ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》トーマス・トゥヘルは真面目な選手が好み!!最新インタビューより

トーマス・トゥヘルがチャンピオンズリーグ決勝戦が行われたベルリンでインタビューに答えましたので、その内容を紹介します。

西ドイツアルゲマイネ新聞からの記事になります。





20150609043809d69.jpg

ドルトムントでの人事について

新しい事を受け入れることが出来る選手はみな、チームに加わる事が出来る。僕は選手を心に刻みつけたいと思っているんだ。そうでなければ表面的な物になってしまうからね。控室では誰がどの役に相応しいだろうか?誰が誰にプラスに作用するだろうか?誰が誰にマイナスに作用するだろうか?それらに対して一つのビジョンを作り上げ、決断を下したい。僕のマインツでのシーズンでは半年経った冬休みにいくつかの事が起こった。不快な話は僕自らがするよ。



BVBについて


僕はブンデスリーガのトップクラブ、そして伝統のあるクラブ、そして絶対に一部のリーガには行きたいと思っていたんだ。(注:おそらく選手として)BVBでは僕はトレーナーでしかないけれど、そこに僕の全エネルギーを注入したいよ。僕はこのクラブに不変の物を見つけたし、そこで僕のタレントを開花させ、思う存分発揮させることが出来る可能性があると見ているよ。



プレッシャーについて


僕にも、あまり良くない時期があった。ブンデスリーガ、マインツでの最初のシーズンだ。後半戦は良くないもので、シーズンが悪い方向に傾いてしまう危機にあったんだ。そこでは多くのプレッシャーがあったし、試合には悩みと苦しみが伴った。だけど僕はそれを愛しているんだ。僕にはベテランのそこに根付いている選手や、観客お気に入りの選手を外した事で、チームを失ってしまう(注:もう掌握できないという意味で)のではないかという不安があったんだ。夜中に起きて寝付けないこともあったよ。その時は妻と沢山話をしたよ。そうしたらホームで2勝してなんとか座礁しなくて済んだんだ。


スポンサーリンク


20150609043811efb.jpg


どのようなタイプの選手が好きか


僕はアンドレ・シュルレのようにまじめな選手が好きだね。(注:いい子、素直な子、従順な選手)それから好奇心が強い選手、新しいことに対してオープンな選手、試合に喜びを持てる選手、そして基本的に謙虚で無条件でトレーニングに励む選手が好きだ。こういった選手は僕の愛情を受ける事になるよ。


ハンブルクとの話し合いについて。


試みは大きなもので、両者とも同意していた。でもハンブルクで、僕に監督以上の物が期待されていると感じたんだ。それによって失敗するのではないかという気持ちになったんだ。




以上です。

インタビュー全文はツァイトという週末に発行される雑誌に掲載されているようなのですが、ちょっと手に入りませんでしたので、西ドイツアルゲマイネ新聞がまとめたものを訳しました。ビルトだと全然違ったまとめ方になっていますので、時間があったらそれも取り上げてみよう思います。



好みの選手に対しては、かなりはっきりとした意見を口にしているように感じました。これに合わない選手は使われない可能性もありそうですね。要は自分の言った事(新しいこと)を素直に受け入れられない選手にはチャンスはないということですからね。


また、マインツでは半年経った冬休みの間に色々な人員整理が行われたようですが、とりあえず冬までは選手にチャンスを与えようというスタンスのようですね。


インモビレも残りたければチャンスがあるという発言をしていますし、どうなるか興味のある所です。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1495.jpg


バレエ鑑賞
ゼンパーオペラでバレエ観賞した時のカーテンコールの時の写真です。
踊りで全てを表現するって凄いですよね。感動しました!

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/06/09 06:27 ] トゥヘル | TB(-) | CM(11)
トゥヘルはかなり神経質みたいですね。今のドルには規律が必要なので上手くハマるかもしれません。香川に関して言えば控え室での態度は全く問題ないでしょう。ユナイテッドでもチームメイトやスタッフにも愛されてたしドル復帰してからも彼のまわりにはいつも仲間が寄り添って来る。ロイスにも信頼されているようですね。
[ 2015/06/09 09:12 ] [ 編集 ]
選手達としっかり対話してほしいな。いきなり考えを押し付ける監督ではないことを祈りたい…
トゥヘルのビジョンを伝えてみんな理解した上で選手達を振るいにかけてほしいな
どうも実績が少ない監督はミランとかユナイテッドのせいで信用出来んくなってる…この考えをぶち壊してほしいですね!
[ 2015/06/09 09:29 ] [ 編集 ]
管理人さんありがとう

うーん…一見どの選手にもチャンスは有りますみたく見えるが、結局俺の言うこと聞かないなら使わないよーってことなんでしょうか?
やっぱりクロップより神経質そうですねー
比べたらいけないんだけどクロップの懐の広さからどうしても比べちゃいますね
香川選手は真面目なので大丈夫かなとは思いますが、監督が変わる難しさは怖いですね
[ 2015/06/09 09:33 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルがここで発言している好みのタイプっての監督としては一般的な発言でしょう
それよりもインモービレへの残りたければという発言が気になりますね
インモービレも場合に寄っては移籍も考えると発言していましたし、どうなるでしょうか?
あとクロップ監督の本が日本でも発売されるみたいで楽しみです!
[ 2015/06/09 16:11 ] [ 編集 ]
香川は好まれそうですね。グロスクロイツは復活できるでしょうか……?
クロップが以前「ドルトムントはハードメタルだ」と言っていたのを思い出します。トゥヘルは情熱家というよりは、冷静な知将という感じがしますから、最初に戸惑ったりしないか心配です。
ただ、クロップの戦術について批判していたテキストを読んだ際、クロップの戦術は選手の平均年齢が低かった際は有効だったが、年を経ていくにつれて有効的ではなくなっていった、というニュアンスに興味を抱きました。
トゥヘルには、貴重な時間帯で失点しない我慢強さ、地味でもしっかり勝ち越せる強さをチームに身につかせてほしいと思っています。それが中位に転落することを意味するのか、次なるステップに辿り着くことになるのか、それは蓋を開けてみなければわからないのですが……。選手の年齢層が上がってきた現時点で、変化が背中に迫ってきているのは事実だと思います。
[ 2015/06/09 17:04 ] [ 編集 ]
No title
香川は愛される人柄ではあるんだろうけど、真面目なのか?
モイーズ時代の「不適な笑み」事件がすごいしっくりくるんだが
[ 2015/06/09 17:24 ] [ 編集 ]
クジャチョルを好んで使ってたように見えたから、規律を好むと言われても信用できない
[ 2015/06/09 17:45 ] [ 編集 ]
No title
グロクロはドルトムントに関しては超真面目だから大丈夫だね!
[ 2015/06/09 19:50 ] [ 編集 ]
No title
ロイスが心配だw
無免許運転とかタトゥーとか真面目とはおもえないもんなw
[ 2015/06/09 20:41 ] [ 編集 ]
No title
ムヒ重用するらしいし干される可能性もあるよな
香川ってトップ下しか出来ないし
[ 2015/06/09 21:24 ] [ 編集 ]
No title
モイーズがこの前香川に関してはいい事しか思いつかないと言ってましたよ
モイーズがもめてたのは年配の選手やイングランドの選手でしたし
香川は試合に出れてなかったりでイギリスメディアのモイーズ批判に上手く使われただけと思います
[ 2015/06/09 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。