ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!マンジュキッチの獲得に向けて再び動く!?《ドイツの反応》

【ビルト】

マンジュキッチの獲得に向けて3度目の挑戦か?

manz.jpg


ドルトムントはこの夏1億3000万ユーロを補強に投資したが、バイエルンを優勝争いをするつもりだ。しかし11試合が終わった時点で、その結果はパッとしない。フンメルス、ブラント、アザール、シュルツの加入にも関わらず、ファヴレのチームは首位のグラートバッハと6ポイントも離されている。不満がたまるばかりだ。


スポンサーリンク


その結果BVBの幹部は冬に補強を計画している。その対象となっているのが、守備のスペシャリストとパコ・アルカセルの代わりとなるセンターフォワードだ。

マンジュキッチが来るだろうか?


ドルトムントはこれはで2度ほどマンジュキッチと噂になっている。この間噂になったのは5月の事だ。マンジュキッチを押しているのはマティアス・ザマーだ。このBVBのアドバイザーはこのクロアチア人を高く評価している。ドルトムントは、ファヴレがマンジュキッチの獲得に賛成しなかったためにこの夏彼を獲得しなかったが、また噂が過熱しそうだ。その理由として、ドルトムントの幹部たちがフォワードを補強しなかった事が間違いだと分析したからだ。


BVBにとって有利な点は、ユベントスの監督マウリツィオ・サッリが彼をチャンピオンズリーグのメンバーに登録せず、さらにトレーニングからも除外していることだ。マンジュキッチは移籍するべきだとされているのだ。ではドルトムントに来るだろうか?


マンジュキッチはベンチに座らせておくのは決して簡単な選手ではない。しかし彼は勝利へのメンタルと得点力をもたらすことができる。今のBVBにかけているクオリティーだ。


マンジュキッチ以外では、バレンシアのマキシ・ゴメスやレアル・ソシエダのウィリアン・ジョゼが候補に挙がっている。





以上です。


マンジュキッチが獲得できるのであれば今からでも獲得するべきですね。冬まではなんとか持ちこたえてもらいたいですね。

[ 2019/11/14 17:10 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
クロアチア人とドルトムントは相性悪い
結局獲得しなかったのはファブレが気に入らなかったからだろうし、そんな選手をファブレが使い続ける訳が無い
まだオバにトップをやらせた時のようにラーセンを信用して見た方がマシ
そもそもそんな移籍金があるのか?
どの道監督を変えないと上がり目は無いし、新監督を迎えた後に監督が好む選手を取るべき
[ 2019/11/14 19:22 ] [ 編集 ]
饅頭きたら、また戦術構築しなおしですし、監督変えないなら取らないべき
そもそも今のチームでもストロングポイントがどこかよくわらかないような戦術になってるし
[ 2019/11/14 19:46 ] [ 編集 ]
綺麗なサッカーだけでは勝てないので、背が高く相手も背負えて泥臭いプレーができる選手が前線に必須です。
[ 2019/11/15 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。