ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ユーロ予選】ドイツ代表!ベラルーシに4:0で勝利!ユーロ参加を決める!ギンター大活躍!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドイツ対ベラルーシ!4:0
クロースがドッペルパックを達成!ギンターが爆発!


ginter66.jpg

“ホームだからといって起用するわけではないよ・・”

とレーヴ代表監督は、金曜日に、テア・スターガンがプレーしない理由について語っていた。

しかし一方でレーヴは4:0で勝利したベラルーシ戦でギンターを起用している。そしてこのグラートバッハの選手が我々をユーロに導いたのだ!

スポンサーリンク


北アイルランドとオランダがノーゴールで引き分けとなったために、ドイツ代表がグループで2位以上になる事が決定したのだ。火曜日に来たアイルランドに勝利すればグループ首位だ。

ギンターがヒールキックでユーロへ!

▶41分:グナーブリーが右サイドで突破すると鋭いパスを中央に送る。それをギンターが踵でシュートし先制だ!

これはギンターの代表29試合目にして初ゴールとなっている。本来彼はわずかにオフサイドだったが、予選ではビデオ判定が導入されていないため、ゴールとなっている。

ドイツ代表は明らかに相手を上回っており、開始40分の時点でシュート数は20:0、コーナーも6:0、さらにポゼッションも72%だったが、それまでは得点がなかったのだ。

レーヴは試合前に、“ダイナミックなプレーをし、試合序盤にはっきりとしたメッセージを示さなければならない。”と語っていた。


しかしギンター、クロース、グナーブリーが大きなチャンスを外す。


ではベラルーシは?現在ランキング85位のチームはたった一度だけドイツのゴール前に来ている。そしてもう少しでゴールする所だった。スタセヴィチのシュートに対して、ノイアーは体をものすごく伸ばさなければならなかった。


そしてその直後にギンターがホームで1:0となるゴールをあげている。


そして2ゴール目にもギンターが絡んでいる。


▶49分にドイツがコーナーキックを得る。クロースはボールを中央に送ると、ギンターはそれをゴレツカのためにスルーしている。そしてゴレツカはそれを決めて2:0としている。


ゴレツカにとっては代表24試合で9ゴール目となっている。


ゴレツカは予想に反して、ブラントよりも優先的に起用されている。ゴレツカは右サイドでプレーし、キミッヒとクロースがダブルボランチを組んでいる。


そしてクロースはその6分後の55分にギンターのアシストからゴールを決めている。しかしこれも本来であれば無効だった。シュートの場面でヴェルナーがオフサイドに位置におり、キーパーの視界を遮ったからだ。


83分にはクロースが再び決めて4:0としている。


さらにノイアーもその力を証明する機会を得ている。ベラルーシは75分にPkを得たが、ノイアーはそれを止めているのだ。ドイツ代表で試合中のPKを止めたのはノイアーにとっては初めての事だった。


ユーロ開始まであと239日となっているが、ヨーギと選手たちにはまだまだ課題が沢山だ。





以上です。

ドイツの予選通過が決まったようですね。ズィーレが負傷したことでディフェンダーをどうするのかが話題となっていましたが、この感じだとレーヴがフンメルスを復帰させることはなさそうですね。ギンターが活躍してくれた何よりです。


[ 2019/11/17 09:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ゴールを決める、アシストするって大事ですよね。
[ 2019/11/17 11:15 ] [ 編集 ]
 ギンター調子よさそうでなによりです。BVBにいた頃に香川→ギンターのホットラインでチャンスを量産していたのを思い出します。
[ 2019/11/17 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。