ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレの下で不満を溜めているスター達‼《ドイツの反応》

【ビルト】

合計で232分!

ファヴレの下で不満を溜めている選手達!



favre012.jpg

彼らはプレーすることを許されていない。ドルトムントは11試合を終えた段階ですでに首位のグラートバッハと6ポイント差となっている。しかし何人かの選手の状況はこれ以上に深刻だ。


これがファヴレの下で不満を溜めている選手たちだ。彼らは合計で232分しかプレーしていない。


スポンサーリンク


▶レオナルド・バレルディ

2019年の1月に1550万ユーロでボカ・ジュニア―スから獲得した。しかしまだブレイクのチャンスを待っているところだ。バレルディは今まで4部で9試合に出場したに過ぎない。夏にはシュトゥットガルトがローンでの獲得を望んだが、BVBは断っている。彼の市場価格(1400万ユーロ)が下がらないように、冬にローン移籍させたほうが良いだろう。


▶ダフード

ファヴレはグラートバッハ時代に彼をプロチームに入れたが、ドルトムントでは補欠だ。ヴィッツェルとディレイニーに対して、ほぼチャンスがなく、それはヴァイグルも同様だ。ファヴレはダフードの力を認めているが、ダフードの定期的なミスが彼の優先順位を落としている。夏の移籍も考えられる。


▶ザガドゥー:


フンメルスの獲得に対して代理人がすでに怒りを表しており、アーセナル移籍を考えていた。しかしザガドゥーは残留し、ベンチ要因となっている。来年夏にスタメンの展望がなければ移籍するだろう。

▶ブルーン・ラーセン:

昨シーズンは24試合に出場したが、彼は今シーズンは全く役割を担っていない。彼は移籍を望んでいる。シュトゥットガルトが興味を示している。


▶シュメルツァー:

リーガでは少しだけプレー。チャンピオンズリーグではまだベンチ入りしていない。ファヴレの下では彼は最高でもバックアップだ。夏の移籍は確実とされている。






以上です。

まあアザールとブラントを獲得したのでしょうがないですが、ラーセンをあれだけ優遇していた昨シーズンはなんだったのか・・と思ってしまいますね。ダフードは本当にミスが多いので、まあこれはしょうがないですかね・・。



[ 2019/11/19 20:40 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ザガドゥはもっと使うべきだな
[ 2019/11/19 20:59 ] [ 編集 ]
途中から明らかに通用しなくなってたラーセンを重用したのがそもそも謎
補強するなら去年もやっておけばと
[ 2019/11/19 23:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。