ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!これがファヴレ後任候補の監督4人だ!!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレの後任監督!4人が候補!

biodbvb.jpg


ドルトムントはパダーボーンを相手に3:3という失態をさらした。そのご幹部たちは緊急会議を開いている。


ビルト日曜版の情報によると、ファヴレは水曜日のバルセロナ戦ではベンチに座るようだ。そしてさらに土曜日のヘルタ戦でもベンチに座る事にもなっている。


スポンサーリンク


2つの試合が彼の将来を決める事となる。監督がこの2試合で説得力のある成果を見せなければ解任はほぼ確実だ。


では誰がその後を引き継げるだろうか?


▶ロガー・シュミット


レヴァークーゼンで2年連続でチャンピオンズリーグ入りを達成している。すぐにでも監督就任は可能だ。

▶ニコ・コヴァチ

ヴァツケはコヴァチを評価している。しかしフンメルスとの対立が問題か。


▶ラングニク

現在はライプツィヒの国際スカウト部長を務めている。すぐにでも監督就任は可能だが、彼はドルトムントファンが嫌うホッフェンハイムとライプツィヒで働いていた。


▶ポチェッティーノ

最も有名な監督だが、トッテナム解任後にすぐに彼が別なクラブに就任できるか、また支払う事が可能かは不明だ。バイエルンも彼を狙っている。





以上です。

ファヴレがヘルタ戦でも指揮をとるということは監督探しが簡単ではないという事でしょう。シュミットのサッカーは結構面白かったですし、ラングニックも悪くないですが、いずれにせよ今のメンバーではプレスを最初から仕込まなければなりませんし、短期的な解決策としては難しそうですね。

[ 2019/11/24 19:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
もう試しにケールが半年くらいやった方がいいんじゃねえのw
やっぱドルにはモチベーターの監督だよ
[ 2019/11/24 20:29 ] [ 編集 ]
選手に絶対的な柱がいないから監督代えるだけでなく冬に補強も必要。
前に監督途中交代のときは、前線に香川とオーバがいた。彼らにボールもたしとけば後ろはいくらでも持ってる間に守備を整えること、つまりプレスの準備ができた。だけど彼らに匹敵する人は今回はいない。
なので前でボール持てる人、カラダ張れる人、監督と同時に急募です。
[ 2019/11/24 20:31 ] [ 編集 ]
クロップが良すぎた。
誰選んでも見劣りするんだろう。
[ 2019/11/24 23:18 ] [ 編集 ]
フェブレになってからのドルトムントはボランチの人選や使い方が問題。
[ 2019/11/25 01:21 ] [ 編集 ]
前でボール持てる人、体張れる人、ロイスがいるじゃないですか?キャプテンですしね(^。^)
まあすぐ怪我しそうですけどね
[ 2019/11/25 07:12 ] [ 編集 ]
ドルトムントがクラブのアイデンティティを取り戻す気があるなら、上の人が言ってるようにケールに長期でやらせるのがいいと思います。失敗したらマンUやミランのようになるので諸刃の剣ですが…
[ 2019/11/25 09:08 ] [ 編集 ]
マルコ・ローゼとか面白いとは思うんだけど,彼は今グラードバッハで監督してるし凄く順調だからなぁ……
それはともかく,短期的になんとかしたいならモチベーターとして優秀な監督が欲しいよね
[ 2019/11/25 15:27 ] [ 編集 ]
ラングニックとその教え子(シュミット)が候補に挙がっている事からクロップが去ってもドルトムントのイメージはやっぱりゲーゲンプレスなんでしょうね。
シュミットはともかく記事で言ってる通りホッフェンハイムを3部から1部に押し上げてライプツィヒというかRBグループのサッカー全体に影響を与えたラングニックがドルトムントの監督はあまりイメージ湧きませんね。
本人も監督よりSD等のポジションで長期的に組織を作りたいと言ってた気がします。
ナーゲルスマンが来るまでの間SD兼務で監督やりましたが、あれは例外でしょう。
プレス戦術のエキスパートですから周囲の要望には合致しそうですが
[ 2019/11/25 20:01 ] [ 編集 ]
今ならポチェッティーノがかなり噛み合う気がするわ
是非招聘して欲しい
[ 2019/11/25 21:22 ] [ 編集 ]
ポチェッティーノはもっとビッグクラブに行くでしょう。
彼くらいの名監督は引く手数多なので。
[ 2019/11/26 17:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。