ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部同僚のアブラハム!相手監督にタックルし、年内出場停止処分が決定!クラブは抗議!《ドイツの反応》

【ビルト】

フランクフルト・アブラハムに年内出場亭処分!



フランクフルトのダヴィッド・アブラハムに重い処分が下された。


freiburug streich


彼はフライブルク監督のクリスティアン・シュトライヒにタックルしていたが、7週間の出場停止処分が下されたのだ。それに加えて2万5千ユーロの罰金を支払う事になる。出場停止期間は11月10日から12月29日までとなる。


スポンサーリンク


フランクフルトは今年はこのディフェンダーを諦めなければならなくなった。しかしヨーロッパリーグではプレーは可能だ。


ドイツサッカー協会は火曜日の午後にこの結果をアイントラハトに伝えている。


しかしアイントラハトはこの処分に異議を唱えるつもりだ。“フライブルクで起こった事に関して、ダヴィッド・アブラハムに、ドイツサッカー協会のスポーツ裁判所と口頭で話をするチャンスを与えたい。”としている。


背景:フライブルク戦のアディショナル・タイムでクリスティアン・シュトライヒ監督は転がるボールを止めなかった。その時点でフライブルクが1:0で勝利していたのだ。アイントラハトのキャプテン、アブラハムは監督に向かってタックルし、その後フランクフルトのベンチが全員アブラハムに詰め寄っている。さらにフランクフルトの選手も詰め寄り大混乱だ。


この騒ぎが収まった後で審判はアブラハムにレッド・カードを出している。さらにフライブルクのグリフォもビデオ判定の後で退場となっている。グリフォがアブラハムの顔を掴んだのだ。


その結果グリフォも3試合の出場停止処分となっている。またフライブルクもそれに対して異議を唱えるつもりだ。




以上です。

7週間の出場停止処分となり、前半戦はもうプレーしない事になりましたね。管理人も映像を見ましたが、結構な勢いでぶつかっていますし、シュトライヒも両手をポケットに突っ込んでいますからまあ仰向けに倒れるしかないですよね・・。
動画のリンクを張っておきます。



[ 2019/11/14 05:38 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
明らかに故意ですよね、重い処分は仕方ないでしょう。フランクフルトととしては痛い!
[ 2019/11/14 07:16 ] [ 編集 ]
おーっ監督ネイマール笑
うまいこと乱闘シーン演出したな。
裁判所まで出てきたから当分この話題を引っ張れてチームの士気も高まる。
見事な一発芸だよね笑
[ 2019/11/14 10:39 ] [ 編集 ]
映像を見ると監督が相手選手に何か言ってる感じ?
[ 2019/11/14 11:05 ] [ 編集 ]
これは駄目。相手チームの監督が勝ってる状況でボールを止める訳がないでしょうが。
何故あのようなスプリントしてきて手を引っかけるような事をするのか理解できない。
[ 2019/11/14 14:42 ] [ 編集 ]
シュトライヒの方も半歩程度右に踏み出してるし、衝突の直前に右肩を出して衝撃に備えてる。
つまり、どっちもどっちでしょ。
[ 2019/11/14 15:44 ] [ 編集 ]
監督にも問題があるでしょう。手を引っ掻けている様は監督が進路を妨害してることと同じなんですから。監督の器量が足りない、大袈裟に倒れてみっともない。
どんな結末になろうと抗議は良いことです。食い下がってでも問題化し、監督にも態度を改めていただこう。
[ 2019/11/14 18:00 ] [ 編集 ]
わーお!これでシュトライヒを批判出来る奴はすげーわ
明らかに選手の暴力なのに未来に生きてるなwww

草刈場のフライブルクを率いて検討しているシュトライヒはブンデスリーガ唯一の宝だろう
[ 2019/11/14 19:31 ] [ 編集 ]
シュトライヒが何か言ってるな
[ 2019/11/16 14:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。