ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール、クロップ!BVBのサンチョを1億4000万ユーロで獲得か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

クロップ!サンチョを1億4000万ユーロで獲得か?


sancho44.jpg

どうやらドルトムントは注意しなければならないようだ。イングランドの複数のクラブがジェイドン・サンチョの獲得に本気で動き出したようだ。複数のメディアの報道によると、このドルトムとの選手は遅くとも来年夏にドルトムントを去る事を決断したとされている。


スポンサーリンク


そしてサンチョは、ドルトムントの幹部より基本的にOKを貰っているとのことだ。しかしその条件は、移籍金が最低でも1億4000万ユーロである事だ。


そしてよりによって元ドルトムントのユルゲン・クロップがサンチョを獲得しするかもしれない?


複数のイングランドメディアが報道したところによると、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリッドに続いてリヴァプールもサンチョの獲得に動き出したようだ。


さらにクロップはここ数年サンチョのファンとされており、2017年にもリヴァプールに呼ぼうとしていた。クロップは当時、“我々は盲目ではないからね。彼を見て好きになり、彼を獲得できるか考えたんだ。でもそれはだめだった。イングランドのクラブは他のイングランドのクラブには売らないからね。”と語っている。


ビルトの情報によると、クロップの興味は決して無くなってはいないようだ。そして彼とドルトムントの関係はベストだ。


はっきりしているのは、サンチョはルールを守らず、さらにその後不調に陥っていることだ。バイエルン戦では開始36分で下げられている。


ファヴレ、ツォルク、ヴァツケによれば、サンチョは夏まではドルトムントに残るべきとされている。しかし適切なオファーがあれば冬の移籍の可能性もあるとのことだ。




以上です。

サンチョの夏の移籍はもはや避けられそうにないですね。冬の移籍の可能性もあるとのことですが、それはさすがに避けてもらいたいところですね。とは言っても、最近のサンチョは心ここにあらずと言った感じなのでちょっと扱いが難しいですね。



[ 2019/11/15 17:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
 1億4000万という額は大分ふっかけてますね。この時期にこんな高額をリークしてしまうと、サンチョはもっとゴネる気がするけど、大丈夫なの?
[ 2019/11/15 17:35 ] [ 編集 ]
これは嬉しいですね
サンチョがビッグクラブ、メガクラブに行くのは当然の事として
絶対にまともな指導者がいる所に行って欲しいと思ってましたのでね
実現したら更なる成長が期待できますね
[ 2019/11/15 17:50 ] [ 編集 ]
クロップはプリシッチも欲しいなって感じだったけどチェルシーに持っていかれたしね

それよかサンチョの姿勢が移籍に対してのサインだとしたら、ドルトムントは一方的にチームに忠誠を誓え、ごねる選手を許さないとか言ってたけど前言を撤回するのかな?
移籍金に関しても固定相場じゃないのだから、1億4000万ユーロとか現状に見合ってない感じがする
[ 2019/11/15 18:51 ] [ 編集 ]
BVBの最近の若手は思い上がって規律に従わない奴ばかり
サンチョなんてリヴァプールの紳士性にはあってないし
和を乱すばかりだから絶対にとっちゃダメ
[ 2019/11/16 01:30 ] [ 編集 ]
優秀な監督に指導されることは、サッカー人生を大きく変えますからね。引退後に指導者になりたいなら、尚更。サンチョの気持ちは分かります。
[ 2019/11/16 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。