ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ、キーパー!カリウス!ノイアー、テア・ステーガンを超えた!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ノイアー、テア・ステーガンよりも優れている!
カリウスの素晴らしい数字!


karius2.jpg

ロリス・カリウスが素晴らしい数字を残している。

このキーパーは、これまでのキャリアで多くの批判にさらされてきたが、今シーズンは素晴らしい数字を残している。ベシクタシュはデニスリスポルを相手に1:0で勝利したが、カリウスは今シーズンで5度目となる無失点を記録したのだ。


スポンサーリンク


そしてこの数字を残したキーパーはトップ5リーグにもトルコリーグにもいない。バイエルンのノイアーもバルセロナのテア・ステーガンもリーガでは3度しか無失点に抑えていないのだ。


カリウスは2016年にマインツから620万ユーロでリヴァプールに移籍した。彼は2018年の夏からベシクタシュにローン移籍しプレーしている。ローンが終わるのは来年の夏だ。トルコのクラブは800万ユーロで買取オプションを有しているが、カリウスはそのオプションが行使されるとは思っていない。。10月の頭に、カリウスは“ガーディアン”に対して“シーズン末までローンでプレーするけど、それからはどうなるか見てみないとね。リヴァプールに戻るか、イングランドかドイツの他のクラブになるか、まだ誰にもわからないよ。”と将来について語っている。

カリウスのリヴァプールでの契約は2021年までとなっているが、“プレミアリーグは世界最高のリーガだから、もちろん興味深いよ。だけどまだリヴァプールとの契約が残っている。もしかしたらまた彼らのためにプレーする事になるかもしれないし、それは誰にも分らない。今言う事は簡単ではないね。リヴァプールでなければ、他のしっかりしたチームになるだろうね。それは確信しているし、心配していないよ。”






以上です。

カリウスはチャンピオンズリーグ決勝戦では批判されましたが、今シーズンは調子が良いようで何よりですね。そもそも良いキーパーですから、自信を取り戻せば、まだまだ大丈夫でしょう。

[ 2019/11/16 06:05 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。