ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレの後継にコヴァチかポチェッティーノ?《ドイツの反応》

【Sport1】

ファヴレの代わり?

ドルトムントの監督、ルシアン・ファヴレは解任を覚悟しなければならない。しかし現時点ではその代わりは見つかっていない。いったいこの先どうなるだろうか?

favre889.jpg

もうすこしで大失態をさらすところだった。ドルトムントはパダーボーンを相手に0:3とされたのだ。


スポンサーリンク


最終的にドルトムントは3:3に追いついているが、これはルシアン・ファヴレにとっては終わりの始まりかもしれない。


監督は、“このままではだめだ。”と試合説明したが、それはファヴレ自身にも言えることではないだろうか?


ドルトムント、プレスと1対1に弱い。


ドルトムントはファヴレの下で問題を解決することができない。チームは0:4で敗れたバイエルン戦に続き壊滅的なプレーを見せているが、特にプレッシングと一対一で弱弱しいプレーを見せているのだ。


ドルトムントはどこかおかしい。この夏彼らは1億3000万ユーロで補強したのに、チームに頑丈さと強い意志を植え付けることが出来ていない。マッツ・フンメルスを覗いては、誰一人としてチームを牽引する存在として溶け込むことが出来ていない。


それどころかドルトムントは交代している。パダーボーン戦でのドルトムントは幼稚で、カウンターを食らってしまった。


マルコ・ロイスは、試合後に、“いったいどうやってプレスしたらよいのかわからなかった。”と語っていたが、まるで助けを呼んでいるかのようだ。さらにフンメルスは“4141の方がプレスをするのは簡単だよ。”と監督の戦術を批判している。


チームはどこが問題なのかはよく分かっているようだが、それを解決することができない。そしてそれはフンメルスやロイスのようなリーダーにも無理だ。そして監督にも?


ファヴレは正しい監督だろうか?


ファヴレが感情をあらわにするタイプでないことは有名だ。しかし現在ドルトムントが必要としているのはまさにそのようなタイプだ。チームに炎とアグレッシブさをもたらすために。


ファヴレは常に静かで、事務的、分析的だ。かつてはドルトムントでもそれでうまく行っていたが、今の状況では助けとはならない。まだファヴレは正しい監督と言えるだろうか?


パダーボーン戦ではブーイングの一緒に“監督出ていけ”という声も上がっている。


FCバルセロナ戦が最終試験か?


チームはファヴレをサポートしているようだが、どうやらファヴレ解任に向けたカウントダウンは始まっているようだ。


ビルトの情報によると、試合後に緊急会議が開かれたとのことだ。そこでファヴレはバルセロナ戦を最終テストとしてもう一度チャンスを貰ったようだ。ツォルクはバルセロナ戦でファヴレが指揮をとることを発表している。


しかし現在の状況で成功するとは思えない。


内部監督は難しい


ドルトムントはバイエルンが助監督のハンスィ・フリックを監督にしたように、ファヴレの後継者を短い間で見つけることは難しい。


U19のミヒャエル・スキッベ監督は、あまりぱっとしない成績のためにすでに批判にさらされているし、ファヴレの助監督のマンフレッド・シュテフェスはファヴレ解任となったら一緒に出ていくだろう。ファヴレの第2助監督のエディン・テルジチはチームを短い期間率いることはできそうだ。彼は昨シーズン、ファヴレが病気の時に一度指揮をとっているが、ホッフェンハイムに3:0から3:3に追いつかれており、あまり良い思い出がない。


マティアス・ザマーだったらすぐにでも監督就任が可能だろうが、彼は監督に就任する気がないことを何度も口にしている。


ポチェッティーノかコヴァチか?


そうなると後2人ドルトムントの解決策となる名前が出てくる。マウリツィオ・ポチェッティーノとニコ・コヴァチだ。


今週トッテナムを首になったアルゼンチン人は感情的で熱い監督とされており、ロンドンのクラブをプレミアリーグの巨大なクラブに成長させている。そしてチャンピオンズリーグの決勝まで進んでいるのだ。


“性格からしたらポチェッティーノはドルトムントに合うだろうね。”とスポーツ1のコラムニスト、セブ・スタフォードは語っている。


また似たような状況でコヴァチはフランクフルトで降格を回避し、その後ポカール優勝してバイエルンへと移籍している。彼はつい最近バイエルンを去らなければならなかったが、それでもダブルを獲得している。


彼の性格はフランクフルトでは評価されており、バイエルンではそうではなかったが、ドルトムントに新たな炎を付けることができるだろう。


いずれにせよポチェッティーノは解任から半年以内に別なクラブの監督に就任した場合、契約解除条項の1450万ユーロを失う事になる。さらにコヴァチも解任後すぐにライバルに移籍できる可能性は低いだろう。それに加えてコヴァチとフンメルスの再開は問題となり得る。






以上です。

ポチェッティーノが開いていますから、獲得に動くなら早い方が良いですね。バイエルンも狙っていそうですし。ファヴレ解任のタイミングは新監督のめどが立ってからでしょうかね。



