ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》武藤はドイツ語を学ばなければならない!【ビルトスポーツ面の一面に!】


月曜日のビルト・マインツ版に掲載された記事で、日本でもすでに広く取り上げられているようですが、ビルトの記事を紹介したいと思います。

マインツ版という事もありますが、武藤選手がチャンピオンズリーガで優勝したバルセロナのキーパー、テア・ステーガンよりも文字通り多く取り上げられていましたので、その辺の雰囲気をお伝えできればと思います。





マインツ監督、マルティン・シュミットがはっきり言う


武藤嘉紀はドイツ語を学ばなければならない!


20150610185343bbe.jpg


※写真は月曜発売ビルトマインツ版のスポーツ面の一面。かなり大きく取り上げられている。


日本での彼はティーンエージャーの熱狂の的であり、ゴールゲッターである(14試合で9ゴール)。それだけに東京FCの武藤嘉紀がマインツへの移籍を決断し、4年契約にサインしたことは素晴らしいことだった。


だからこれも決まったことだ。武藤はドイツ語を学ばなければならない。


このサイドのストライカーがチームにより溶け込むためにも、彼は学校に行かなければならない。


マルティン・シュミット監督:“我々は彼がとても良く英語も話せるから獲得したんだ。(注:サッカーに加えてというニュアンス)だけどそれでも彼がドイツ語のコースを受講しなければならないのは当然だね。あんまりドイツ語ができない他の選手達と同様にね。”



パブロ・デブラシス、ゴンザロ・ヤラ、ユニオア・ディアス、ジュ・ホ・パク、そして岡崎慎司らが語学コースを受講している。


レヴァークーゼンやそれどころかチェルシー(500万ユーロのオファー)からもオファーがあった武藤(移籍金280万ユーロ)にとっては、マインツは挑戦の場となる。


スポンサーリンク



この代表選手は“僕は自分を本当に必要としてくれるクラブに移籍するべきだと考えていました。なぜなら外国に慣れるまでに時間がかかると思っているからです。そこで自分がゆっくり成長することができ、さらに常に向上することが出来るクラブに決めました。”と語っている。


彼がドイツ語を習得すれば、それももっと簡単になるだろう・・・・・。






以上です。


ちなみにスポーツの2面ではチャンピオンズリーグで優勝したキーパー、テア・ステーガンの写真が大きく取り上げられていましたが、それよりも武藤選手の方が大きく取り上げられています。管理人はビルトの電子版を購読しているのですが、全ての地方の電子版を見ることができます。


201506101853478f2.jpg


※スポーツ2面の写真



まだブンデスリーガでデビューをしていませんので、この記事に寄せられたコメントはありませんが、来シーズンの活躍を期待します。


やはりドイツに住んでいて、どの分野であれ一番重要なのがドイツ語です。簡単な語学力でもコミュニケーションは取れますが、ドイツ人って外国人がどの程度のドイツ語を話すのか、かなりシビアに見てるんです。(本人の前ではそんな素振りは絶対に見せませんのでなかなか気が付きませんが。)

でもある程度のレベルを超えるとそれが一気にドイツ人からの尊敬に変わってきます。

だからぜひともドイツ語の勉強頑張って欲しいです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1758_convert_20090725230259.jpg

IMG_1776_convert_20090725230556.jpg


シュベービッシュハル
南ドイツにある街です。木組みの家が並んでとても綺麗です。管理人は木組みの家を見て回るのが好きですのでまた訪れたいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/10 19:43 ] 武藤 | TB(-) | CM(16)
No title
日本の相撲の外国人力士たちは、ビックリするほど日本語ペラペラですが、
そもそもある程度の日本語ができないと相撲教習所を卒業すらできないようですし、
日本語が身に付けば身に付くほど、相撲も強くなるらしいです。
サッカーもやはり、その国の言葉を身に付けたほうが絶対に有利でしょうねえ。

