ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バイエルンに4:0で完敗・・!5位に後退!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!バイエルン相手にノーチャンス!
0:4で敗れる!


bvbv verl


バイエルンとドルトムント!巨人同士の代決だ。しかし実際に巨人らしかったのは1チームだけ・・。

スポンサーリンク


バイエルンが4:0で勝利だ!これによってドルトムントを抜かして3位に浮上している。フリック監督効果だろうか?


ハンスィ・フリックは日曜日にニコ・コヴァチの仕事を引き継いだが、チャンピオンズリーグのピレウス戦で2:0で勝利していた。ドルトムント戦ではコウチーニョとティアゴがスタメンではなかったにも関わらず、トッテナムに7:2で勝利して以来のパフォーマンスを披露している。


これはフリック監督にとっては良いアピールだ。彼が暫定監督から本当に監督になるべきだろうか?


レーヴ代表監督はこの元アシスタントを信頼している。彼はスカイに対して、“彼にはその資格があるし、選手と接するうえで感情面でも能力があると思うよ。彼ならできると思うよ。”と語っている。


試合は最初の15分は何も起こらなかったが、その後ロベルト・レヴァンドフスキーがやって来ている。


17分:ドルトムントはコマンのクロスをきちんとクリアすることができない。パヴァ―ルがそのボールを中央に押し返すと、レヴァンドフスキーが4メートルの距離からヘディングを決めて先制だ!


レヴァンドフスキーの好調が続いている。


▶レヴァンドフスキーはブンデスリーガにおいて開幕から11試合連続でゴールした初めての選手となっている。彼はオバメヤンとクラウス・アロフスの記録を抜いたのだ。


▶レヴァンドフスキーはBVBを相手に6試合連続で得点している。元クラブに対してこのような記録を達成した選手はいない。


試合前ドルトムントのミヒャエル・ツォルクは“我々は男のサッカーをしなければならない。”と語っていた。しかしそれが見られることはなかった。ドルトムントはどちらかと言えばユースのようなプレーをし、前半は一度もシュートを放つことができなかったのだ。これは1992年にデータを記録するようになってから初めての事だ。


ドルトムントは後半からよりよくプレーしようと試みるも、すぐにバイエルンに追加点を奪われてしまう。


49分:ミュラーが左サイドから横パスを出す。レヴァンドフスキーがファールされるも、そこにいたグナーブリーがボールを押し込んだのだ。


ルシアン・ファヴレはその後リスクを冒してロイスとアルカセルを起用する。このスペイン人は69分にドルトムント最初となるシュートチャンスを得るも。ハキミのクロスをしっかりとらえることができない。


それどころか76分にはレヴァンドフスキーが3:0となるゴールをあげている。これで16ゴール目だ。これはブンデスリーガ記録だ。


しかしそれでは終わらなかった。ペリシチのクロスに対して足を伸ばしたフンメルスがオウンゴールしてしまったのだ。


ツォルクはスカイに対して、“正直に言ってこんなのはサッカーじゃない。本当に言葉もないよ。バイエルンはすべてにおいて圧倒的だった。我々は何もしなかったね。本当にがっかりだよ。バイエルンがやりやすいようにしてしまったよ。”と語っている。


またフンメルスは、“僕たちは勇気が足りず、良くなかったよ。一対一もハードさが足りなかったね。”と語った。


ドルトムントが完敗だ!



以上です。

インテル戦までの流れから、もしかしたらいけるかも、と思いましたが、だめでしたね・・。やっぱりバイエルンに勝てないようでは優勝は厳しいですかね・・・。まだ上位は混戦状態なのがせめてもの救いでしょうか・・・。それにしてもレヴァンドフスキーすごいですね。

[ 2019/11/10 05:36 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
ここ数年間はもうアリアンツではずっと大敗してますよね。
試合にならないというかホームとアウェーの差が物凄いです。
まあバイエルン側も大勝したからと言って、暫定監督のままずっと上手く行くかは分からないですが。
[ 2019/11/10 05:46 ] [ 編集 ]
アリアンツでは毎年恒例行事の様に大敗してるな
ホームでは一応勝ててるのに
[ 2019/11/10 07:43 ] [ 編集 ]
前スレで言った逆の展開になった。
レバにパス出すとこ、つまり中盤潰せばなんとかなると言ったけど、まったく相手にならなかったな。
バイエルンは守備壊れた原因になってたチアゴとコウチーニョをベンチにして4141でやったけど、上がっても下がってもお互いの距離をきっちり守って90分乱れ無し。つかドルトムントの中盤があまりに簡単に負けていたな。
[ 2019/11/10 09:11 ] [ 編集 ]
ちょっと前までフランクフルトにボコボコにやられてたのになバイエルン
監督変わってすぐって選手が一致団結するのか妙に強かったりするんだよね…
[ 2019/11/10 10:27 ] [ 編集 ]
試合を通じてファブレの狙いがよくわからなかったが、特になぜブラントを下げなかったのか疑問だ。昨日のブラントはチャレンジしないしとにかく酷かった。
[ 2019/11/10 10:41 ] [ 編集 ]
何故かブンデスリーガのチームはやってこなかったけど、ヴィツェルの奴が後ろでちんたらボール回してるとこに仕掛ければいいだけだったわな
ヴィツェルの奴は安全な位置にしか蹴らんから前や逆サイドにボールは行かないし、必ずSBやCBはヴィツェルを必ず経由する戦術なんだからタゲり易いのにね
対人は弱いからマンマークしてやるだけで良い

怪我があるサンショを先発させたり、パコを使わずゲッツェ使ったり、SBに守備が怪しいハキミ使ったり
バイエルンを他のクラブと一緒だと思ってるんかいな

バイエルンはチームの再構成を始め持ち直しつつあるけど、ドルトムントは下手に勝ってしまいファブレをクビに出来んよな
[ 2019/11/10 13:16 ] [ 編集 ]
 BVBはすぐに後ろが数的不利になる。ハメれないのにMFが前に出るし、MFとSBは追い抜かれてから守備に戻る。CBとGKが可哀想だった。何をしたかったのだろうか。
[ 2019/11/10 14:43 ] [ 編集 ]
ここ3シーズンのアリアンツでのスコア
一昨季:6-0
昨季 :5-0
今季 :4-0
少しずつ改善してるじゃん笑
[ 2019/11/10 21:03 ] [ 編集 ]
改善笑った、確かに改善してる
ファブレはボス、シュテーガーより時間と金を与えられてるが、失点1点減らすのに何十億掛かってるんだろう?
[ 2019/11/11 19:27 ] [ 編集 ]
アリアンツでいつも大敗と言うけど2017年のポカール三回戦でバイエルンと当たった時はちょうどシュテーガーに代わった後だった
前半バルトラの起用がハマらなくて押されてたけど後半はドルトムントがあと一歩の所まで追い詰めたんだよね
結局2-1で負けはしたけどオバメもロイスもいなかった試合でそこまで追い詰める事が出来たのでボシュ時代の暗黒からようやく希望を持てた試合だった
皆さん忘れてるようなので一応書きました
[ 2019/11/13 14:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。