ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVB選手のエゴ・チェック!!香川のエゴは? 【ビルト】ドイツ人の反応


この間、トゥヘルが最新のインタビューで“シュルレのように真面目な選手が好きだ。”と語りました。当ブログでも西ドイツアルゲマイネ新聞のまとめた記事を掲載しましたが、同じテーマをビルトが扱うとこうなるようです・・・。ぜひ両方の記事を読み比べていただければと思います。






エゴ・チェック!!

ドルトムントのスターたちはトゥヘルに合うだろうか?


20150609211756e60.jpg

“僕は真面目な選手が好きだ。それから好奇心が旺盛で、新しい事にオープンで、エゴを隠すことが出来る選手がね。”



ドルトムントの新監督、トーマス・トゥヘルが週末ベルリンで行われた“ツァイト”のインタビューで、好みの選手について語り驚かせた。そこでどの選手がこの新監督に合うか?という疑問が出てくる。

201506092117583ba.jpg

そこでビルトがエゴ・チェックを行う!!


フンメルスと以下の選手はトゥヘルに合うだろう



100%合う選手:フンメルスや、ギンター、ミキタリアン、ベンダーのような賢い選手はトゥヘルに完全に合うだろう。彼らは口論を好まないし、新しい事柄に対しても好奇心旺盛だ。同様に:ランゲラック、カストロ、ドゥルム、ヨイッチ、ホフマンもこのカテゴリーに入るだろう。



危険な状況にある選手たち;クロップ時代のほとんどを一緒に過ごした選手たちにとっては難しい状況になるだろう。:ズボティッチ、シャヒン、シュメルツァー、ピスチェク、クバ、香川。


彼らはトゥヘルの事を受け入れられるだろうか?それとも彼にイライラしてしまうだろうか?

2015060921180076c.jpg

同様に:ソクラティス、カンプル、ラモス、インモビレ、キルヒがこのカテゴリーに分類されるだろう。彼らが苦しみ無しでベンチに座ることはもうないだろう。それから新加入のヴァイグルはキャプテンとして自分のクラブ1860を批判したことがあるが、トゥヘルはそういうことは気に入らないだろう。


ではトップスターのロイスとオバメヤンハ?彼らはまるでお手本のようなチームプレーヤーであるが、スターのような振る舞いも目立つ。バッドマンとロビンのパフォーマンスがそれを証明しているだろう。


いずれにせよトゥヘルにも例外はある。“選手が何か特別なものを持っていれば、目をつぶることもあり得るよ。だけど誰一人としてチームを自分を披露する場所として利用してはならないよ。”

20150609211801a67.jpg


絶対に合わない:ケヴィン・グロースクロイツは彼のとっぴな行動で真面目とは程遠い。トゥヘルの好む選手とはまるで反対だ。チームの大黒柱、ヴァイデンフェラーもとても“真面目”で“新しい事にオープン”で“エゴが少ない”とはいえない。

だからトゥヘルのトレーニングが始まる前に彼がチームをさる可能性は高い・・。
スポンサーリンク


20150609211818dc5.jpg


ドイツ人の反応



・時間が立てば分かることだ。


・僕はトゥヘルが4ヶ月続くとは思えないね。


・↑その通り。フンメルスだって結構チームに批判的だった。ベンチの選手にとってはもちろんチャンスだろうけどね。


・この質問はおかしい。質問は、新監督がスター選手に合うか?でなければならない。


・ドルトムントのニュースがだんだんイライラさせるな。


・このトゥヘル賛辞はいったいなんなんだろう?


・何も証明していないのは監督だろう。


・僕は誰がトゥヘルを追い出すのか楽しみだ。


・まあ彼はまだ何も初めていないんだからもう少し待とうよ。


・トゥヘルはこのビルトに書いてあるような事を本当に言ったんだろうか?ビルトがまた抜き出したんじゃないか?


・サッカーがわからない人はこのような記事を書く。


・トゥヘルを見てみなよ。2ヶ月後には彼は病気で離脱だ。残念!



・このトゥヘルはあんまり良くないね。彼には経験がかけているよ。ちょっと暗雲が立ち込めているね。


・トゥヘルはまるで飢えているようにみえるけど?彼は拒食症?


