ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!インテルに逆転勝利!ファヴレの闘志に火が付いた!《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレの感情が爆発!

ファヴレ・オン・ファイアー!


favure554.jpg

こんなにエモーショナルなルシアン・ファヴレは見たことがない。


ドルトムントはインテルを相手に逆転勝利をおさめたが、ポカールのグラートバッハ戦以降3連勝を収めている。ドルトムントはスタートでこそ躓いたものの、良いプレーを見せている。そして驚くべきことにファヴレが変化を見せたのだ。



スポンサーリンク


このスイス人にとって重要な事は、この3連勝で彼の続投が確実となった事だ。そして次のバイエルン戦に勝利すれば、優勝を夢見る事も再び可能となるだろう。


ここ最近の勢いの原因の一つは新たなファヴレだ。彼は多くのジェスチャーを用い、叫び、ゴール時には喜びを爆発させている。そして選手に近づこうとしているのだ。普段は静かなファヴレに火が付いたのだ。

favure on2


今から数週間のファヴレは何もなす術がないように静かだった。フランクフルト、ブレーメン、フライブルク戦では先制したにも関わらず追いつれ、さらにシャルケを相手に0:0だったのだ。


しかしファヴレは変わった。それについては幹部も絶賛している。“彼は何を変えることができるのか考えたんだと思うよ。最近の彼はイキイキしているね。気に入っているよ。”とヴァツケは語っている。


その証拠にファヴレはインテル戦でコーチングゾーンから飛び出し、第4審判に制止される場面もあったのだ。


彼がサイドライン際で激しく動く彼に気が付いただろう。普段ならば0:2となった後でベンチで不貞腐れていたに違いない。


ファヴレは今試合のハーフタイムで選手たちに追いつくことができると信じ込ませるように語ったようだ。ファヴレは試合後、“私は我々のプレーは悪くないと言ったんだ。少しリスクを冒しすぎただけだね。彼らはそれを完全に利用してカウンターを決めたんだ。我々は前半のチャンスを決めることが出来ずに2失点してしまった。でも一点返してさらに攻めればすべては可能だ。そしてうまくやってのけたのだ。プレスも良かったしエネルギーもあったよ。”と語っている。


そしてファヴレ自身のそのエネルギーを見せている。彼はサイドライン上で叫び、支持を出し、スターの目を覚ましている。そしてスタジアムもハキミが決勝点を決める前に盛り上がる事となった。


ファヴレ・オン・ファイアー!ファヴレはそれどころか自分の肉離れを忘れるほど喜んでいる。

このスイス人はポカールのグラートバッハ戦の二日前にトレーニングで肉離れを起こしていたが、グラートバッハ戦で2:1とした後に、喜びを爆発させている。しかしその直後に顔をしかめて太ももを抑えているのだ。これもファヴレがBVBと一丸となった事を証明するものだろう。

favre on fire3


またファヴレと選手の関係は冷めたものとされていたが、今ではその距離も全く感じられない。ゲッツェの交代後、彼は忘れることなくゲッツェとの接点を探している。そして試合後は助監督と抱き合うと、その後すぐにフィールドに入っていき選手たちを抱擁したのだ。

Favreonfire4.jpg


ファヴレ・オン・ファイアー!

彼はこのジェスチャーによって、私はここにいる!とミュンヘンへメッセージを送っている。ドルトムントは昨シーズン0:5で敗れ首位から陥落し、優勝争いに敗れている。




以上です。

確かに最近のファヴレは今までとは違いますよね。次のバイエルン戦も楽しみですね。




[ 2019/11/06 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
とうとうファブレが覚醒してしまったか・・・
[ 2019/11/06 21:11 ] [ 編集 ]
自分の弱点に気がついたみたいだな。
クライフ大好き攻撃サッカー大好きなのになぜかかなり細かい理論派。クライフも攻撃サッカーもイケイケなのに考えちゃうんだよな。
やっと自分のカラ破ってくれそうなんで今後もこれでお願いしたいですよ。
バイエルンだけじゃなく月末のカンプノウでもやってもらいたいです。
[ 2019/11/06 21:43 ] [ 編集 ]
ピッチに入っていったファブレには驚いたよ!そしてベンチに下げたゲッツェにもベンチ迄行って労ってたね。でもその為に2点目見逃してたけど(笑)
[ 2019/11/06 21:50 ] [ 編集 ]
ヴァイグルが中盤に居れば当たり前!とは言いたいけどハキミを使い続けるのか
冬のセミかホタル見たいな輝きだな
しかしインテルが3-1-4-2とかサラゴサがボコられた時と同じフォーメーション使ってたみたいだけどトレンドになりつつあるんだろうか
[ 2019/11/06 22:54 ] [ 編集 ]
就任1年目でボロボロだったチームを立て直し、優勝争いまで引き上げただけでも素晴らしいこと。

2年目を期待しましょう。
[ 2019/11/07 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。