ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

サラゴサ香川!スペイン2部でのプレーする事について語る!ドイツ紙《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

元ドルトムントスター!スペインでプレー!

香川スペイン2部でプレーすることについて語る!


kagawa1234.jpg


多くのドルトムントファンは香川真司と聞けばクロップの下素晴らしい時代を思い出す。この日本人は2011年と2012年にチームを牽引した存在なのだ。そしてドルトムントを2年連続で優勝に導いている。


現在香川はスペイン2部のレアル・サラゴサでプレーしている。現在14試合を終えた時点で5位に位置しており、昇格圏まではたった2ポイント差だ。しかしサッカーの大きな舞台から香川は消えてしまった。


スポンサーリンク


“僕はサラゴサで幸せですよ。まだすべてにおいて理解するのは難しいですけれど、スペイン語を話せるように努力しています。”と香川はマルカ紙のインタビューで語っている。彼によると、2部であることは得に気にならないようだ。“小さい頃からスペインでプレーする事を夢見ていましたから。サラゴサではできるだけ良い結果を残したいですね。”と彼は語る。



香川は数年前にはレアルとも噂になっているが、それはマドリッドであってサラゴサではない。香川は優勝した時にドルトムントで注目を集め、多くのトップクラブに知れ渡る存在となった。


彼は2012年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍するが、キャリアにおいて挫折を味わっている。“あの時期は決して良い時期ではありませんでしたね。”と香川はキャリアで最悪の時期だったと語る。しかし彼は過去にこだわらず、先を見ている。“僕が良い選手であることをファンに見せたいですね。彼らはここサラゴサで僕とともに幸せになるべきなんです。”と彼は語る。


彼はこれまでの12試合で2ゴールをあげている。サラゴサはこの前のラス・パルマス戦では3:0で勝利しているが、香川は腰を痛めたために欠場している。彼のサラゴサでの契約は2021年となっているが、またそこで注目を集めるべくこのチャンスを利用するつもりだ。“後になってからこのクラブでプレーした中で最高の日本人だったと聞きたいものですね。”と彼は明かしている。




以上です。

マルカ紙のインタビューがドイツでも取り上げられました。香川選手もいなくなりブンデスリーガは少し寂しいですね。かつてドルトムントに所属した多くの選手がブンデスリーガの他のクラブでプレーしていますから、それを見るたびに余計に寂しくなりますね・・。しかしこれからのシーズン終盤に向けてのサラゴサの活躍に期待しています。

[ 2019/11/08 09:19 ] 香川 | TB(-) | CM(6)
ありがとうございます。
日刊スポーツでもインタビュー出てますけど、最悪の思い出についてのニュアンスは訳し方によって大分印象変わりますよね。
ドイツ版では、最悪だったのがマンU時代の様な印象ですし、管理人さんのマルカ訳は戻る時のゴタゴタの事の印象、そして日刊スポーツでは戻った後のドルトムント時代(降格圏迄落ちた事)だと思いました。
今迄の彼の言動から、マンU時代は結果は残せず悔しかったけど移籍そのものには後悔は無くプレミアでのチャレンジは良かった事だと言ってましたし、戻った年は「ホームのピッチが怖かった…」と言ってましたから、最悪の思い出は戻った年のドルトムントの事だと思います。
彼は朝日新聞(日刊スポーツの親会社)とスポンサー契約してますから、ベシクタシュ時代から専属日刊スポーツ記者貼り付いてましたし、日本語では日刊スポーツの様に答えていたんだと(彼の真意)思うけど、それがドイツやスペインにどの様に伝えられているかは管理人さんが教えてくれた。
[ 2019/11/08 09:52 ] [ 編集 ]
カゼひいて背中バリバリになってるのに無理して腰やってるよ。まぁよくあることだけど病気明けケガ明けは注意してもらいたいよな。
クラブ的にはまだ14節で2位以下12位まで勝ち点たった5の大混戦。これは当分続きそうなんで焦らずやってもらいたいですね。
[ 2019/11/08 10:43 ] [ 編集 ]
 チームは上手くいってないけど、スペインの温暖な環境は彼にとって居心地がいいのかもしれない。
[ 2019/11/08 10:54 ] [ 編集 ]
これまで一緒にプレーした選手の中で最高の選手はロイスと答えてましたね。
[ 2019/11/08 11:00 ] [ 編集 ]
香川ずっとスペイン憧れてる言っててスペイン語がまだまだって考えるとうーんて感じ。もちろんドイツ、イングランド、トルコ大変だったとは思うけどスペイン2部とかって言葉理解し合ってないと連携難しいんやろうから頑張って欲しいなあ。
[ 2019/11/08 14:36 ] [ 編集 ]
スカパーがDAZNから放送権奪ったと思ったら香川は干され、今年はブンデスリーガから去りましたしね
香川が居なくなってもドルトムントにクロップが居れば問題なかったですが、最高の状態からチームや歴史を破壊尽くされた後なので見る気が失せたのが最悪
せっかくドルトムントの放送がシーズン中なら毎週何かしたらの手段で見れる時代になったというのに酷い話だ
スペインでもWOWOWが放送権取得してYOUTUBEでの放送見れなくなるし、有料放送の連中はマーケティングがド下手ですねー
放送権獲得してもそのままにして広告を付ければ良い導入広告になっただろうに、ヘイトしか生まない状態にしたのは頭が悪すぎる感じですねー
[ 2019/11/09 01:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。