買収してたやん(笑)
イチョンス?がPA内でマルディーニの後頭部おもいっきり蹴ってたしな。
あれは酷すぎる、今まで見たことがないほどの露骨な不正。
当時アン・ジョンファンが所属していたセリエAから追放されたのもうなずける話で外国の人達も
イタリア、スペイン戦を見てどう感じたかは皆が同じだろうね。
韓国のせいで2002日韓W杯が最悪の大会の一つになってしまった。
韓国とはほんとに関わらないほうがいい(´・_・`)...
ろくなことがない。
[ 2015/06/08 14:22 ] [ 編集 ]
No title
やっぱり福沢諭吉は正しかった。悪友のせいで(アジア)日本までもが悪いと思われる
[ 2015/06/08 14:38 ] [ 編集 ]
No title
特亜と一緒にみられると大変不愉快きわまりない

日本人はまず特亜と手を切らないと

2002年は日本単独開催にするべきだった
[ 2015/06/08 15:22 ] [ 編集 ]
No title

なんかこう、ふたつの意味で福沢諭吉が正しかったって事か
[ 2015/06/08 16:53 ] [ 編集 ]
No title
単独開催“できなかった”んだよ。直前になって共催が決まったんだから。

当時の日本サッカー協会の政治力の無さもあるけど、その段階から韓国の買収は始まってるんだよ。

証拠が出てるわけではないけど大会通して偶然で済ますには無理がある展開の連続だった大会。
[ 2015/06/08 17:24 ] [ 編集 ]
No title
何よりも、日本が同じ「一味」だと思われてることが、腹立たしくて悔しくて
共催にされた経緯も、その際の買収の疑いも、全部語ってくれる人が居ないものか

そもそも、今に続く大規模な買収招致は、ソウルの五輪の招致から始まったもんだと言われている。当時の名古屋の招致関係者が悔しそうに語っていたから、資料を探れば出てくるはず。
[ 2015/06/08 21:31 ] [ 編集 ]
この事で、正々堂々と戦った日本が、巻き添えで悪者になってもいいから、真実を明るみにしてほしいと、切に願います。
[ 2015/06/09 04:37 ] [ 編集 ]
No title
巻き添えは勘弁 日本は尋常に戦ったんだから
やつらとは関わりたくない FIFAの運営も腐ってるし...

[ 2015/06/14 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。