ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェの契約延長はいったいどうなっているの?移籍?《ドイツの反応》

【ビルト】

マリオ・ゲッツェの契約延長話はどうなっているのか?

goett2.jpg

いったい今度の夏、マリオ・ゲッツェはどうなるのだろうか?


今シーズン末、ゲッツェのドルトムントでの契約は終了する。すでに今年初め、クラブボスのヴァツケが、契約延長の話をしていたにも関わらず、いまだに公式にこれに関する話が出てこないのだ。しかしこれに関するポーカーはすでに始まっている。



スポンサーリンク


それ以来2度ほど契約延長に向けた話が行われている。しかし最後の話し合いが行われたのは数か月前だ。現時点では契約延長になりそうな気配はあまりない。


スポーツビルトとビルトの情報によると、交渉は来年に延長されたとのことだ。決まるのは2020年になってからだ。そしてそれはドルトムントの監督が誰になるのかにかかっている。ゲッツェの将来はファヴレと大きく関係しているのだ。


ゲッツェはファヴレの下では単なる控えに過ぎない。これまでは年俸ばかりに焦点が当てられていたが、スポーツ面での役割も重要だ。ゲッツェは今後も控えとなるのであれば契約を延長しないとみられている。ずっとベンチに座るには彼の野心は大きすぎる。


現在、ゲッツェの年俸は1000万ユーロ程度とされており、チームでも最も多く稼いでいる。クラブは契約延長に際しては、減給をオファーしている。ゲッツェは基本的にはそれを受け入れる意思があるようだ。しかし現在のスポーツ面での状況では延長はあり得ない。

ファヴレは2021年までの契約を全うするのであれば、ゲッツェはこの夏移籍することになるだろう。






以上です。

まあ今のプレー時間で移籍を考えるのは理にかなっていますよね。しかしファヴレじゃなくなったら残留するというのもなんとなく微妙な気がしますね・・。フォワードを補強せずにゲッツェを起用してくれる監督を連れてくるんでしょうかね・・・。まあ正直なところ昨シーズンの後半戦は復帰後最も良かったですし、今シーズン前半戦でもう少し起用しても良かったとは思いますけどね。なんのためにあれだけプレー時間を与えてきたのか、ってちょっと思ってしまいます。

まあ人が多いのは分かるんですが、ダフードにしろラーセンにしろ、ファヴレに誰かを育て行きたい気持ちがあるのかはいまいちわからないですね。

[ 2019/11/20 20:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ゲッツェが何を求めているのかにもよりますよね。
①他のリーグにチャレンジしたいのか
②年俸重視か
③プレー時間重視で他に行くのか
④ドルトムントにあくまでも拘るのか…
今迄の発言みると①は無し、②③④は全て求めている感じ。それにフロントは納得せす④なら②と③は妥協しろ、でなきゃ要らないって事でしょう。
[ 2019/11/20 23:49 ] [ 編集 ]
ドルは色々勿体無いというか迷走してんなぁ
[ 2019/11/21 10:53 ] [ 編集 ]
負けてるのにトロトロ歩いて交代した時点で彼はもうbvbに不要だと確信しました。
復帰してから2シーズン何も出来ず、昨シーズンようやく働いたと思ったら延長拒否。
元々裏切り者ですしね。
[ 2019/11/21 15:05 ] [ 編集 ]
まあクラブと同じ。
そりゃ選手側も駆け引きしますよね。
自分にとって最善になる方法を選択しているに過ぎない。
だから彼は周りの状況や経過をしっかり見つつ待機しているのでしょう。
[ 2019/11/21 18:54 ] [ 編集 ]
甘やかすのはもうやめてまともに運営しなよ
[ 2019/11/21 19:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。