・みんなゼロからのスタートだ。


・それにしても何てレベルの低い記事なんだ・・・・。






以上です。


コメントの最後にもありましたが、これは本当にレベルの低い記事ですね。


トゥヘルは確かに“シュルレのように真面目な選手を好む(評価する)”と言ったのですが、選手のエゴをチェックするにあたって、プレー上でのエゴと私生活でのエゴがごちゃまぜになっていますね。というかそもそもエゴ・チェックになっていないような・・・。




確かにグロースクロイツは私生活は問題ありますが、彼のプレースタイルがエゴイスティックだと思ったことは全然無いですし、どこのポジションでも全力で臨む姿勢はむしろその正反対だと思います。


また行いが良い事で知られるミキタリアンですが、今シーズンの彼のプレースタイルがエゴイスティックだと批判されたことは何度もありました。(それにしてもビルトは、やたらとミキタリアンがトゥヘルのお気に入りである事を強調しているんですが、ちょっと不自然さがありますね。トゥヘルが直接彼の名前を出したのであれば別なのですが・・・)


それから香川選手がクロップ時代の殆どを経験しているから難しい、というのもかなり無理がありますし、だからトゥヘルの意見を受け入れ難いだろうというのはファンタジーですね。


トゥヘルがどのように意図して“真面目”という言葉を口にしたかは分かりませんが、それが私生活ではなくて、プレーに関してであることを願いたいですね。
やはりプロは練習を含めた態度とパフォーマンスで第一に評価されるべきだと思いますので、その辺をごちゃまぜにしないで、しっかりとした評価をしてくれればと思います。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1938.jpg

シュニッツェル
お隣の国オーストリアのウィーンで食べた本物のシュニッツェルです。美味しかったです。
またウィーンに行きたくなりました。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/09 21:50 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(40)
No title
管理人さんお笑いの記事の翻訳ありがとうございましたw
ドルトムントサポも完全に相手にしていませんね
[ 2015/06/09 22:00 ] [ 編集 ]
No title
このエゴチェックってなんなのでしょうかね。
彼らにとってOKな選手は比較的エゴを隠さない選手なんですが・・。
逆に彼らにとって難しいとする選手達は比較的エゴを隠す選手なんですが・・。
彼らは”エゴ”という言葉の意味を履き違えてるんじゃないですかね。

どう見てもこの記事はミキが好きな小学生の書いた作文レベルですね。
[ 2015/06/09 22:28 ] [ 編集 ]
No title
ミキタリアンのそういう記事は裏でライオラが動いてるんではないかと思ってますがどうですかね
エゴイストでまず最初に浮かんだのが私はミキタリアンでしたから
[ 2015/06/09 22:31 ] [ 編集 ]
まさに管理人さんのおっしゃる「ファンタジー」 な見解ですね。
ある意味おもしろかったです!
[ 2015/06/09 22:31 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスで草生えるなwクロップと一緒に過ごした選手はみんな=危機のカテゴリーなのに、フンメルスはセーフとか。

フンメルスはプレースタイルが散々ドイツ代表であがるなとか批判されても替えないとか言い切ってきたし、移籍するかもとか突然言い出したし、トゥヘルとまだ何もやってないのに従順とか。
契約は2017年に切れるのに来年やっぱ移籍するわとか言い出す可能性が一番あるのがフンメルスに思えるんですが。
[ 2015/06/09 22:31 ] [ 編集 ]
完全に管理人さんに同意です。
読んでて笑っちゃいました!
と同時に現地サポーター同様にトゥヘルには期待出来てない事を実感しました。
このインタビューを読んで、前回言っていた事と微妙な矛盾を感じた事とやはり経験という点で不安だらけです。
モイーズもエバートンまではプレミアでは有能とされてましたし、何か同じ匂いが・・・
でも決まってしまった事なので良い意味で期待を裏切って欲しいです。
[ 2015/06/09 22:51 ] [ 編集 ]
No title
マジであきれる・・結局書いた記者の好き嫌いなんじゃないか。理由も人選もむちゃくちゃ。とりあえず典型的な日本人の代表といっても過言じゃない香川は誰よりも忠実でエゴを隠して監督の指示に従う選手だと思うぞ。
[ 2015/06/09 23:12 ] [ 編集 ]
トゥヘルがエゴのない選手を求めているのならミキがお気に入りというビルトの主張はおかしいと日本のファンは皆思ってるんですけどね。
[ 2015/06/09 23:25 ] [ 編集 ]
No title
練習中はどうなのか解りませんが自分もグロスクロイツのプレーがエゴ的だとは思いませんね。
あれほどのユーティリティプレーヤーだし是非契約延長してもらいたいです。
[ 2015/06/09 23:57 ] [ 編集 ]
No title
日本の大手飲料水メーカーのビールに飽き飽きしています。
そっちのビールが飲みたい
[ 2015/06/10 00:32 ] [ 編集 ]
No title
結局、グロスクロイツとヴァイデンフェラーに移籍して欲しいって事が言いたいのかな?
そして、名前の出てこないギュンドアン・・・。
[ 2015/06/10 00:43 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルが選手に合わせろというドルサポの意見には笑えますね
彼らからみるとよそ者が来るようなものですからね
1年目でそれなりの結果残さないとかなり批判されるでしょうね
[ 2015/06/10 00:52 ] [ 編集 ]
No title
ミキティのバックグラウンド(家族や代理人)の豪華さ関係をなんか疑ってしまう
[ 2015/06/10 01:05 ] [ 編集 ]
最近のビルトのムヒageは一体なんなんだ?
エゴの塊だろ、ピッチでは
[ 2015/06/10 01:17 ] [ 編集 ]
No title
今シーズンのパフォーマンスをみてエゴイスティックと聞いて真っ先に思い浮かぶのがムヒタリアンだろ
優勝経験メンバーは全員チームプレイヤーじゃん
これ書いたやつサッカー見たことないんじゃないの?
[ 2015/06/10 01:29 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、いつもありがとうございます。
日本ではビルトのせいか、「新監督はミキタリアンを優遇するので、香川にチャンスはないのではないか」「トップ下をミキタリアンが務める」などという見方が強まっています。
実際はどうなのでしょうか?
トゥヘル監督はミキタリアンに関し、正しくはどう発言したのでしょうか。
[ 2015/06/10 01:51 ] [ 編集 ]
No title
>ビルトは…不自然