・・・しかし、実際に自分でドイツ語を読んでみようとすると、むちゃくちゃ難しいですねw
[ 2015/06/10 22:34 ] [ 編集 ]
No title
逆に日本に来る外国人選手で、日本語の習得を課されてる選手がどのぐらいいるだろう?
ファンもチームもそれを必須と考えても居ないだろうし
サッカー選手として意思疎通出来れば十分じゃないかな
それが日本語でなくても、英語でもいいと思うし
まぁ日本語喋ってくれる外国人が居たら好感持てるのは間違いないけどさ。
もしかして、ドイツにいつまでも居て欲しいとか、そういうことを求めてるのかな?
まぁ選手を長い目で見てくれるドイツのクラブならそれもありかな。セリエやプレミアのクラブがこんなこと求めて来ても、何言ってやがるって感じだけど。
[ 2015/06/11 00:16 ] [ 編集 ]
No title
武藤ならすぐおぼえられるでしょ一応慶応出てるんだから
[ 2015/06/11 00:24 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ、イタリア、スペイン、英国でサッカー選手はその国の言葉を覚えなければならないという報道を目にするけど、日本のサッカーや野球で外国人選手に対してそういう報道してるのは見たことないな
[ 2015/06/11 00:38 ] [ 編集 ]
No title
第二外国語でドイツ語取ったけど、速攻挫折した
英語も満足に話せない自分には難しすぎた
[ 2015/06/11 00:42 ] [ 編集 ]
南ドイツでは特に・・・・
南ドイツではドイツ語がどの程度できるかで対応に大分差が出るようですよ。
私もミュンヘンに住んでいた頃はドイツ語が殆ど出来ず、あからさまにコミュニケーションを避けられた経験が何度かありました。今は北ドイツに住んでますが、そう言った嫌な思いは殆ど無いですね。ドイツ語が上達したからかもしれません。
[ 2015/06/11 00:42 ] [ 編集 ]
内田はサッカー用語以外のドイツ語は、90%話せないけど、クラブ内外シャルカーから、それなりに評価されているみたいですけど、ドイツ語ができないからクビになった宇佐美の例もあるし、サッカーさえしていれば良いというわけには、いかないのでしょうね。

ステーガンのプレイは、気に入りました!

ノイアーも良いですけど、GKらしいGKっぷりが、逆に新鮮で好ましかったです。
[ 2015/06/11 01:59 ] [ 編集 ]
No title
俺はイタリア語やってたけど、やる気があれば大丈夫だろ。
むしろ日本国内にいるだけなのに外国語学習は不毛だと思う。使わんもん。
[ 2015/06/11 02:42 ] [ 編集 ]
No title
語学習得の基本は単語をひたすら覚えることですよ
そして映画、ドラマやテレビをみてヒアリング能力を付ける。覚えた単語は片っ端から使っていくこと
単語の羅列と少しの動詞で意味は通じるしそのうち綺麗な言葉に修正されていく。アニメをみて日本語習得する外人だってこんな感じですよ。
[ 2015/06/11 03:31 ] [ 編集 ]
No title
日本が日本語を学ばなければならない!って当たり前に主張したらウヨクのレッテルはられそうだけど
[ 2015/06/11 10:07 ] [ 編集 ]
No title
武藤選手は英語が上手らしいので、大丈夫なんじゃないかと思います。きっと頭も良いのでドイツ語もある程度までは早いんじゃないかと思ってますが、、、、
[ 2015/06/11 12:37 ] [ 編集 ]
ドイツで働くならドイツの価値観に合わせないとね。日本に来る外国人がどうだろうとドイツの人には関係ない。言葉を覚えれば仕事が有利に進められるのは間違いない。
あと内田の発言は話し半分に聞いた方がいい。彼はできることでもできないと言うタイプだからね。
[ 2015/06/11 15:04 ] [ 編集 ]
No title
もう英語をある程度のレベルで扱えることに驚きです。
元々得意科目ということもあり、移籍に備えて勉強していたんでしょうかね。
[ 2015/06/11 17:13 ] [ 編集 ]
No title
まーこの選手は慶応経済卒の自頭はあるんだし、ドイツ語覚えるのも早いだろうね
[ 2015/06/11 18:21 ] [ 編集 ]
ドイツ語、ドイツ語言うならテア・シュテーゲンて書いてくれよ。。。ステーガンて誰やねん。
[ 2015/06/27 12:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ドイツ語、ドイツ語言うならテア・シュテーゲンて書いてくれよ。。。ステーガンて誰やねん。

彼はドイツ人ですが、オランダ系の名字なので、ドイツでもテアステーガンと呼ばれてます。実際には最後の母音ははっきり発音しないのでテアステーグンみたいになりますが…ドイツ風にシュテーゲンと発音する人もいると思いますが、テレビではでテアステーガンです。



[ 2015/06/27 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。