ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!「ドルトムントはマンジュキチとエムレ・ジャンを獲得すべきだ!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マテウスが分析!

ドルトムントはこの二人の選手を獲得しなければならない!


mattaus.jpg

ローター・マテウスが分析する!


マテウスは、ボルシア・ドルトムントには勝者タイプが少なすぎると語る。彼はスカイのコラムにおいて、“マッツ・フンメルスとマリオ・ゲッツェを覗いてはほとんど成功を収めた選手がいない。マルコ・ロイスでさえポカールで一度優勝しただけだからね。”と語っている。

スポンサーリンク



“チームには確かな何かが欠けているよ。成功するために必要な何かがね。その中でも最も必要なのが強い意志と成功だ。”とマテウスは語る。そして、“毎年バイエルンに大敗し、パダーボーンに3:3と引き分けた事でチームの欠点が明らかになっている。”


それと同時にこのスカイ解説者はユベントスのエムレ・ジャンとマリオ・マンジュキチの二人の獲得を勧めている。“僕は冬の移籍はあんまり好きじゃないけれど、BVBにはそうする事を勧めなければならないね。私は二人の選手を考えている。エムレ・ジャンとマリオ・マンジュキチだ。”とマテウスは語る。ビルトの情報によるとドルトムントはこの二人の獲得に動いているようだ。




以上です。

二人獲得するチャンスがあるならば二人獲得でお願いします。その前に監督を何とかしてほしい所ではありますが・・。

[ 2019/11/26 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
>しかしチーム内でロイスの獲得を希望する選手はあまりいなかったようだ。当時リーダーだったフィリップラームやバスティアン・シュヴァインシュタイガーはロイスのプレーを説得力があるとは思っておらず、彼の勝利の遺伝子に疑いを持っていたとのことだ。

結局移籍は実現せずロイスは2012年にドルトムントに移籍している。

[ 2019/04/04 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)

やはり優勝を何度も経験している選手から見ると、ロイスは何かが足りなく見えるのかも…あれだけ活躍しても優勝はポカールのみ。ずっと強かったドイツ代表もロイス活躍したロシアでは初めてのグループリーグ敗退!持ってないよね。逆にゲッツェは能力に比べてタイトル多くて、持ってる人間。

個人的にはマンジュキッチ等でどうこうなる感じはしませんけど…試合見てないのでなんともですが、記事見る限り選手間の信頼関係や空気が優勝するチームの物では無い。レギュラー争いで足引っ貼りあってない?1人2人入れても却って不満が増えるだけかもしれない。
監督変えるのが正解では?
[ 2019/11/26 21:41 ] [ 編集 ]
マテウスがSDか監督やればいいのに。
[ 2019/11/26 22:14 ] [ 編集 ]
この2人プラスCB
[ 2019/11/26 22:54 ] [ 編集 ]
悪いアイデアだとは思わないけど、2人とも今シーズンはあまり試合出てないんだわ。
今のドルトムントに必要なのは、即効性があって勝てる人。即、フィットして、即、柱でやれる人。そうでないと今のようなフニャフニャしたサッカーではチャンピオンズリーグは諦めないとないけないかもな。
はっきりいえば、香川とオーバ戻せだよ。
お金の面でも何も問題ないよ。
[ 2019/11/26 23:06 ] [ 編集 ]
忘れ去られたピシュチェクとシュメルツァー
ここでもドイツ人縛りなのか・・・ってシュメルツァァァァァ!!
しかしフンメルスとゲッツェとか裏切り者が成功者とか笑わせてくれる
あ、マテウス名誉セルジオ殿でしたか
[ 2019/11/26 23:11 ] [ 編集 ]
賛成です。
リバプールを見れば分かりますよ。
結局、第一に球際で戦える選手が必要なのです。
それがあってこそのテクニックというもの。
単なるテクニシャンなだけのナイーブな選手は通用しません。
[ 2019/11/27 02:18 ] [ 編集 ]
香川ってスペイン2部であんまり良くないみたいだけど
[ 2019/11/27 12:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。