いや本当に
例の代理人が書かせてるのではという疑念をずっと持ってます
シーズン中も移籍についての怪しいリークやらあったような
[ 2015/06/10 02:10 ] [ 編集 ]
No title
ここ数試合のムヒの評価もだが、エゴが無い?
日本人からすれば、ムヒ=決定力のないメネズってイメージだと思う。
まぁ、ドイツ人と日本人って似てそうなイメージあるが、結構違うからね。
[ 2015/06/10 02:26 ] [ 編集 ]
No title
記事の通りになったら応援するのが苦痛になるでしょうね。
香川選手に関しては「クロップ時代のほとんどを一緒に過ごした選手たち」に含まれるんでしょうかね?
3シーズンだし、「100%合う」に分けられた何人かの選手より少ないんですけどね。
こわいですね。
[ 2015/06/10 02:27 ] [ 編集 ]
No title
持ちすぎて奪われてカウンター多くて 落ち着いて周り見ろよボールを持つ前からだ!推進力が必要なのはそこじゃない!って感じだったけど
終盤戦のミキタリアンは割とチームプレー出来てたよ
それでも判断遅いし持ちすぎる場面あったがな

グロクロのどのポジでもやる献身的なプレーについては管理人に同意
[ 2015/06/10 02:51 ] [ 編集 ]
いくらムヒが嫌いでも、根拠なく代理人が記事書かせてるとか吹聴して貶めるのは可哀想だ。
[ 2015/06/10 03:36 ] [ 編集 ]
No title
色々な解釈があって良い。
いつも不思議に思うのは、なぜネットには多様性が見られないのかということ。
なんというか、右向け右になる傾向があるね。
球離れが早ければエゴが少なく、持ちすぎたり可能性の低いシュートを打てばエゴが多い。
例えばそう言う考えももあるだろう。

でも周囲の選手に自分の様なプレースタイルを要求し或いは必要とするのも、
一般的にエゴと表現されるものだよね。
その意味では香川はエゴの強い選手、と捉えることは出来る。
それは日本の多くのサッカーファンも理解している筈なんだが。
解釈と個人的な理想の問題で、いずれ解答は出るだろう。