[ 2019/11/24 06:24 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(14)
バイエルンはフリックでバイエルンらしさが戻ってるし、変えない方が良いんじゃないの
コヴァチは論外だし、ポチェッティーノとかダーティーな荒いだけのサッカーをドルトムントにやらせるんかい
[ 2019/11/24 06:58 ] [ 編集 ]
多分ファブレはドイツ語を理解していない。
だから選手へ戦術が浸透しないのだろう。
ドルトムントがやるべきは、ファブレの解任ではなく、彼に適切な通訳を用意する事だ。
[ 2019/11/24 07:16 ] [ 編集 ]
前半だけとはいえ最下位に横綱相撲とられたからな。誰が来ても立て直すのは簡単ではないね。
とにかく守備はもう壊滅ですわ。特に中盤は持てない、止められない、取り返すこともできないだから。俗にいうザルというやつですね。なのでフンメルスがいうように4141にする、カントクかえるくらいじゃ絆創膏貼ってるのとかわらん。
まぁ4位でいいというならこれでもいいけど、、、
[ 2019/11/24 08:10 ] [ 編集 ]
>いったいどうやってプレスしたらよいのかわからなかった
ロイスのこの発言に対して某SNSで「かつてこのクラブはそれが優れてることで有名だった」みたいなツッコミを入れてる外国人がいました(笑)
いつもこちらのコメ欄にいらっしゃるドルサポ代表さんが言うには、ファブレは名将で強い速い上手い戦える選手を揃えてダイナミックで魅力的なサッカーをしてるらしいですから解任なんてありえないでしょう。
あと10年は名将ファブレで頑張りましょう。
[ 2019/11/24 09:15 ] [ 編集 ]
だからファブレはやめた方がいいって言ったのに。。。
あんなロイスだけ贔屓するような監督を誰が慕うの?
ロイスもロイスだよ。トップ下やりたいからってだけで監督と共謀して強引にポジション確保するし。
結果が出てるうちは誰も声を出さなかったけど、まぁこんな状態になったのも監督とロイスのせいでしょう。元を作ったのはフロントだけれども。
クロップチルドレンはほぼ解体され、核になる選手は1人もいない。自己中ロイスに裏切り者2人、あとは国外からの傭兵と国際経験がない期待の若手ドイツ人。まぁ中位ランクが妥当でしょう。
四位目指して頑張ってください。
[ 2019/11/24 10:22 ] [ 編集 ]
コヴァチなんてなんの解決にもならんw
無名でもいいサッカーできる監督の方がマシ
[ 2019/11/24 13:07 ] [ 編集 ]
>いつもこちらのコメ欄にいらっしゃるドルサポ代表さんが言うには、ファブレは名将で強い速い上手い戦える選手を揃えてダイナミックで魅力的なサッカーをしてるらしいですから…

そういえば、香川移籍してからお見かけしなくなりましたよね(笑)やはり本当はドルサポだったとは思えません。単なる代表サポ(たぶん南野ファン)ではないかと思ってます。香川に活躍されるのが困る感じでしたからね。
[ 2019/11/24 18:52 ] [ 編集 ]
11/24 18:52さん
それは南野選手とは全く関係ない別の選手のファンだと思いますよ
もう何年も前からずっとですから
[ 2019/11/24 23:52 ] [ 編集 ]
今後半年くらい次の監督就職先が見つからなけばポチェッティーノはトッテナムから17億円くらい
残りの契約期間内の給料を受け取れるはずだから
ドルトムントがとるためには年20億くらいは出さないと来てはくれないかな
[ 2019/11/25 07:03 ] [ 編集 ]
一体どうやったらプレスをやったらいいのかわからなかった⁇
クロップのサッカーを知っているキャプテンのロイスがなんて情けない事を
昔ゲーゲンプレスの申し子と言われた選手がいましたね〜 その選手からトップ下のポジションを結果奪いトップ下に君臨したロイスが今さら
何を言い訳しているのか?ファブレと2人で最後まで責任を持ってシーズンを終えるべきでは?
[ 2019/11/25 07:27 ] [ 編集 ]
香川に活躍されては困る方は、まだいますね。関係ないスレにまでも他の選手の名前を持ち出したりして 「必要以上に」持ち上げてます。しかも 持ち上げる選手の名前を その時々で取っ替え引っ替え。これ以上の選手は他には いませんよ~と。日本代表にもドルトムントにも素晴らしい選手は たくさんいるのは確かですが、こういうコメントは 何の意味があるのでしょう。特定の選手、あるいはチームを応援しているのではなく、ここに来る 香川のファンの気分を害したいだけとしか思えません。

私はファブレの後継者に誰が良いのか 名前が浮かびませんが、ロイスのライバルを作れる監督が良いと思います。
[ 2019/11/25 10:00 ] [ 編集 ]
そりゃここは今のドルトムントを叩くコメントばかりだからファンはコメントしにくい

そのぐらい分かると思ったけれど
[ 2019/11/25 12:40 ] [ 編集 ]
ヴィツェルやナーゲルスマン賛美して、香川のスペインでの成績にイチャモン付けてる奴がまだ居るじゃんw
[ 2019/11/25 18:35 ] [ 編集 ]
向こうのファンもファブレ出て行けってやってるみたいだから
ここが特に特殊ってわけでもないのでは?
ここは向こうのファンがキレ始めるずっと前から彼の能力に疑いを持ってましたけどね
[ 2019/11/26 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。