ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「クラブ探しが終わった!」本田圭佑!フィテッセに移籍!《ドイツの反応》

【フスバール・オイローパ】

クラブ探しが終わった!

本田圭佑!フィテッセへ移籍!


hondi.jpg


本田圭佑は、ここ数か月間クラブを探していたが、ようやく新たな雇い主を見つけた。この日本人はオランダリーグへ復帰する。



スポンサーリンク


本田圭佑は新たなクラブを見つけている:ヴィテッセ・アルンハイムだ。“オランダでプレーしたのは結構前の事になりますね。”とこの33歳は語っている。


“オランダのファンがまだ僕の事を覚えてくれていると良いですね。フィールドで説得力のあるプレーを見せるために全力を尽くしますよ。チームで重要な選手でありたいですし、スタジアムのファンの前でプレーするのを楽しみにしています。”と彼は語っている。


本田圭佑は昨シーズン終わりまで、メルボルン・ヴィクトリーと契約していた。これまで日本代表98試合に出場した彼だが、契約延長にはならなかった。


それ以来彼は新たなクラブを探し、ソーシャルメディア上でマンチェスター・ユナイテッドや元クラブであるACミランに逆オファーしていた。“どうして僕にオファーしないんだ?”と彼はコメントしている。


ホンダはフィテッセでシーズン末まで契約しているが、これによってレオ二ド・スルツキ監督とも再開する事となっている。このロシアジアンの監督はすでにZSKAモスクワで彼と一緒に仕事をしているのだ。この日本人はそこで127試合に出場し28ゴール29アシストを記録している。


また現在フィテッセの代理人を務めているモー・アラッハは2008年にフェンロのスポーツ部門部長として本田をオランダに連れてきていた。


本田が今後もカンボジアで監督を務めるかどうかは定かではない。


“現在本田は労働許可が下りるのを待っている。例外的に、本田は代表ウィーク明けからフィテッセの選手になるだろう。”とクラブは発表している。




以上です。

本田選手のオランダリーグ復帰のニュースがドイツでも紹介されていました。ロシア時代の監督と再会という事で、やっぱり人との縁は大事だと感じさせられますね。活躍を期待したいですね。



[ 2019/11/08 16:59 ] 本田圭佑 | TB(-) | CM(4)
頑張ってほしい。

一部からは本田が五輪目指すのを批判する人もいるけど、大きな目標があった方が選手としてはいいと思う。今回五輪代表は本気で優勝目指すらしいからスター枠で本田呼ぶ可能性もたぶんないし。そもそも久保や堂安や冨安みたいな若手スターはいる。仮に本田が選ばれたら戦力として本田が必要とされた証拠。選ばれなかったら単純に戦力的に必要とされてなかっただけ。
まあ今のところ可能性は低いとは思うけど、候補に上がるくらいにはクラブで活躍して欲しい。

あと本田は監督業か選手か経営者のどれか一つに専念しないと失礼みたいな声もあるけど、カンボジア側も今回契約したフィテッセも承諾してるんだから問題ないと思うし、自分の野望があるなら謙虚でも悪くないけど、強欲に求めるのも悪くない。
欲張りなのは悪じゃない。欲張りでも謙虚でも相手が拒否してるのに迷惑かけるのが悪なだけで。
[ 2019/11/08 18:41 ] [ 編集 ]
今日のヤフーの記事でチラッと見た程度ですが、スペイン行きを希望していてオファーを待っていたようですね。
2部は考えていたのかどうなんでしょう?
ここ数年は本田のプレーというのは全く見ていないのでまさかまた欧州に戻ってくるとは驚きです。
代表を引退してもメディアの話題が絶えない人ですし、自分を魅せる演出力だったり、スター性やカリスマ性というのはやはり日本随一だと改めて感じますね。
[ 2019/11/08 23:35 ] [ 編集 ]
CSKA最終年度のCLでやる気無いプレー連発して、CSKAとスルツキに砂掛けて見事敗退させて出て行ったのにね
スルツキは聖人か何かかな?
[ 2019/11/09 00:53 ] [ 編集 ]
干すために読んだのかもしれん。
[ 2019/11/09 07:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。