ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!パダーボーンにも引き分け!ファヴレ解任論も浮上!《ドイツの反応》

【ビルト】

0:3から3:3

ファヴレには守る事ができるだろうか?

解任論も!

favre889.jpg


なんとか最悪の結果はさけられたが・・・



ドルトムントは0:3から3:3で試合を終えた。昇格チームのパダーボーンを相手に。しかしこれはバイエルンに0:4に続いてドルトムントの最低点だ。選手たちもそう感じている。キャプテンのマルコ・ロイスは、試合後、“今後2度と今日のようにプレーしてはならないよ。本当に今日はひどかった。僕たちはスタジアムに来たすべての人に謝罪しなければならない。”と語っている。

スポンサーリンク


そしてルシアン・ファヴレ監督のポストもまた揺らいできた。スタジアムでは“ファヴレ出ていけ”のコールが起こったのだ。ロイスは彼を擁護して、“監督の起用法はいつも素晴らしいよ。パフォーマンスの責任は僕たちにある。でも僕たちはそれをまったく示せていない。僕たちはその事について話をしなければならない。”と語っている。


よりによって日曜日の総会の前にこの結果だ。ドルトムントのヴァツケ会長は、そこでプーマとの巨額にのディール(2028年まで2億500万ユーロ)を祝いたいところだったが、その代わりに雰囲気が悪くなる可能性がある。


ファヴレ自身は打ちのめされて、“前半は本当に最悪だった。ボールも奪えないし、3失点もしてしまうなんて信じられない。唯一ポジティブだったのは結果だね。不要なミスが多すぎるし、アグレッシブさが足りないよ。このままではいけない。”と語っている。



彼はチームのサポートを得ていないのではないかという質問に対し、“それはないし、私はいつもチームの後ろに立っている。だけど我々はがっかりしているよ。今日のパフォーマンスを説明するのは難しい。”と語っている。


市場価格の合計は2760万ユーロのパダーボーンが6億500万ユーロのドルトムントと引き分けだ。この試合で目立っていたのはシュトレリ・マンバだ。彼は昨シーズンは3部のコットブスでプレーしていたが、昨日はドッペルパック(5分、37分)を達成している。


ファヴレには出ていけコールに加えてブーイングが浴びせられている。そして43分には左サイドバックのホルトマンがビュルキを股抜きしゴールを決めて3:0だ。


ドルトムントにとってショックだったのは、アルカセルが休憩前に交代しなければならなかったことだ。


後半は47分にサンチョが点を返したが、ドルトムントは少ししか良くならなかった。84分にヴィッツェルがヘディングで2点目を返し、アディショナルタイムにロイスが同点ゴールをあげている。ドルトムントは週末の試合がすべて終わった時点で9位まで落ちる可能性がある・・・。





以上です。

またしても昇格チームにポイントを落としてしまいましたね。まあ後半追いついたのは良かったのかもしれませんが、前半で3点も取られてしまうのは・・・。なんか優勝する気配がまったくないですね・・。






[ 2019/11/23 18:21 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
 上手くいっていない監督は同じ事を言う傾向がある。「ミスが多い」「アグレッシブさ(気持ちなどの精神面)が足りない」。

 何故なんだろうね?
[ 2019/11/23 19:39 ] [ 編集 ]
ファブレは代表week2試合スタメンのハキミTアザールアカンジu21ザカドゥラーセンを外す選手管理はしている、ドルの編成方針は本気で優勝狙ってる訳じゃないのは周知の事、攻撃面だけが特徴で守備力0のブラントやシュルツ前の対人には強いが鈍足フンメルスを獲得しディアロに逃げられた一方、ファブレのオーダーと思われるのは2年でTアザールだけ、後のボルシアMGのザカリア、セルタのロボツカと被カウンター時の後ろへのカバーリングにも長けているMF、アーセナルのコシールニもゴール前に必死の形相で戻ってくれるCB、彼等を取る気があったか?不明なフロントの姿勢、攻撃面評価選手を並べて玉砕サッカーさせているのはフロントの編成方針によるもの、クロップがリバプール就任時要望したのは移籍権限てのはそういう事。
[ 2019/11/23 20:19 ] [ 編集 ]
先日の日本代表VSベネズエラ代表を彷彿とさせましたね。。

実に勿体ない試合を落としたものです。勝ち点3取れていたので。
[ 2019/11/23 20:37 ] [ 編集 ]
あらま
最近ブンデスの試合は見ていないが、万全の補強で開幕直後はぶっちぎり首位走ってたようなのに何かあったんすかね?
[ 2019/11/24 00:49 ] [ 編集 ]
結局去年結果が出たから言われなかったものの、チームとしての強さがあまりなく得点と失点が個人の内容に強く依存するものになってるんですよね

去年は香川選手を中心に見ていた人は良い結果が出てもチームとしてはもっとやりようがあると言い、それに反感を持った人がそれは贔屓の選手が出れてないバイアスがかかってるからそう見えるんだという争うようなコメントがここを含めてどこでも言われてましたが…

まあこれだけ補強して下位に取りこぼすのが顕著だとシーズン通して勝てる監督にはもう誰も見えないでしょうね
言われていたようにファブレは不調になるとそのまま解任までずっと駄目になるタイプなんですかね
[ 2019/11/24 01:15 ] [ 編集 ]
シュルツはあんま使わないから調子が上がらないわな
ヴァイグルDFで使ってると次はアカンジが移籍するんじゃね
そしてまたパコが逝く
ちゅーかアフロが点決めてるの見ると、ヒートマップも評価点が低いシュルツ側の左サイドに寄ってるし、まーた評価点に現れない事やらかしてるんだろうなー
[ 2019/11/24 06:51 ] [ 編集 ]
フロント主導の選手獲得のせいというのは一部賛同できるけど
同じ状況で戦ったトゥヘルと比べるとやはり能力低いかなと思わざるを得ないね
しかも教え子がキャプテンで選手のフォローも十分だし
[ 2019/11/24 12:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。