ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「私からオファーはしていない!」ヴェンゲル!バイエルンに反論!《ドイツの反応》

【ビルト】

ヴェンゲル!バイエルンに反論!

wenger.jpg

バイエルンのボス、カール・ハインツ・ルンメニゲと監督のレジェンド、アーセン・ヴェンゲルが電話で話をした。

しかしこのフランス人は、バイエルンの声明に反論している。


どうやらオファーをしたのは彼ではないようだ。電話をかけてきたのはカール・ハインツ・ルンメニゲとのことである。彼はその事を“BeIN Sport”において語っている。
スポンサーリンク



“彼は監督を探しているので私に興味があるか聞いてきたんだよ。”とヴェンゲルは明かしている。


すでにビルトが報じているが、水曜日に両者は話をしている。


ヴェンゲルは電話の内容について、“私は彼に、まだあまり考えていないから少し時間をくれるように言ったんだ。我々はまた来週電話をすることで合意したんだよ。それがこの話の真実だ。”と語っている。


しかしバイエルンは公にヴェンゲルを断ったと発表している。


ビルトの質問に対してバイエルンは、“アーセン・ヴェンゲルが水曜日にカール・ハインツ・ルンメニゲに電話をして興味があると伝えてきたんだ。FCバイエルンはアーセン・ヴェンゲルのアーセナルでの仕事ぶりを高く評価しているが、彼はバイエルンの監督のオプションではない。”と答えている。


ヴェンゲルはそれについて、“これには本当に驚きだね。”と語っている。彼によると、ヴェンゲルはすぐに電話に出ることができなかったために、ルンメニゲが何度も電話をかけてきたようだ。そのため失礼のないように電話を返したとのことである。そこで4,5分話をしたとのことだ。


バイエルンは先週の日曜日にコヴァチと別れている。現在は助監督だったハンスィ・フリックがチームを率いている。





以上です。

バイエルンは、わざわざヴェンゲルを断ったと発表していたので、少し違和感がありました。ヴェンゲルにだってプライドはあるでしょうから、わざわざ自分たちから断ったなんて発表する必要はないと思うんですがね・・。当然ヴェンゲルはそれに反論していますが、本当の所が気になりますね。それにしてもバイエルンはどうしてわざわざこんな事を発表したんでしょうね・・。

[ 2019/11/09 06:13 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
有名な監督を断るほどバイエルンは特別なクラブなんだ
というのを世に知らしめたかったのかな
[ 2019/11/09 09:59 ] [ 編集 ]
単純に条件で折り合いがつかずに悪い形で交渉が終わったんでしょ
ベンゲルだって自分に不利なことは話さないんだから鵜呑みにはできない
[ 2019/11/09 18:15 ] [ 編集 ]
こっそり他の監督にもオファーして給料値下げ交渉でもしてんじゃね
[ 2019/11/10 03:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。