ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヴィッセル神戸!元ドイツ代表のマリオ・ゴメスを熱望!《ドイツの反応》

【90Min】

シュトゥットガルト:
ポドルスキーのクラブ、ヴィッセル神戸がマリオ・ゴメスを熱望!


vfb-stuttgart-v-sv-wehen-wiesbaden-second-bundesliga-5dd63ac68317e25a87000001.jpg


シュトゥットガルトは現在危機的状況にあり、カールスルーエとのダービーを前にそのプレッシャーは高くなるばかりだ。しかしかつてはシュトゥットガルトの中心だったマリオ・ゴメスは、ティム・ヴァルター監督の下ではまったくその役割を担っていない。そしてどうやら日本のヴィセル神戸が来年夏の彼の獲得にむけて動いているようだ。


スポンサーリンク


マリオ・ゴメスは新たなシーズンに向けて決心したところで、降格後部での定期的なプレーを希望していたところだ。開幕となったハノーファー戦では先発としてプレーし、1:0となるゴールをあげてチームを勝利に導いている。しかしシーズンが進むにつれて、彼はチームメートを相手にその居場所を徐々に失っている。そして2ゴール目を待っているところだ。


彼はこれまで13試合で320分しかプレーしておらず、これは彼の要求する所ではない。しかしSDのミスリンタートもヴァルター監督も、ゴメスに対して一定の賛辞は贈るものの、その人間性以外では、あまり彼を評価していないようなのだ。


ゴメスの契約は来年の夏までとなっている。そして契約延長の可能性はない。ヴァルター監督はゴメスを監督チームに入れたがっているとされている。しかしゴメスはそれを受け入れるつもりはないようだ。



ゴメスはすでにシュトゥットガルトでは単なるマスコットのようになってしまったが、国際的には未だに高い評価を得ているようだ。フスバール・トランスファーが報じたところによると、日本のトップクラブであるヴィッセル神戸が来年夏にフリーでゴメスを獲得しようとしているとのことだ。


この日本のクラブがオールドスターを獲得するのはこれが初めてではない。イニエスタ、ビィシャ、ポドルスキーが神戸でプレーしているのだ。しかし来年の夏にポドルスキーとゴメスが一緒にプレーするというのは幻に終わりそうだ。ポドルスキーの契約は1月までとなっており、ポーランドへの移籍が噂されている。





以上です。

マリオ・ゴメスの名前が挙がっているようですが、これはこれで面白そうですね。Jリーグでは彼のようなフィジカルがどのぐらいアドバンテージになるのか興味があります。




[ 2019/11/21 18:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
 神戸の監督がドイツ人なので、監督の要望かもしれません。
[ 2019/11/21 18:16 ] [ 編集 ]
ドルトムントが1番欲しいタイプの選手なんだから獲れよ
[ 2019/11/21 19:24 ] [ 編集 ]
うーん、年金クラブにはなって欲しくないなあ
三木谷はブランドで判断して買っちゃうのかと思ってしまう
[ 2019/11/21 19:44 ] [ 編集 ]
去年も一昨年もその前もドイツトルコで成績残してるし年金どころか日本人のストライカーより普通に活躍してんですけど
[ 2019/11/22 05:30 ] [ 編集 ]
親父がスペイン人てことはスペイン語でサンペールとかイニエスタとかと会話できるんかな?
[ 2019/11/22 08:52 ] [ 編集 ]
日本のトップクラブ お、おう
[ 2019/11/22 17:13 ] [ 編集 ]
神戸が日本のトップクラブとな?
[ 2019/11/30 08:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。