ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!次期監督はアーセン・ヴェンゲルか?すでに交渉開始!《ドイツの反応》

【ビルト】

バイエルン!すでにヴェンゲルと交渉開始!

wenger.jpg

バイエルンは苦しみながらもチャンピオンズリーグでグループリーグを突破し、ハンスィ・フリックの初勝利を飾った。

ピレウスに2:0だ。しかし今の話題はなんといってもニコ・コヴァチの後継者探しだろう。

最有力なのが、アーセン・ヴェンゲルだ。

スポンサーリンク


アーセナルを1996年から2018年に渡って率いたレジェンドはすでに交渉中である。さらに土曜日のドルトムント戦後には会談も計画されている。


ヴェンゲルも“beiN Sport“に対してその興味を認めており、“監督は私の人生だ。もちろん興味あるよ。”と語っている。


ローター・マテウスはスカイに対して、“バイエルンはヴェンゲルの周囲と話を勧めている。もしかしたら代表ウィーク中に一緒になるかもね。”と語っていた。


連絡を取ったのはまだ会長職にあるウリ・ヘーネスなようだが、実際に交渉の責任を担うのはカール・ハインツ・ルンメニゲのようだ。


有力とされているのが夏までの契約である。その後はトーマス・トゥヘルなどの若い監督を探すつもりのようだ。


そしてヴェンゲルもそれを受け入れるつもりがあるようだ


彼はエルザス地方の出身でドイツ語も完ぺきだ。2017年のユップ・ハインケスと同じような役割を担う事が期待されている。


一方もう可能性が無くなったのがラルフ・ラングニクだ。


彼の代理人のマーク・コジツケがビルトに対して、“我々は今のバイエルンが探しているのにラルフ・ラングニクが応じるとは思わない。だから交渉する意味はない。”と語っている。


バイエルンはすでにヴェンゲルと交渉中だが、ビルトの情報によるとフリックも彼と共に仕事をするようだ。


フリックは2試合だけ監督を務めるが、ピレウス戦でドルトムントに対するアイデアを示している。


後ろはデイヴィス、アラバ、マルティネス、そしてパヴァールとなるだろう。ボアテンが出場停止だからだ。コヴァチの犠牲者であったミュラーはゴレツカ、キミッヒとともに中盤でプレーするとみられている。最近不調のコウチーニョとティアゴはベンチとなる見込みだ。




以上です。

どうやらヴェンゲルが有力のようですね。やはりバイエルンだと経験豊富な監督は無難な選択ですね。ヴェンゲルをドイツで見てみたかったので楽しみですね。

[ 2019/11/07 17:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
在任はシーズン終了まででその後は他の人探す?
ベンゲルをバイエルンで見てみたいけど、あれほど大物がつなぎの監督でOKするのかね?
[ 2019/11/07 17:31 ] [ 編集 ]
ボシュの後のシュテガーの様に、選手達がバラバラになってしまった後は戦術家よりも性格的に温厚でモチベーター的な監督なのかもね。先ずはチームの輪や信頼関係を取り戻さないと。
ランゲニックやトゥヘルはその後だろうな…
[ 2019/11/07 17:47 ] [ 編集 ]
ベンゲルお爺ちゃんかー
高齢のベンゲルにするならハインケスで良いじゃんって気もするけど
しかしバイエルンの監督になるならベンゲルは03-04シーズン以来のリーグ優勝を得るのか
[ 2019/11/07 19:26 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガのわからないところは
フンメルスが移籍して数年で戻ってこれるところ
戦力になるのは間違いないし
みんな好きな選手だけど
ライバルチームに移ったんだよ!
なぜ何もなかったかのように受け入れられのか
それがわからない
[ 2019/11/08 05:31 ] [ 編集 ]
ベンゲルのアーセナルをボコボコにしてたのがバイエルンですよね。
今のベンゲルに立て直しができるのかというと、やはり有り得ない人選だと思うのですが…
[ 2019/11/08 11:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。