ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、バルトラ!ペップ、トゥヘル、BVBからの移籍について語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

バルトラ、ペップ、トゥヘル、BVBからの移籍について語る。

マーク・バルトラはドルトムントで51試合に出場し、2018年にスペインに移籍した。


bartra2.jpg


この28歳はペップ・グアルディオラ、トーマス・トゥヘル、そしてドルトムントから移籍した理由について語っている。

スポンサーリンク


バルトラはバルセロナ時代にスター監督グアルディオラの下でブレイクに成功した。“彼はまさに監督で、タイトルを獲得するためにいた。彼は僕が成長するように多くのアドバイスをくれたよ。僕は彼に感謝しているよ。僕のデビューを助けてくれたからね。”とこのセンターバックはラ・リーガのインタビューで語っている。


さらに、“彼は試合中のどの時間帯でもきちんと把握しているんだ。彼はどのポジションが何をすべきかしっかり分かっており、僕をすごく助けてくれたよ。”と語っている。


バルトラは2016年にドルトムントに移籍しているが、リーガ間の違いはそれほど気にはならなかったようだ。ある男のおかげで。“トーマス・トゥヘルのおかげだね。彼が僕の移籍を説得してくれたんだ。いつもスタメンだったし、本当に多くプレーしたよ。そこでサッカー面でも人間面でも成長したと思う。”と彼は語っている。



彼はドルトムント最初のシーズンでポカール優勝を経験している。“だから良い思い出だね。ブンデスリーガは本当に頑丈にしてくれるリーガだよ。”と彼は語っている。


しかし2017年の4月11日にバス襲撃事件が起こる。バルトラは手を負傷したのだ。“あれは自分の人生でも最も難しい瞬間だった。”と彼は語るが、それでもそこからポジティブなものを引き出そうとしている。“最終的にはその経験を通して今の自分があるからね。”と彼は語る。


バルトラは2018年の1月にドルトムントを去っている。そしてベティス・セビリアに移籍した。それは決して簡単な決断ではなかったようだ。彼はペーター・ボシュの下ではキープレーヤーだったが、“負傷者が増えたとき、サイドバックでプレーしなければならなかったんだ。そしてポイントを獲得できない時期が続いた。そして監督が変わり、出番が減ってしまった。それと同時にスペイン代表に選ばれて、ワールドカップも控えていたんだ。”と彼は明かす。


彼はそのためクラブを変える決断をしたのだ。“ベティスは獲得に努力してくれて、ファンも素晴らしいからね。そこでドイツで終わったところからうまく続けられると思ったんだ。”と語っている。


彼は2023年までベティスと契約している。





以上です。

なんかボシュとシュテーガーの一年があんまり思い出せなくなってしまいました・・。試合はだいたい全部見ていたんですが・・。バルトラも元気そうで何よりですね。

[ 2019/11/20 05:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
ベティスは監督代わってやり方も代わった。
前年は意固地なまでに1列づつボール上げてたけど、今年はそれが中途半端になったね。方針に一貫性がないから下位に低迷してる。
バルトラは中盤の底やらされてる。これがかなり上手い。ボールの捌き方がブスケツに似てんだよね。
[ 2019/11/20 08:54 ] [ 編集 ]
ボスが望むような補強はされずシーズンIN
危ういけど良い感じに勝ててる
ピシュチェクが怪我で離脱するとCBのバルトラさんをSBにしてハイプレス
上がりっ放しのバルトラさんの裏を付かれる事が多くなる(ハキミと一緒)
ヴァイグルが孤立し狩場になる
シュメが派閥作り一部のドイツ人とそれ以外の対立構造が誕生
重用されるシュレルは試合のほとんどで行方不明、たまのゴールの時にだけ発見される
チームは危機的状況なのにロイスはいつも通り怪我で居ない
病気のゲッツェが何故か重用され続け、負けが込んで解任
一部はゲッツェが出場するから勝てないじゃなく、ピシュチェクが居ないから負けるって論調にしたかったらしい
若いザガドゥやトプラクがボールウォッチャーになって頑張ってたビュルキに大穴がが開くようになり、ドルトムントはGKの補強が必要とか抜かし始める輩が出てくる

オバが待遇に大爆発して移籍、バルトラさんも移籍、バチュアイ獲得
シュテーガーが緊急登板
バチュアイが活躍してオバなんて要らなかったんや!って声が上がる
シュテーガーが就任し香川を中心に持ち直すも香川が逝き、ゲッツェ復帰でまたチームが停滞、バチュアイも逝く
ゲッツェのプレーにシュティーガーが苦言を呈すも、ゲッツェは改めずドイツ人特有の皮肉で応酬
それでもシュテーガーの手腕でCL出場圏内に滑り込ませることに成功

バルトラさんってフンメルス後の足元が上手いロングキックも蹴れるCBって触れ込みだったよね
[ 2019/11/20 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。