どうした?
[ 2015/06/10 06:12 ] [ 編集 ]
No title
「吹聴」とか、勝手な歪曲は止めてもらいたいのです
「疑念」をもたざるを得ないという、個人の印象を語っているにすぎません
もしかしたら「吹聴」という言葉の意味をご理解されて居ないのかもしれませんが
[ 2015/06/10 06:27 ] [ 編集 ]
No title
ムヒの件についてはビルトしか触れてませんよね
そこが不思議だなと管理人さんは思っているんじゃないでしょうか?
確かにトゥヘルの口から選手個人に関してはインモービレのことにしか触れてませんよね
[ 2015/06/10 07:45 ] [ 編集 ]
No title
こんな下らない記事まで翻訳してくれるなんて、なんだか申し訳なくなってくるよw
しかし、こんな記事でも日本だと現地発のニュースとして大々的に取り上げられたりするんだよね…
[ 2015/06/10 08:38 ] [ 編集 ]
周囲に自分がやりたい、得意なプレーを要求しることをエゴと捉えることは否定しないし、香川選手がエゴが全くないプレイヤーだとは思わないが、今季の香川選手を見てエゴが強いと言うならほぼ全選手がエゴが強い選手となるだろう。
[ 2015/06/10 08:44 ] [ 編集 ]
No title
グロクロほど献身的でチームのために自分を犠牲にできる選手はいないよ
[ 2015/06/10 08:50 ] [ 編集 ]
No title
サッカー大国ドイツにもこういうレベルの低い記事が
出るのかw
[ 2015/06/10 10:07 ] [ 編集 ]
No title
「球離れが早ければエゴが少なく、持ちすぎたり可能性の低いシュートを打てばエゴが多い。
例えばそう言う考えももあるだろう。」

個人的な理想と言うより、そういうチームプランだから球離れが早いのが重要だったんじゃないか?
後半戦のフライブルグ戦の3点目、ロイスの喜び方からも感じるが。
持ちすぎるとディフェンスの人数も陣形も揃って、結局引っかかってしまうし。
ホームのユーヴェ戦とか顕著だった。
前がかりになってる時に奪われると、ポカールのバイエルン戦で香川がパスミスした時みたいに一転してピンチになる。
あの時はミキが良いアシストをして同点に出来た。

なんにせよ11人が機能しないことには勝てないので、良いチームになって欲しいですね。

しかし、いくら読んでもこの記者に「クロップ時代」=エゴにされてるとしか思えませんね。
特にクバやピシュチェクのプレイにエゴがあるんでしょうか...あれだけ献身的なのに。
[ 2015/06/10 10:20 ] [ 編集 ]
No title
グロスクロイツは超がつくほど献身的な選手です。なにが問題なんでしょうかね。記者の好みで記事を書いているのでしょうか。

そもそも、トゥヘルがそこまで高い規律や献身を要求するかというとそうでもないような?
[ 2015/06/10 11:09 ] [ 編集 ]
No title
ははは…香川のプレースタイルのどこにエゴがあるのか?
もうちょっとガッついて欲しいと思う程、献身的なのに
グロクロもプレーは常にチームのために見える

試合がないので、妄想で記事を書いてるとしか思えません=ファンタジィ
[ 2015/06/10 11:40 ] [ 編集 ]
No title
ミキタリアンの代理人は選手の価値を高めるためにメディアを使って色々仕掛ける人なので、このところの妙な持ち上げ報道には何が裏があるのでは?とつい思ってしまいますね。ミキタリアン本人はすぐ否定していましたが、移籍希望の情報を流したことも有りましたし。
何にせよ、これはミキタリアン批判ではないですよ。あくまで代理人が胡散臭いという話です。
[ 2015/06/10 11:44 ] [ 編集 ]
ミニコーナーの記事なら暇潰しとして面白いと思う
好みだけで決める監督じゃないだろ。たぶん
[ 2015/06/10 11:54 ] [ 編集 ]
あのままのムヒを変えない監督ならば、つまらないドルになりそう。
ビルトは、ムヒ上げだけど、他誌も結構ムヒ評価が高いのが不思議ですね。
[ 2015/06/10 14:36 ] [ 編集 ]
No title
グロスクロイツはむしろ自己犠牲の塊のような選手と思ってた
[ 2015/06/10 15:19 ] [ 編集 ]
ビルトはクロップの愛弟子たちが新監督に反発するって思ってるのかね。でも一番はっきり言いそうなのはフンメルスだと思うけど。
[ 2015/06/10 19:14 ] [ 編集 ]
No title
ムヒタリアンがエゴを隠す...?

つい最近試合中にフンメルスに怒鳴られてたやつが...?
[ 2015/06/10 23:53 ] [ 編集 ]
No title
香川が不真面目でエゴが強い?
ミキタリアンは逆?皮肉としか思えん
[ 2015/06/11 21:15 ] [ 編集 ]
No title
ごちゃ混ぜといえばバットマンとかゴール後のパフォーマンスなんかを真面目にすることに意味があると思えないしな。ファンが退屈するだけだろう
[ 2015/06/12 06:19 ] [ 編集 ]
No title
グロスクロイツとミキタリアンの評価が真逆だ
この記事を書いた記者は本当にドルトムントの試合を見ているのだろうか・・・
グロスクロイツ程チームを愛し、献身的に働くプレーヤーは居ない
[ 2015/06/15 00:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。