ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

OSAKO(大迫)がOSAKE(お酒に)!ブレーメンのスター!日本酒の宣伝!!《ドイツの反応》

【ビルト】
OSAKO(大迫)からOSAKE(お酒)だ!
ヴェルダーのスター選手!日本酒の宣伝!



osako88.jpg

大迫勇也は日本では英雄だ!

ヴェルダーの試合には大迫の活躍を伝えるために、毎試合少なくとも4人はジャーナリストが駆け付ける。それどころか日本には大迫の名前がついたスタジアムまである。しかしこれでもまだ十分じゃない。よりによってヴェルダーのシャイな選手が日本酒の広告塔になったのだ!


大迫は“この日本酒は僕が生まれた地域で作られているんです。そしてある種のスポンサーとして僕をこれまでサポートしてくれました。すごく良いお酒ですし、このお酒を有名にする助けをしたかったんです。僕も好きで時々飲んでいますよ。”と彼は語る。


スポンサーリンク


OSAKOからOSAKEだ

大迫は冬休みに日本に帰り、その後チームメートに日本酒を持って帰ってくるつもりだ。しかし日本酒を除けば、大迫な特に寂しい思いはしていない。これまでミュンヘンとケルンでプレーした大迫は、“もう6年から7年はドイツに住んでいますし、もう慣れましたよ。ホームシックにもなりません。”と大迫はブレーメンを居心地よく思っているようだ。彼はフリーの時間は自宅で家族と過ごすのを好んでいる。



人々は大迫がブレーメンの2年目でいよいよ開花したと感じている。10番だったマックス・クルーゼのポジションを引き継いだ彼は、徐々に良くなっているのだ。すでにリーガ6試合で3ゴールを挙げているが、これはすでに昨シーズンと同じ数字だ。


大迫:“僕にとっては中央でプレーするのが大事ですね。最もすくなポジションなので、楽しいですよ。またより責任を感じますね。”


いずれにせよ、大迫はドイツの食事にも慣れたようだ。彼のもっとも好きな料理はシュニッツェルだ。大迫は“本当に良いですよね。”とにんまりしながら語る。そしてその後、良い温度が保たれた日本酒だ・・。




以上です。

大迫選手が日本酒の宣伝をしていることがビルトでも話題になりました。日本酒の知名度はドイツでは上がってきましたが、さすがにおいしい日本酒はなかなか手に入りませんね。

大迫選手の好きなシュニッツェルは管理人も時々食べますが、細かいパン粉をつけた豚肉(本場は子牛)をフライパンに大量に油を敷いて焼き揚げた料理です。まあ薄いとんかつですね。これにビールは最高に合いますよ!

[ 2019/11/18 19:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
まさか飯テロされるとは思わなんだ
[ 2019/11/18 22:50 ] [ 編集 ]
日本酒じゃなくて焼酎ですよ
[ 2019/11/19 00:58 ] [ 編集 ]
まぁ酒は酒なんですけど細かいこと言うと鹿児島なんで芋焼酎ですね
近年流行った芋臭さを抑えて飲みやすくしているタイプのやつ
[ 2019/11/19 01:45 ] [ 編集 ]
来季はプレミア移籍希望してると報道で見たので、東京五輪に出て欲しいですね。
やっぱり前線にボールを収められる選手がいるのといないのとでは全く違うと感じたので。
世界を相手に対人で負けない日本人は大迫しかいません。
[ 2019/11/19 04:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。